1  |  2  |  3  |  4  |  5  

2013年も、横浜港の除夜の汽笛で明けました

明けましておめでとうございます。

世間が「師走だ」「お正月だ」といってても、ぼくにとってはどこか他人事、普段通りのダラけた生活のままなんです。
何ひとつ、身の回りにお正月らしさが感じられないぼくですが、ひとつだけ、逃すことができないイベントがあるのですね。
それは、横浜での新年カウントダウンのお楽しみ、やっぱり「除夜の汽笛」なんですね。
0時を迎えて新年が明けた瞬間に、横浜港に停泊している船が一斉に汽笛を鳴らす、アレです。
このブログでもずっとご紹介してきましたが、去年に引き続き、今年もビデオカメラを抱えてベランダでスタンバイしてきましたよ。

この「除夜の汽笛」は年によっては、よく聞こえなかったりする年もあったりするのですね。
我が家から横浜港は、ほんのすぐ目の前に見えているのに、です。
港に停泊している船の大きさや数、また風向きによって違ってくるのでしょうか。
ここ数年はバッチリ聞こえているのですが、油断はできません。
寒い思いをしながらベランダでスタンバイしても、空振りになってしまう可能性だってあるのですね。
もう、ドッキドキなんですよ。

10分も前から三脚にビデオカメラをセットして、0時になるのを今か今かと待ちます。
5分前には録画ボタンを早めに入れてスタンバイしていると……やったね!
今年もちゃーんと除夜の汽笛が鳴らされていたのでした。

ということで、今年も昨年に引き続いて、ビデオカメラで撮影した「除夜の汽笛」の様子をYoutubeにアップしました。
画面では、八景島シーパラダイスで打ち上げられている花火を狙っています。
最初に花火が打ち上がり、その後しばらくして港に停泊中の船が次々に汽笛を鳴らしていきます。
動画は1分ほどで切っていますが、船によっては何度も鳴らしているのか、なかなか鳴り止むことはなく、結局は汽笛が鳴らされている時間は10分近くになりました。

そういえば去年の動画は「秘密のケンミンSHOW」でも紹介されたそうですね。
夜の闇の部分がノイズでザラザラなので、これが地デジのキレイな画質にどのように映るのか心配で、今年はうまく撮ろうと思ったのですが……機材が一緒なので、画質も一緒です。

今年もまとめてみました「2012年アクセスランキング TOP20」

ここ最近はすっかりTwitterでのガス抜きで満足してしまっていて、まったく更新しなくなってしまったこのブログです。
が! しかし! 今年も、自己満足のため(←自分で言っちゃったよ)、これだけはやらせて頂きます!
いったい誰得なのかよく判らないアクセスランキング上位20位です!(ヒューヒュー、パチパチパチ)
名付けて、「2012年 ぼくのミステリな備忘ログ アクセスランキング TOP20」です。

2012年1月1日から12月31日までの間に、このブログにアクセスされた記事をランキング形式で抜き出しました。

ちなみに( )内が去年、2011年の順位となります。
ブログをまったく更新しなくなってしまったのが影響したのか、去年と比べてかなり変動してますね。

  1. (-)クレジットカード裏面の署名について、各社に確認してみた
  2. (4)覆面作家・坂木司の覆面サイン会
  3. (5)どこを目指しているのか、「裏ホラー」
  4. (6)「心身に重大な影響を及ぼす恐れがあります」と、裏ホラー
  5. (2)山白朝子の正体がモロバレでした
  6. (-)「相棒5 バベルの塔」杉下右京でさえも見逃しているナゾの事実
  7. (1)女子バレーのエロいユニホーム
  8. (3)誰も西尾維新のサイン本とは気が付かない
  9. (8)会社とマンションで兼任できない防火管理者?できます!防火管理講習1日目
  10. (-)詰め替え用シャンプーに隠されていた社会の闇
  11. (-)ヨーグルトの絶対限界賞味期限を確かめる
  12. (-)DTI「簡単には辞めさせないよ」
  13. (-)神田川暗渠クルーズ(お茶の水分水路、水道橋分水路)に行ってきました
  14. (13)「西尾維新 de GO!」特製しおりと小冊子
  15. (-)給油口の位置、および自動車の製造年月を知る方法
  16. (16)「工場夜景ジャングルクルーズ」に参加してきました
  17. (-)首都高速の羽田可動橋を見に行った
  18. (-)オリンパスE-300のことがだいぶ判ってきた
  19. (-)富士フイルム「NATURA 1600」で昼間に撮影
  20. (-)定期券払い戻しのワナ

わー! いったい、何ということでしょうか!
ほとんどが初ランクインの記事です!
このなかでも、特に目を引くのは、次のような「生活関連」記事へのアクセスではないでしょうか。

ダントツのアクセス数だったのが、1位の「クレジットカード裏面の署名について、各社に確認してみた」です。
これはやっぱり皆さん、クレジットカード裏面の署名の方法(名前の書き方や変名、偽名、名前以外のものなど)について、疑問に思う方が多かったようなんですね。
そのすべてを、ここに書かせていただきました!(エッヘン)

