ページ/4ページ |次のページ最終ページ

日産リーフを試乗して、そのパワーに驚いた

いつもお世話になっているディーラーから、「放っておけないブサイクさだった日産ジューク」、「赤信号に引っかかりたい新型マーチ」に引き続き、今回も「週末にリーフの試乗車が来るんですよ。遊びに来てください」とご案内をいただきました。
いつもありがとうございます……ということで、客でもないのにノコノコとお店に行ってきました。
といっても、手ぶらで行けるほど厚かましくない、チキン野郎のぼく。
クルマをお店に持ち込んで、6ヶ月点検をしてもらっている間に試乗させてもらいましたとも。

しかし「電気自動車(EV)」といえば、三菱自動車が一足早く出していましたよね、i-MiEV。
電気って、ガソリンよりパワーがなさそうだから、日産自動車のリーフも、あんな軽自動車みたいなものと思っていたんです。
ところが……ワオ。
意外とボディがでかい日産リーフ
デカイのです、デカイ。めちゃくちゃデカイじゃないですか。
パッと見はマーチを思わせるキュートな丸みのあるスタイルなんですが、いえいえ。
よくよく見ると、ナンバープレートだって3ナンバーなんですよね。

ヘッドライトは、この切れ長なところが、以前にブサカワイイと紹介したジュークとよく似てますね。
……って、ジュークの場合はこの切れ長の目のようjな部分はヘッドライトじゃなくて、スモールランプだったという驚きの事実があったのですが、フフフ、今回のリーフも驚かせてくれます。
ヘッドライトはてっきり、見た目のクリアさからキセノンだとばかり思っていたのですが、ええ!? 違うんですか!?
なんと奥さま、これがウワサのLEDライトなんですってよ。
えー、LEDライトじゃ暗いでしょう……と思って灯してもらったら、ギャーッ!
LEDライトは昼間でも目眩ましされます
目眩ましされてしまいました。

ちなみに、この光はLEDが直接光っているものではないんですね。
ヘッドライトの底部分にLEDが埋めこまれてあり、そこからヘッドライト奥の反射鏡に向かって発光したものが集約され、このような眩しい光が前方へと投げられる、という仕組みなんだとか。

そしてこのクルマ、「電気自動車」というぐらいですから、ガソリンは必要ありません。
電気を充電するだけなんですね。
その充電口が前方にあるカバーなんです。
そのお口をちょっと開けてもらいました。
充電口を開けたところ
あらら、後ろのトランクも一緒に開いちゃったようです。
ちなみに右後ろに停まっているのは、ぼくのクルマなんですね。魅惑のツーショット。

充電するときは、この口のなかにある端子に付属のコードを挿し込みます。
充電用のコードを差しています
営業の方が「こうするんですよ」とわざわざ実演してくださいました。
そして、クルマに接続したコードを家庭に設置した200Vのコンセントや、現在急速にアチコチに設置されている「急速充電スタンド」に挿し込むだけだそうです。

充電中はこんな感じになるみたいですね。
デローンと伸びたコードから流れる電気を、まるでストローからジュースを飲むようにゴクゴクいただいています。
充電しているところのイメージ

気になる充電時間と、走行可能距離ですが、家庭用の200Vコンセントだと8時間で120キロほど走れるようになるそうです。
そう、問題はここなんですよね。
旅行なんかの遠距離移動だと、このリーフの走行可能距離だとちょっと気になってしまうかもしれません。

ちなみに、今ぼくが乗っているエクストレイルだと、ガソリンが満タンで60リットル入るのですね。
で、平均燃費が12.3kmほどなので、走行可能距離となると700キロ以上になるんです。
高速道路をを巡航走行していたら、もっと伸びて800キロほどは走れるかもしれません。
それほどのものだから、満タン(というか、満充電?)でも120キロしか走れないとなると、ちょっと精神衛生上よくないような気がしちゃいます。

ただし、今、日産はこのリーフの普及に力を入れていて、各地の日産ディーラーや日産の工場、また一部のガソリンスタンドや商業施設、高速道路のサービスエリアに充電施設を増やしているそうなんです。
実際、家庭に充電用機械を設置できないマンション住まいの方でも、「近所に日産ディーラーや工場があって、そこが利用できるから……」と、リーフを購入された方もいるそうです。

しかもこの充電、月々1500円のサービス会員になると、どこで充電しても費用はタダなのだそうです。
ヘエー、それはすごいことですよね!
それでなくても、ガソリン代がメチャ高になっている今、「費用が掛からない」というのは嬉しいところです。

