先頭ページ前のページページ/26ページ

島田荘司講演会に行ってきました

島田荘司講演会に行って来ました。
島田荘司講演会、飾られた花はビミョー

会社を早めに抜け出し、18時の開場後すぐに入場しました。
今日の入場者には、南雲堂から本のプレゼントがあると言うことで、根がイヤシイぼくとしては何が貰えるのか、もうそれだけでドキドキしていたんです。
ところが係員から「お好きなものをどうぞ」と言われ、指さされた本を見て、え?え?え?

「これって"プレゼント"という名前の在庫処分じゃ......」

考えてみたら、ここ最近は南雲堂から島田荘司の新刊本は出されていなかったんじゃないか、と今ごろになって思い当たる始末。
そうか、『「異邦」の扉に還る時』は原書房からの出版だったか、しまった。
しかし、くれるというものを断る理由もないので(これもヤラシイ)、とりあえず持っているかどうかも記憶がアヤフヤになっている『インドネシアの恋唄』をいただきましたよ。

前方1/3ほどあたりに着席、開始をボーッと待っていると......あれ?
目の前に座った御仁がどこかで見覚えが......

竹本健治だぁーっ!

ミーハーなぼくはそれだけで大興奮。
せっかくだからサインを貰おう!と、カバンをゴソゴソ探るも、出てくるのは先ほど貰った島田荘司の本に、今読みかけの『霧舎巧傑作短編集』だけ。
あとはコピーの裏紙......うえーん、こんなんに「サインください」とは、さすがのぼくも言えないよう。
こんなことなら、創元推理文庫から再版された『囲碁殺人事件』でも買っておくべきだったと後悔しきり。
ええ、ええ、真面目に考えましたよ。
「まだ開始時間まで5分あるな。5分もあれば、外に出て、本屋を見つけて、竹本健治本を買って、帰ってきて、サイン頼めるかな」......ってこの辺に本屋さんがあるかないかも判らんし、そんなのメチャクチャ無理です。
泣く泣く諦めましたとも。
その代わりじっくりと後ろ姿を拝まして頂きました。ナムナム。

予定より5分ほど遅れて島田荘司登場。
ああ、本物だ。動いているよ。話しているよ。初めて声を聞いたよ。
初めて聞く声や話し方は、イメージ通りのようなちょっと違うような。
テーマはズバリ、いつもの"アレ"です。
しかし御大は、話し出すとなかなかコントロールが効かなくなるようで、公演予定時間を軽くオーバー、質疑応答の時間がほとんどなくなってしまいました。
が、ここでさらりとエライことを言っちゃう御大。
なんでも現在、東映で御手洗潔モノが映画化されているそうです。
既に島田荘司のもとには、脚本の第2校が届いているのだとか。
しかし、御手洗潔役は誰なのかは、まだナイショとか。
でも何を映画化するかは言ってもいいかなと教えてくれました。
『暗闇坂の人喰いの木』だそうです。
横浜が舞台で撮影もしやすいし(一部海外あるけれど)、怪奇趣味がちょっとホラーチックで一般受けしやすそうだし、何よりレオナが画面に映えそうだし。
妥当なところでしょうね。
個人的には、あの"屋根の上にまたがって死んでいるシーン"だけでも早く観たいものです。
あと、御大曰く、「"御手洗モノ"は映像化しないと、以前から言っていましたが、新世紀にもなったことだし、心境が変化しました。その点で、2ちゃんねるなどで叩かれるかもしれませんが、罵詈雑言は甘んじて受け止めます」とも。
うーん潔い(......のか開き直っているのか)。

時間を大幅に超過して、講演会は終了。
うーん、後半は「講演会」というよりも、ネタ帳を読み上げているだけの「朗読会」のような印象を受けたのですが、まあそこはそれ(←竹本健治も来ていたのでちょっと使ってみました)、言わないでおきましょう。

そしてお楽しみ、サイン会です。
南雲堂の"何か"を買った方だけの特典なんですが......どうしよう、何も買うものがないんです。
仕方ありませんので、幻のデビューアルバム「LONELY MAN」(by シマダソウジ)なんて買っちゃいましたよ。どうしよう......これ。
幻のアルバム「LONELY MAN」。アーティストはシマダソウジ......って、なんでカタカナやねん

でもやっぱりサインは本にして貰おうっと。
と言うことで貰った『インドネシアの恋唄』をもってスタンバイ。
サイン会場は、向かいにあるトイレのニオイがそこはかとなく立ちこめている汚らしい小部屋。
仮にも島田荘司ですよ、御大なんですよ、こんな待遇でいいのでしょうか。

並んで5分ほどで、すぐに順番がまわってきました。
手慣れた調子でさらりさらりとサインする御大。サインする本をエライこと斜めに傾けて書くスタイルは、アメリカ流、ロス仕込みなんでしょうか。
サインして貰っちゃいました
サインに「書庫の部屋主宰人」まで書いて貰ってかなりイタイ奴です>自分。
でも舞い上がってしまって、自分でも何が何だか判らなくなって、こんなことをお願いしてしまっていました。
それでも気軽に応じていただき、しかも写真まで撮らせて貰いました。
普段からずっと眉間にシワを寄せていて、何となく小難しくて怖いイメージがあったのですが、「何だ、メチャクチャ気さくでいい人やん」。
最後には握手までして貰って「おお、何と柔らかな手!」
何となく勝手に、ゴツゴツとしていて、荒くれて無骨な手を想像していたんですよね。

