ページ/76ページ |次のページ最終ページ

供養に参加した大手町ビルヂング屋上の観音さま

毎年、この時期になるとソワソワしてしまう、大手町ビルヂングの屋上開放デー。
なんでしょうね、屋上というともう昭和のデパートの遊園地の印象があるからか、なんだかワクワクしてしまうのですね。

……って、いえいえ、そんな浮かれポンチなお遊びではないのです。
大手町ビルヂングの屋上に安置されていて、毎年4月17日(土日の場合はその前後)のみご開帳される観音さまがあるのですよ。
その観音さまに、今年もお参りをしてきました。

この観音さまについては、もうすでに何回も毎年書いてますが、またしても今年も書いちゃいますと……。

大手町ビルが竣工したのは昭和33年なのですが、その頃はまだ戦後10年が過ぎたあたりで、まだ丸の内も寂れていたそうです。
そこに、3万3千坪という当時としては最大規模のビルヂングを建てることで、ビジネス街を復興させようとした当時の三菱地所社長の思いに、同郷の平櫛田中が同感、5年の歳月をかけて昭和42年に観音さまを完成させたのだそうです。

そんな毎年行われる供養行事ですが、通常は先に関係者だけで供養をとり行い、その後に一般の参詣が行われるのですね。
それを、今年はビル管理会社にダメ元でお願いしてみたら……えへへ、やったね。
なんと関係者に混じって参加してもよろしい、とのお許しをいただいちゃいました。

そんな訳で供養がとり行われる時間のちょっと前、屋上に上がってみることにしました。
ビル最上階のフロアに上がっていくと、普段は決して行くことのできない屋上への階段に、今年も案内板が出ていますよ。
屋上へのいざない

普段は使われていない階段を上って屋上に出てみると……おおう。
まだ設営の準備中だったのでした。
強風が吹き荒れていて、なかなかうまく設営ができないようです。
まだ会場は設営の準備中でした

その間、思う存分屋上を堪能させてもらっていたのでした。
「昼休みに屋上でバレーをするOL」を妄想してみたり、普段は囲いがあって見ることができない工事中のお隣のビルを上から覗いてみたり。
そして撮った写真をミニチュア写真風に加工してみたり(我ながら、よくぞ毎年飽きずにやってるな……)。
屋上から、工事中の隣のビルを覗いてみたところ

ここから丸の内方面を眺めてみると、面白いことに気付かされます。
仲通り沿いには再開発された高層ビルが続々と建っているのですが、三菱地所のビルだけが“二段重ね”のような形になっているのですね。
それも、どのビルも同じ高さなんです。
丸の内の仲通り沿いに建ち並ぶ「百尺規制」時代の名残のあるビル
これは、大昔に「百尺規制」というルールがあって、31m以上の高さを超えるビルは建ててはいけなかったことがあったんです。
そのため、かつてはどのビルも、この高さに揃っていたそうなんですよ。
実は大手町ビル、古き良き時代のこの高さのままなので、必然的に「百尺規制の名残」が目の前に揃っている感じに見えるのですね。

そして、フト足元を見てみると、そこにあるのはバッテン印。
これはいったい何なのでしょうか……。
謎のバッテン
場所的には、ちょうど丸の内仲通りを延長してきた線上にあたる場所のようなのですが……なんか怖いよ。

そうこうしているうちに強風のなか、設営も完了し、15分遅れで供養が始まりました。

なーむー……とお経を読むお坊さん、供養が終わってからのお話の際に築地本願寺から来られたことをおっしゃってました。
観音菩薩ということで、菩薩とはなんぞやというありがたいお話に、フムフム。

その後、出席者によってお参りをして解散となります。
屋上に向かう階段を見てみると、一般参詣の待ち行列がズラリと並んでいるのでした。

声の反響具合からすると、屋上からかなり下のフロアにまで行列は伸びているようです。
どうも去年辺りから、なぜかお参りする人が増えてきたような気がします。
大手町観音の存在が、有名になってきたのかしら。

そして! またしても! やったね!
今年もまた、榮太郎本舗の紅白まんじゅうをいただきました!
大切にオフィスまで持ち帰ってきて、身も心も大満足の供養だったのでした。
榮太郎本舗の紅白まんじゅう

サラリーマンの宿命、辞令が交付されました

ああん、もぅー。
どうして、4月1日の今日という最悪のタイミングで交付するのかなーとか思ったのですが……。
サラリーマン社会では、今日から新年度なんだから、仕方がないといえば仕方がありません。
4月1日付で辞令が交付されました

大雪の宴のあと

雪が積もった日はテンション高く「やったぜ、やったぜ、ヤッホー、ヤッホー」とはしゃぎまくっていたのに……。
その次の日が大変だということを忘れていました。
考えてみたら、前回横浜でも大雪が降ったのはもう7年も前とのこと。 そりゃすっかり後の日の大変なことなんて、忘れてしまってますよ。

というわけで、今回の大雪……というには多すぎるドカ雪騒動。
大はしゃぎだった祝日の月曜日から一夜明けた次の日の朝のことです。
案の定、道路上には溶けかけた雪がすっかり凍結していて、ガッチンゴッチンになっていましたよ。
大雪から一夜明けた道路は凍結していてガッチンゴッチンに

ガッチンゴッチンに凍結していて、まるであざけり笑うかのように朝日をテカテカ照り返す、ツルッツルの坂道や階段も目前にして「どうしよう……こんなところ歩けるかよ……」と、途方に暮れていたんですが、そうも言ってられません。
サラリーマン、OL、学生たちが恐る恐る歩いている姿があちこちで見られました。
何しろ横浜なんてちょっとした住宅街も丘の上にあったりして、坂の街ですから、もう大変です。