なので、クルマの乗り方が街乗り主体の場合、このリーフでの走行可能距離は全然気にならないのではないでしょうか。
また旅行や遠距離移動の予定ができても、月々1500円のサービス会員であれば、レンタカーが安くで借りられるのだそう。
さらに一安心です。

そして、一番気になるところが「走り」ですよね。
ということで、試乗車に乗らせてもらい、街なかをひとっ走りドライブさせて頂きました。
そのときの様子はビデオカメラに撮って、動画にまとめたものをYoutubeにアップしてみました。

ビデオカメラで、エンジン音がまったくぜずに、スルスルとクルマが進むところを撮りたかったのですが……ありゃりゃ。
ビデオで撮影しているということで、助手席の営業マンが非常に気を使ってくれ、車内はシンと静まり返っています。
これ、信号待ちのときはエンジン音がなく、会話もないのでとても気まずい空気が流れています……。
またエンジン音がしなくて静かな分、走行するとかなりロードノイズがいつもより大きく感じられますね。
これは、今履いているタイヤを静粛性の高いものにしたら、もっと静かで快適になるかもしれません。

……いや、そんなことはさておき。
これはもうホント、スゴイんですよ。
アクセルを踏み込めば踏み込むだけ、グググと加速していくのが判るほどのパワーなんです。
まさにスポーツカー感覚で楽しめます。
なんでも、スカイラインの「R32」というクルマに乗っているお客さんが、このリーフに試乗したところ、「加速感が自分のR32と遜色ない」と言われたほどなんだとか。

ただし、スポーティな加速力が楽しめるリーフも、高速に乗ってしまうとちょっと厳しいらしいです。
何しろ「ギアチェンジ」という概念がないので、高速度での巡航走行が苦手なんだそうです。
なので、通常のクルマだと180kmで設定されているスピードリミッターも、リーフでは145kmで設定されているのだとか。
また、ブレーキを踏んだとき電気を発電して充電池に戻すことを行なっている関係上、ガソリン車と違って、意外と市街地を走るときの方が経済的になる可能性もあるそうです。

不意打ちの違反切符に気をつけろ

やられました。
闇夜にひっそりとその身を紛れ込ませ、静かに獲物を狙っている「現代の猛獣」、その名も覆面パトカーに見事に捕まってしまいました。

悔しいから、お巡りさんが何やら手続きをしに(照会とか、そんなやつ?)クルマを離れた瞬間、こっそり写真を撮ってやりましたぜ。
お巡りさんがいない間に写真を撮ってやったぜ

事の起こりは真夜中のドライブですよ。
ガラガラに空いている国道で、普通に走っているトラックの後ろをチンタラ走っていたわけなんです。
この前を走っているトラックの荷台部分が割と高くて、割と邪魔に感じるほどだったんですね。
ただ真夜中のこんな時間だし、他に走っているクルマは少ないから、後ろをのんびりついて走っていればいいかと、トコトコ付いていくように走っていたんです。

ところが。
その荷台の高さがよくなかったんですね。

トラックの後ろを付いて走っていると、その高い荷台の上にいきなり現れた信号機が、赤になっていたんですよ。
それをみて、「ああ、ヤバイ」と思った瞬間、まるでぼくの思考を読み取ったかのようなタイミングで、道路脇の建物の陰からサイレンが!
そして、赤色灯をクルクル回したパトカーが出てきて、ぼくの後ろに付けると、「ナンバー●●●●の運転手さん、道路脇に寄せてクルマを停止させてください」とか何とか、ガナリたてるんです。
ヒー、こんな夜中に近所迷惑かけるの、ヤメテー。

スピーカーでガナリたてられたとおり、クルマを道路脇に停めると、後ろにつけたパトカーからお巡りさんがやって来ます。
窓を開けて待っていると、ニコヤカに「運転手さんー、今の交差点、赤信号で通過しちゃいましたね」。

ええ、ええ、認めます……。
が、ひょっとしてこれ、情状酌量の余地はないかしら。

「そうなんですよー、スミマセン。トラックの荷台で信号が全然見えなくて」
「ああ、車間距離をもっとあけなくちゃ」

ああ、そう言われるとぐぅの音も出ないです。

そんな訳で切られた青切符では、違反点数2点の、反則金が9千円だそうです。
トホホ。

しかし、ニッポンのお巡りさんはやさしいのですよね。
違反手続きは、ぼくは運転席に座って、お巡りさんはクルマの外で、窓越しに行っていたんです。
その途中で、床に携帯が落ちていることに気がついたので、拾おうと身を屈めたんですね。

