例えばこんなネーミング

日本を代表するプログレ・バンド「四人囃子」を勝手にもじった「一人囃子(ひとりばやし)」のハンドルネームで、古くは草の根BBS(パソコン通信)の時代から、インターネット全盛の時代まであちらこちらに出没していました。
ただ、呼びかけられるときは本名の方が自然に感じます。
たまに、オフ会などで会った方からハンドルネームで呼びかけられることがありますが、ものすごく背中が痒いのです。
きっとぼくにはハンドネームが似合わないのでしょう(だったら名乗るなよ)。

例えばこんなパソコン

初めて買ったパソコンが、富士通のDESKPOWERでした。
これでピ~ヒョロロロ~とダイヤルアップで初めてインターネットの世界に足を踏み入れました。
それまでのパソコン通信とは違い、メールが世界中に送れること、画像のやり取りもできること、そして何より動く画像(といってもGIFアニメ)に感動したものです。

やがてホームページを立ち上げた頃は、もはや日本から撤退してその存在さえ忘れ去られようとしているGateway社のパソコンを使っていました。
OSがWindows95時代の当時としては最新・最速・最強のマシンで、CPUがPentiumII 333MHz、メモリが128MB、ハードディスクなんて8.4GBもあって「HDDがこんなにあって、いったい何を記録していくんだろう」と思っていたほどでした。
そんな古い機種なので、マシン本体には「GATEWAY2000」という懐かしい社名のロゴがついています。
“モーモーのパソコン”として一斉風靡したGateway2000
その後もOSをWindows2000に入れ替え、メモリは512MB、ハードディスクも160GBまで増設、ビデオボードやサウンドボードも入れ替えて、何とか騙し騙し使ってきました。

しかし2005年9月、ようやく新しいパソコンを手に入れました!
NEC製の最新型水冷式です。
が、これがまたとんでもないシロモノで、ハードディスクはクラッシュするわ、マザーボードはイカれるわ、挙句の果てには静音が売り物の水冷式のはずなのに、トラクターがPC内で走り回っているかと思うほど「ガタガタ、ガタガタ」とうるさいこと、うるさいこと……。
最終的には返品しましたが、このあたりの顛末は旧日記のこのあたりと、どんなガタっぷりなのかは同じく旧日記のこのあたりをご覧ください。

その後、2011年7月には6代目のマシンを購入して現在に至っています。
歴代のPCについてはこちらをご参照ください。

例えばこんな宝物

アメリカ旅行中に何気なく寄ったレコード店で見つけたアルバム『Two Virgins』(John Lennon&Yoko Ono)
知る人ぞ知るジョン・レノンとオノ・ヨーコの全裸写真がジャケットの例のアルバムです。
John Lennon&Yoko Ono『Two Virgins』
帰国のとき、税関で見つかったら没収されるのかな、とスーツケースの底に隠して持ってかえってきたものだけに余計に愛着があるのです。

あと、80年代には一世を風靡したレコードレーベル「ZTT」のアーチストが総出演のライブを納めたLD『ZTTショウ』も大事なお宝。
今となってはArt of NoiseもPropagandaもAnne Pigalleも皆、過去のアーティスト……。
アン・ピガールの「シャンソンとロックの融合」の試みは結構面白かったんですけどね。
Anne Pigalle『Everything Could Be So Perfect』

世界のHaruki、村上春樹のサイン本も貴重なお宝です。
村上春樹のサインは、日本語表記とローマ字表記の2つのバージョンがあるのですが、なぜかぼくが持っているのは日本語表記のバージョンのみです。
リリー・フランキーが書きそうなナゾのキャラクターのスタンプ付き サイン会ではスタンプがありません

例えばこんな近況報告

何だか人生、一生懸命、テキトーに無駄に送っています。

1996年以来、ずっとHTMLタグをポチポチ手打ちで読書日記を続けてきましたが、遂にブログを始めました。
冷し中華も始めました。
ブログはブログと言うより備忘ログです。ブはどこかに行ってしまいました。
「ぼくのミステリな」と言いながらミステリはありません。この世には不思議なことなど何もないのです。
だからブログは単なる生活のヒトコマです。タチコマは出てきません。

漢字で名前を書くのがメンドーです。だからいつもひらがなで「なかはし」と書いてます。
たまに漢字変換してみると「中は死」となってしまいます。
やっぱりひらがなで「なかはし」と書いてます。

本棚に詰め込んだ本の重さで家の床が沈んでいます。
傾いた部屋のなかで本を読んでいると船酔いします。
それ以上に、いつも自分に酔っています。

やっぱり人生、一生懸命、テキトーに無駄に送っています。

例えばこんな好きな言葉

明日できることは明日やろう。
今日できることも明日やろう。
でも、できることなら何もしたくない。