こうして、初めて島田荘司の本を読んでから十数年、初めての邂逅に、ただ、ただ、ドキドキしっぱなしの2時間だったのでした。

会場では、以前に掲示板に書き込みをして戴いた方より声を掛けて頂きました。
気づいてくださいまして、どうもありがとうございます。
ただ、お話ししている途中でぼくのサインの順が来てしまい、ソソクサと部屋を出て行ってしまったようになってしまいました。
どうもすみません。

今日から丸の内で「ミレナリオ」が開催

世間一般ではクリスマス気分がいよいよ最高潮に盛り上がり、今日から丸の内では「東京ミレナリオ」が開催。
会社からまっすぐに家に帰ろうと東京駅に向かったものの、駅からものすごい勢いで吐き出されている人並みに飲み込まれてしまい、まるで落ち葉のようにクルクル押し流されながら、アレヨアレヨという間にフト気がつくと会場のど真ん中。
何やってんだ、オレ。
写ってないんですけど、この下には人の頭がビッシリと生えたようになっています。気色悪いよ ゲートのなかはもう光の洪水。新聞も読めます。余裕で。

しかし東京駅から丸ビル、会場に掛けてドウドウと流れる大きなヒトの大河は、ヒト一人の意志すらも完全に飲み込み、簡単に会場まで移動させてしまうほど、巨大なエネルギーを秘めていることに改めて気づかされました。
やっぱりこの勢い、うまくすれば何らかのエネルギーに変換できそうなんだよなぁ。
例えばですよ、道路に回転ドアみたいなゲートを取り付けたら、ヒトが通るたびにすごい勢いでクルクル回転して、かなりの発電量が期待できると思うのです。
あるいは、靴底に磁石を付けて、道路下に巨大な回転磁石を設置しておくのです。
すると、ヒトの足踏みに合わせて道路下の磁石が回転して、簡単に発電ができそうなものなんですけどね。
何か、もったいないぞ、この人の流れをただ見ているだけというのは。

何とかものごっつい人並みから逃げ出すことに成功、“今度こそ”東京駅に向かっていると、巨大な雪だるまが線路の向こうの夜空に浮かび上がっているのでした。
すっかり東京ミレナリオにかき消されている感もありますが、パシフィックセンチュリープレイスではクリスマスシーズン、こんな電光絵が浮かび上がっているそうな。
雪まで降っている様子が意外と細かい雪だるまの電光絵

何だか結構ウキウキしてしまっている自分に気が付く帰りの電車。
ひとりニヤニヤしてるんだから、かなりヤバイ。
ヘラヘラ。

CowParade in TOKYO Marunouchi 2003

夏休み、今年はまとめて取らなかったので、実はまだあと1日残っていたのですね。で、9月最後の日となる今日、お休みを取りました。
でも家でボーッとしているのも何なので、東京駅周辺で開催されている「カウパレード東京 in 丸の内 2003」を改めてゆっくりと観に行くことにしました。
これって会社近所にある数頭のオブジェはずっと見ていたのですが、全部のオブジェを見て回ろうと思ったら、会社を休むか、仕事をサボッて会社を抜け出すことぐらいしなければなりませんからねー。何しろ全64頭、数が多すぎます。

まずは「腹が減っては戦はできぬ」ということで家を早めに出て、お昼ごはん。
こんな余裕のある時間帯の時は、久々に日本橋にある店名が判らない謎のカレー屋にレッツラゴー。
店の名前はどこにも出ていない謎のカレー屋。目印は「蔦」
このお店のことは、ちょうど1年前の日記でも書いていますが、メニューはシャブシャブのカレーが1種類だけ、だから店員もオーダーを聞きに来ず、席に着くなり「ハイ、お待ちどう」と品物が運ばれてくるという、摩訶不思議なカレー屋なのですね。しかもそれがメチャクチャ辛い。
これだけしかメニューがない
やはり今日もカレーは手強かった......。半分ほど食べたところで、汗がジワリジワリ、食べ終わる頃には汗がポタリポタリ。食べ終わると、胃の中からカレールーが猛烈な勢いで存在をアピールするというかなり危険なカレーなのです。
今日が気持ちのいいカラッと晴れた天気でよかったです。これが蒸し暑いときだと、汗だくになってしまって、もう目も当てられない惨状になっていたことでしょう、ぼくは。

日本橋からは歩いて大手町に。
ここからはパンフレット片手に、牛のオブジェを捜して、あちらへウロウロ、こちらをテクテクと歩き回って牛のオブジェの探索開始。
これが結構広範囲に渡って展示されているので、なかなか大変なのです。
会社近辺にもたくさんあって、ちょっとヤダなぁ。休みをとっているのに、会社周辺をウロウロしていて、バッタリ同僚なんかと出会ってしまったら、説明するのがちょっと面倒というのか、正直邪魔くさいというのか......、まあそんな複雑な男心なのです。
昼休み時間にもかかわらず、誰とも出会わずに済んで、ホッと一安心だったのですが(ヘタレかい、オレ)。
結局、このあと別の用事があったので、実質牛のオブジェを見て回れた時間は2時間半。64頭中、合計47頭のオブジェを見ることができました。
ということで、せっかくですので見てきた牛を写真に撮り、1つにまとめてみました。
(写真をクリックすると、別窓で大きく表示します)
カウパレード、今日の成果
ひとつだけ仲間はずれがあります。さて、どれでしょう?

しかしこうやってみてみると、何だか以外に観た数は少ないなあ。
久々に歩き回ったおかげで、脚はもうパンパンに腫れあがっているのだけれども。

先頭ページ前のページページ/26ページ