これ、アメリカとかでいきなりそんな行動に出たら、防衛のために射殺される……まではいかなくても、「ヘイ、ユー、何をしようとしてるんだ!?」とドアの外に引き釣り出されて、ボコボコにされてもおかしくないんじゃないでしょうか。
なのに、この、ニッポンのお巡りさんは「あ、大丈夫ですか? ドアを開けましょうか?」って……。
もし、ぼくが凶器を隠し持っていて、それを取り出そうとしていたら、お巡りさん、あなたはヤバかったのですよ……。
それともこの妄想って、単に映画の見過ぎなのかしらん。

何というか、そういうところで“ニッポンのお巡りさん”を感じてしまった今日の出来事なのでした。

赤信号に引っかかりたい新型マーチと、ピンクな富士山と

前回の“ブサカワイイ”ジュークに引き続き、今回も、いつもお世話になっているディーラーの営業マンから、「“タイ直輸入”新型マーチがお店に来たので、ぜひ遊びに来てください」とのご案内をいただきました。
いつもありがとうございます。
そういうお誘いをいただくと、ノコノコ出かけちゃうぼく。
あれ? でもお客でもないのに、いいんでしょうか……。
そうだ! 前回にジュークを試乗させてもらったときに「では次回、マーチが出たときも、遠慮なくYO・KO・HA・MA・ドライビングで市内をデモンストレーションさせていただきます」とか何とか言っていたんだった……わー、恥ずかしい、ぼく。

そんな訳で、新型マーチ。
顔つきが精悍になった新型マーチ

写真を見る限りではそれほど感じられないかもしれませんが、実物をパッと見た瞬間に思ったのが、「精悍な顔つきになった……」。
何というか、これまでのマーチはターゲットが女性ドライバーということで、カワイイ顔つきだったと思うのですね。
それが今回のフルモデルチェンジで、どこか精悍で男っぽい顔つきになったように思えるのです。

しかしやはりメインターゲットは女性という点は変わりありません。
そのため「運転のしやすさ」にかけては、非常によく考えられています。

まず、コンパクトカーながらできるだけフロントやサイド、バックの視界が大きく取られていて、安心です。
あとビックリしたのが、メーター部における情報表示。
エンジンを掛けたり、停止したりすると、まるでMacintoshみたいに、クルマが挨拶してくるんですよ。
なんてカワイイ奴め。

さらにはこの情報部分には、ハンドルウを切ったときの「タイヤの向き」まで表示してくれます。
車庫入れなど、バックで進むときにハンドルをどの方向の切ればいいのか判らない、というドライバー向けの機能だそうです。
……まあ、そういうものもあるということで。

しかし、何といっても最大の特長は、日産車にして初の「アイドリングストップ機能」でしょう。
この機能、マツダ車では早くから取り入れていて、CMでもよくアナウンスをしていたので、何となく判っているつもりだったのですが、「ではどのようにして作動しているのか」ということになると、よく判らなかったんですね。
それが今日、初めてのアイドリングストップ体験ですよ。

「ブレーキを踏んで停止している状態」を関知すると、スッという感じで、確かにエンジンが切れます。
もともと考えていたイメージとしては、「マニュアル車でクラッチをつなぎ損ねてエンストを起こしてしまったとき」のような感じかな、と思っていたのですが、いえいえ。
もっと静かなんです、静か。メチャクチャ静かに、エンジンが止まっているんです。
本当に気がつかないくらい、スッという感じ。
そしてブレーキを離すと、勝手にエンジンが掛かるのですね。これまた静かにブルン、という感じで。
この間も、オーディオやナビはまったく消えることがないので、エンジンに意識をしていなかったら、アイドリングストップしていたなんて気がつかないほどのさりげなさなんですね。
スゴイよなー、もう。

また、クルマはちゃんと運転状況を把握していて、たとえば渋滞に引っかかったときや駐車時の切り返しのときなどはアイドリングストップをしないよう、時速8km以内の速度やバック時には作動しないそうです。
エライよなー、もう。

このアイドリングストップ機能における「さりげない」心遣い、それがビンビン感じるのですね。
ニッポンジンの和の心さえも感じてしまうこの機能は、とにかくトコトン味わいたいのです。
なので、普段は苦痛なだけの赤信号の引っかかりも、まったく苦にはなりません。
いや、それどころか、青信号が続くとメチャクチャ残念な気にさえなってしまうのでした。