10位の「詰め替え用シャンプーに隠されていた社会の闇」ですが、これは詰替え用シャンプーそのもののことではないようです。
キーワードを見てみると、どうやらコメント欄で紹介した「詰め替えそのまま」で検索してのアクセスだったようです。
使用した感想を求めていたのかしら……。
でしたら、ショーモナイ内容の記事で、本当に申し訳ないことです。

あと、個人的にちょっと気になったのが、12位の「DTI「簡単には辞めさせないよ」」です。
この記事へのアクセスが多くなったということは、ひょっとしたらDTIの退会を考えてる方が多いとか……。
それで、あの、あまりの退会方法の判りにくさに「どうなんてんのー!?」と検索してくる方が多いということでしょうか。
がんばれ、DTI!(←もう退会してるヤツにいわれても、嬉しくない)

今年はTV関連の記事もランキング入りしました。
3位の「どこを目指しているのか、「裏ホラー」」と、4位の「「心身に重大な影響を及ぼす恐れがあります」と、裏ホラー」は例年どおりといえますが、さらに今年は“相棒”関連から6位に「「相棒5 バベルの塔」杉下右京でさえも見逃しているナゾの事実」杉下右京でさえも見逃しているナゾの事実」が入っています。
“相棒”は再放送が全国の局で行われていて、「バベルの塔」も何度か放映されたみたいですね。
そのときに、視聴者が感想を見るために検索してヒットしたものだと思われます。

読書関係では、相変わらず2位と、上位に入る「覆面作家・坂木司の覆面サイン会」が強いですねー。
去年に引き続き、乙一がその招待カミング・アウトした山白朝子関連で「山白朝子の正体がモロバレでした」が5位、また40位に「山白朝子の正体が明らかになってしまいました」がランクインしています。
去年に引き続き、せっかく検索してきてくれた方にはこの記事がネタだったので、さぞかしガックシこられていると思いますが……ゴメンナサイ。

個人的には、クルーズ、ドボク関連で以下のランクインがあったのが嬉しいところです。

ランク外でも次のようにアクセスがあり、なかなかクルーズ関連は根強く人気があるようです。

そんな訳で、ブログの更新が途絶えてしまって、まったく新しいエントリーがない状態のなか、それでもアクセスしてきてくださる方が多く、本当にありがとうございます。
また来年もどうぞよろしくお願いいたします。

東京駅のお披露目……にはまだ早かった

会社からの帰り道。
東京駅の前まで来たところ……おお!
これは素晴らしい!
10月1日の開業を前に、もう今日から駅舎がライトアップされてるのですね!
再生東京駅の試験ライトアップ
CANON PowerShot G11

……と思ったら、ありゃりゃ。
まだ試験点灯らしいです。

フィルムで撮ったむかしの写真を整理中

もう大昔に撮った写真のフィルムを整理してるのですが……なんですか、これは。
そもそもが写真を撮ったときにメモなんて全然しないものだから、シャッタースピードや絞りといった撮影データはもちろん、いつ撮った写真なのかすら全然判らないのですよね。
判っているのはフィルムの種類だけ……と思いきや、フィルムのパーフォレーションのところ(フィルムの孔のところ)には会社名は書いてあっても、商品名なんて書いてないから、やっぱり判らないや。
たぶん1990年前後の初夏ごろ?
MINOLTA α7700i / AF ZOOM 35-105mm F3.5-4.5 New
KONICA COLOR GX 200

そう考えたら、撮影データが勝手に写真のなかに埋め込まれるデジカメって本当に便利なんですねえ。
ぼくのように、メモを取るのがめんどくさいと思うような“ものぐさな人”がデジカメに撮影データを埋め込むことを考えだしたのかしら。

いつの時代の写真か判断するとすれば、やっぱり被写体の中から探し出すしかないんですよね。
この写真だと、写っているお姉ちゃんたちから判断すると、少なくとも、トレーナーを着て、シャツインをして、ロングヘアーが流行っていた時代ということです。
トレーナー&シャツイン&ロングヘアー
MINOLTA α7700i / AF ZOOM 35-105mm F3.5-4.5 New
KONICA COLOR GX 200

しかしもうこのあたりの写真になると、何をしてるところを撮ったのか全然覚えてないのですね。
皆、何をのぞき込んでいたのかしら。
(卒業旅行で行ったニュージーランドの写真なんだけど、場所もどこだったか……)
皆はいったい何をのぞき込んでいたのか
MINOLTA α7700i / AF ZOOM 35-105mm F3.5-4.5 New
FUJIFILM RD

デジカメだと撮影データはもちろん、GPSで撮影場所まで記録してくれるので、ある程度の情報はあとになっても引っ張り出せますが、さすがに「何を撮ろうとしていたのか」までは、いくらデジカメ社会になっても記録することはできませんよねー。
そう思ったところで、ああ、そうか。
デジカメだと、撮影枚数を気にせずパシャオシャ撮りまくることができるから、その前後のコマからある程度、「何があったのか」ということは推測することはできそうですね。

そう考えると、1本36枚という制限があったフィルム時代は色々と不便だったようです。 (ただその当時はそれが普通でしたから全然「不便」という思いはなかったのですが)

駅構内でお祭りワッショイ

東急東横線の菊名駅で横浜線に乗り換えようとしたら、何やら改札の外から騒がしい声が聞こえてくるんです。
すわ!事件か!と急いで改札まで様子を見に行ったら……なんという事でしょう。
駅のコンコースでお神輿ワッショイやってるところだったんですよ。
菊名駅のコンコースでお神輿ワッショイ
CANON PowerShot G11

調べてみたら、菊名駅の近くにある菊名神社というところで行われるお祭りなんだそうです。
その一環で、お神輿が毎年菊名駅の構内までやってきて、こんな風にワッショイやってるみたいですね。
お神輿がやってきたいいタイミングで乗り換えをしたのでした。

駅前のネコトラップ

あれ? 偶然なんですが、昨日と今日、ネコネタが続いています……。

今日は、ぼくが幹事としての集まりがあるため、駅に急いでいたんですよ。
もうね、遅刻ギリギリなんです。
ヤバイのです、ヤバイ。幹事として遅刻するわけにはいきません。

もうあとちょっとで駅、もうすぐ電車が来るけど、なんとかぎりぎり間に合うかしら……と思ったところで、ウワオゥ!
駅前の草むらから、シマネコがミャーミャーいいながら姿を現れたんですよ。
駅前の美人ニャンコ
CANON PowerShot G11

ちょっとちょっと、待ってくださいよー。
今日、ぼくは幹事なんです。
しかも時間は遅刻ギリギリなんです。
電車に乗り遅れるわけにはいかないのです。

…。
……。
………。
…………。
たまりません!

こんな美人のシマネコなんて見てしまったら、急いでいる足も停まってしまいますって。
試しに挨拶をしようとしゃがんでみたら……ウヒャアア!

ネコ、まっしぐら。
駅前の美人ニャンコ、駆け寄ってきてくれました
CANON PowerShot G11

もうあとはモフり放題なんです。
ああ、なんて至福のひととき。
モフらせ放題の駅前の美人ニャンコ
CANON PowerShot G11

結局、電車1本乗り遅れてしまいました。
幹事失格で、スミマセン。
(でも後悔はしていない ← ダメです)

夜のネコだまりにて

住宅街のなかにあるネコ溜まりを通りかかると、久々にニャンコたちが集まっていたんです。
ニャンコの集会に遭遇するのは久しぶり!と、そろそろ近寄っていくと……アレ?
なにやら、街灯の光が届かないところで、黒くてこんもりとした塊があるんですよね。
いったいあれは何……と近づいていくと、おお!
暗闇に溶け込んでいた黒ネコじゃないですか。
しかしコヤツはなかなかイイヤツで、「写真撮っていいわよ」なんて言ってくれるじゃないですか。

もうね、そういわれると、遠慮なんてしていられません。
ありがたーく写真を撮らせてもらったのですが……おおう。
暗闇のなかの黒ネコちゃんという最悪の状況では、3世代も前のコンデジでは、これが限界だったのでした。
暗闇に溶け込む黒ネコ
CANON PowerShot G11

横浜での明け方、遠景。

「明日は休みの日だ!」と思ってしまうと、寝るのがもったいなく感じちゃうのですね。
ついついダラダラ過ごしてしまって、フト気がつくと、もう窓の外がほんのり明るくなっちゃってます。
ヒャーッ、これはいかん!とそこから布団に潜り込むのですが、そうすると目の覚めるのが昼過ぎか、下手するともうおやつの時間だったりして、結局は「何やってんだ、オレ」状態で何もしていない、もったいな休日になっちゃったりするのですね。

そんな明け方の遠景2点ほど。

まずはこちら、ちょうど扇島のJFEスチールからフレアスタックが噴き出したところです。
工場地帯での明け方、フレアスタック
CANON EOS 5D mark II / EF 70-200mm F2.8L USM

ここのフレアスタックは常時ボーボーと噴き出しているのではなくて、たまに思い出した頃に突然大きな炎を噴き上げて、またすぐに何ごともなかったかのように収まるので、「お!」とカメラを構えた時にはもう何もなかったりするんですね。
そんなわけで今回、初めて写真に撮るkとおができました。

……とか言いながらも、実は以前に工場夜景クルーズに参加したときも、何枚か写真には撮っていましたが。
(自宅から撮ったのは初めてということで)

あと、こちらは言わずと知れた東京スカイツリー。
夏の間は大気がモヤっていたので今ひとつキレイには見えませんでしたが、だんだんとこうしてくっきりしてきたということは、季節がもう、夏から秋に移ろうとしているのでしょうかねえ。
まだまだ暑いのですが。
横浜からの、スカイツリー遠景
CANON EOS 5D mark II / EF 70-200mm F2.8L USM

真夜中のキリン

蒸し暑くて眠れない真夜中のこと。
あまりに蒸し暑い部屋にいられなくて、ちょっとでも涼もうとベランダに出てみたら、
真夜中なのにキリンがお仕事中だったのでした。
真夜中のキリン
CANON EOS 5D mark II / EF 70-200mm F2.8L USM

   1  |  2  |  3  |  4  |  5