ストレスさえもフリーにして、精神面のエコロジーにも貢献するアイドリングストップ機能、スゲーです、スゲー。

ただし、とは営業マンの方。
「アイドリングストップ時は、エアコンだけは切れてしまって送風状態になっちゃうんです」とのこと。
冬場の暖房であれば問題はないのですが、この時期の販売だとエアコンが切れるという点だけが心配なんだとか。
ただエアコンが切れるといっても赤信号のほんのちょっとの間だけで、別に炎天下の渋滞時というわけでもないので、そんなにキツイことはないのではないかなーと。
(車内のスイッチで、アイドリングストップ機能をオフにすることもできますし)

そんな訳で、外観はこれまでとは違って精悍になり、「男子諸君も乗ってくれたまえよ!」という感じになったのですが、装備面では、ますます街乗りの女の子に向けたものに特化していっているなーと感じた、新型マーチでした。

家に帰ってくると、ちょうど外はもう夕暮れ。
ベランダで夕涼みをしていると、今日一日ずっとその夏色の姿を見せていた富士山をまるで包み込むかのように、空がピンク色に染まっていっていたのでした。
ピンクに染まった富士山

放っておけないブサイクさだった日産ジューク

いつもお世話になっている自動車ディーラーの営業マンから、「週末に試乗車が来るんですよ。遊びに来てください」とご案内メールをいただいたので、ノコノコと行ってきました。

日産ジュークです。
ブサイクな顔の日産ジューク

しかしこのクルマ、実は発売前に始めてその姿をWebで見たとき、そのあまりのブサイクな顔にショックを受けてしまっていたのです……。
もちろん、そんなこと営業マンに言えるはずもなく、「はいはいー」と調子よく返事してお出かけしたのですが……あれ? あれれ? あれれれ?
実車を見てみたら、なんですか、これは……メチャクチャかわいいじゃないですか!
確かに顔はやっぱりブサイクなんですが、なんというか、愛嬌も感じられるのですね。
ブサイクはブサイクだけど、ブサイクだからこそ気になるというのか。

ほら、ネコにもいるじゃないですか。
思いっきりブサイクな顔をしているんだけど、だけど気になるキャツ。
まさにあんな感じなんですね、このクルマは。

しかもこのデザイン、かなりトリッキーなんですよ。
上についている思いっきりの釣りあがった細い目をした部分、コレがヘッドライトだと思っていたんですよ。
そしたら、いえいえ、全然違いました。
コレは単なるポジショニングランプ(いわゆるスモールランプ)で、ヘッドライトはその下にあるフォグランプのような丸目がそうなんだとか。
これは、実に巧妙なヘッドライトの叙述トリックなんですよ、皆さん!(意味不明のアピール)
しかし言われてよくよく見れば、確かにフォグランプはヘッドライトのその下にちゃんと付いてますね。
もう、このトリッキーなデザインで完全にノックアウトされました。
「こーいつー、よくもだましたな、あははは」って感じですね。
すっかりデザイナーの術中にはまってしまってますよ、ぼく。

また、排気量は1500ccというから、マーチみたいなキュートな感じかと思っていたら、意外と図体がデカくてイカツイんです。
しかし走ってみると、この図体のデカさもまったく気にならず、思うようにキビキビ走ってくれて気持ちいいのなんの。
高速道路でかっ飛ばしても、ずっしり安定していてとても楽チンなんですね。
イヤー、このクルマって「運転することがとても楽しい」ということを再確認させてくれるすぐれものですよ。
唯一の弱点である「ブサイクさ」も、乗ってしまったら見えないから関係ないし(おい)。

そんなこんなで、営業マンとはしばし2人きりでのYO・KO・HA・MA・ドライビング(しかも新車で)。
9月にエコカー補助金が終了してから以降の自動車販売が読めない話や、それでも電気自動車「リーフ」の予約がかなり来ている話、またマーチの新型にはアイドリングストップの機能がつくので、またぜひ、試乗しに来てくださいよ、などといった話で盛り上がりました。

しかしクルマを買い増す予定なんてなく、そのことは営業マンも判っているはずなのに、高速代金まで出してもらって、いいのかな……とドキドキ。
あ、そうか。
こうして試乗車を乗り回しているだけで、新型車両を街の人々や、周りのドライバーたちに見てもらえるという、一種のデモンストレーションにつながっているのでしょうか。

では新型マーチが出た際には、遠慮なくYO・KO・HA・MA・ドライビングで市内をデモンストレーションさせていただきます。

家の外でも内でも、裸にひん剥かれてしまいました

ここ最近、すっかり春めいてきたこともあって(つい先日雪が降ったばかりですが)、クルマの冬用タイヤを夏用に替えてあげることにしました。
そんな訳で、今日は珍しく朝からちゃんと起きて、お出かけなんですよ。

タイヤ交換といっても、実は我が家には、使っていないタイヤを置く場所がないのです。
(トランクスペースに置いておくつもりだったのですが、測ってみると全然大きさが足りなかったという大誤算)
で、タイヤお預りサービスを行っているお店にお願いしているのです。
しかし、この「タイヤお預りサービス」というのも、結構トラブルのもとになるそうで(ホイールに傷付いたとかなんとか)、やっているところはなかなか少ないようなんですね。
ようやく探し出したのが東京にあるお店。
横浜からクルマで行くだけで、1時間は掛かってしまうところにあるので、お昼に予約していても、そこに向かうには朝から起きなければなりません。

しかし、どうも出発時間の計算がちょっと狂ってしまっていたようで、お店に着いたのは予約した時間よりちょっと遅れてしまって……すんません、すんません。
業務用ジャッキで車体をわしわし持ち上げて、冬用タイヤがスッポリと外されて、なんだか恥ずかしい状態にされてしまっています。
冬用タイヤを外されて、恥ずかしい姿にされたクルマ
クルマのこの姿を見るのって……、何というか、見てはいけない状態をみてしまったような、そんな気がしますよね。
ぼくの頭のなかでは、しずかちゃんの「キャー、のび太さんのエッチーッ!」状態なんです。
うひひひひ。(←変に興奮)

タイヤの交換作業はわずか10分程度で終わりました。
冬用タイヤをお店に預けて帰宅します。

続いては、テレビ修理のサービスマンが来てくれるのを待ちます。
先日、DVDを観ていると突然に画面がブラックアウトしてしまい、それ以来電源が入らなくなってしまったテレビです。
おかげで2週間、テレビなしの生活を強いられています。
そんなテレビ修理のサービスマン、朝イチに掛かってきた確認電話では、「お伺いは、夕方頃になる予定です」とのことでしたが、フト気がつくと、もう17時半、外は暗くなってきています。

どうなっているんだろうなーなどと思っていると……オオウ、来た来た、来ましたよ。
18時前、「遅くなりました」とサービスマン、登場です。
いよー、待ってました! こっちですよ、こっち、このテレビ。
早速見てもらうことにしたのですが、なにしろこのテレビ、台から降ろすだけでも一苦労なんです。
サービスマンとぼくとの二人がかりで、息をあわせてヤッコラセ。
床に下ろすと、電動ドライバーを小気味よくウィーンウィーンウィーンと唸らせながら数十本あるネジをあっという間に外し、裏カバーをオープンしました。

……おお、なんと美しいのでしょうか。
初めて見るテレビの内部は、基板が整然と並んでいて、美しいのです。
サービスマンが「この基板かな」と交換作業しているその横から、隣から、写真をバシャバシャ撮らせていただきました。
誰も見ることができないテレビ内部は美しい箱庭が隠されていました

いや、本当にもうこの基板に取り付けられたパーツの配列が美しくて、カッコイイんですって。
まるで箱庭なんですよ、箱庭。それも工場街の箱庭。
なんというか、パーツを見ていると、まるで工場街を見ているようなのですよね。
コンビナートがあって、プラントがあって、社屋もあって、その間を道路が縦横無尽に通っているような、そんな感じです。
このパーツに並びがまるで箱庭なんですね
こんなに美しい箱庭が、身近なテレビ内部にあるというのに、普通はまず見ることができないんですよね。
なんともったいない……。

工場街に見えるといえば、ここに使われているパーツに、もし真空管があったら、その真空管が灯す明かりがまた、工場夜景に通じるものがあったのかもしれませんねー。

そんなこんなで故障したテレビは、基板を1つ交換するだけで無事に直りました。
これで2週間も続いたテレビなし生活にもサヨウナラです。
ちなみに修理費用は以下のとおりでした。

  • 部品代:11,000円
  • 技術料:15,000円
  • 出張料: 2,100円
  • 消費税: 1,405円

合計で29,505円ですよ……うーん。
メッチャ高っ!とは思うのですが、しかし、だからと言って最新のフルハイビジョン対応の液晶テレビに買い換えるのと比べると、全然安いという、かなり中途半端な金額なのでした。

ページ/4ページ |次のページ最終ページ