ぼくも意を決して、果敢にも一歩を踏み出したのですが……おおっっと!。
傾斜となっている道路上で、見事に足を滑らせてしまい、転倒、お尻から着地するというハプニングをやっちましました。

が、しかし。痛くないんです。
キレイに足を前に揃えて、マンガみたいにお尻から着地したため、お肉がエアバックのような役割を果たしたのでしょうね。
我がお尻とは生まれて依頼の長年の付き合いがあるのですが、全然気づいていませんでした。「お尻には、ちゃんと優れた機能性がある」のですね。

そんな大騒ぎだった休み明けの火曜日だったのですが、お昼には、昨日の大雪がまるでウソのように太陽がガンガン照りつけるいいお天気になりました。
これはもう雪もすっかり溶けて、帰りは楽チンだろうな、と思っていたのですが……甘すぎました。
中途半端に溶けた分が、夜の気温低下でまた凍結してしまい、場所によっては相変わらずガチンゴチンのままなんです。
夜になるとまた凍結して、さらに強度が増したようです
こうなってしまうと、また明日の朝が大変そう……。

そして、真の悲劇はウチのあるマンションの管理人さんに襲いかかっていたのでした。
エントランスには、このような管理人さんからの魂の叫びが……。
大雪のため、ゴミ回収が来ませんでした
月曜日のゴミ回収が大雪で来られなかったのは判るのですが、なんと火曜日も回収されずに残ったままなのだそうです。
「火曜日“も”来ていません」というあたり、管理人さんの悲哀を感じさせられます。
ゴミ集積場が満杯ということで、これはもう非常事態宣言ものなんですよ……。
横浜市、危うし。

足首まで埋もれる大雪でした

もともと天気予報では、今日は大荒れの天気でしょう、とは言われていたんです。
だから何の予定も入れず、昼過ぎまでゆっくり寝ていたんです。

で、起きてときに「なんだか今日は寒いなー」と窓の外を見てみたら、あらビックリ。
もう空から地面から、目の前一面が真っ白なんです。
昼過ぎに起きたら、目の前一面が真っ白なことに

これはもう家で寝てる場合じゃないよ! 外に出ないとせっかくの雪の話題に乗り遅れちゃうよ!
そう思って、ご飯も食べず外に出ようとしたら……うわお。メチャクチャ危ないところでした。

ベランダから見たマンション南側は、雪がシンシンと降り積もるだけの静かな銀世界だったのですよね。
ところが、玄関のある北側はもうエライことになっているんです。
暴風が吹き荒れていて、雪が横殴りで叩きつけてきて、かなりのブリザード。
マンションの窓や壁にも雪がびっしりとこびりついていて、もうどこの雪山なのかと。
北側は暴風雪となっていて、下手すると遭難するような事態に
これはアカン雪や、外に出たら遭難する雪や……と慌てて引き返したのですが、うーん……。
やっぱし外に出たほうが楽しそうなんですよ。
もうね、意を決して、厳重に暖かい格好で身を包んで、出て行きましたよ。

マンションの出入り口では管理人さんが雪かきしてくれています。
「こんにちは。エライことになっちゃってますねー」と挨拶すると、管理人さん「雪でゴミの回収がまだ来てないんですよ」。
嘆いてます。なんでも、ゴミの回収が来ないことには帰ることができないんだとか。

まあ今日の回収は、生モノもある家庭ゴミの日じゃないから、まだ不幸中の幸いといったところでしょうか。
そう思いながら道路に出てみると、おおう。
ゴミ回収車が立ち往生してました。
道路ではいろんな車が立ち往生中
ゴミ回収車の前方でも、トラックがチェーンの取り付け真っ最中のようです。
一時は、いろんなクルマが、この道路上で立ち往生していました。

【追記】
実は、これを書いている夜になっても、ゴミ回収車は道路上に駐車されたままになっているようです。
きっと、この雪でどうにも動かすことができず、お手上げ状態で引き上げていったということなのでしょうか……。

住宅街のなかを歩いていたら、あちらこちらからスコップで道路を擦るシャリシャリという音が響いてくるんですよね。
どこのおたくでも雪かきをしている、その音のようでした。
横浜で、雪かき
しかし、まさか横浜で雪かきをするようなことがあるとは、夢にも思っていませんでした。

そして、住宅街の真ん中でもクルマが立ち往生していました。
踏み込んでも踏み込んで空転するタイヤに、近所の人たちが集まってきて力を合わせて押しているんです。
立ち往生したクルマを、皆で力を合わせて動かす
(ギャー、カメラに雪が降り積もってきた!)
それでもどうしようもない状況に、お父さんみたいな方が、「おい、家にある毛布持ってこい」……。
なんというか、雪が降った世界では、積もった雪の美しさだけじゃなくて、こうしたヒトの優しさも目にする事ができるようです。
恐るべし、雪景色。

街なかに出てみると……おおう、なんですか、これは。
もうね、auのお店では携帯をどうしようというのかと。
いや、考えようによっては防水性やタフネス性ををアピールできる、絶好の機会なのかもしれませんね!
……って、あれ?
そのアピールができるのは、カシオのスマホぐらいものじゃないのでしたっけ。
auショップの店先では、携帯がすっかり雪に埋もれてしまいました

しかし、この大雪でやっぱり大喜びなのは子どもたちなんでしょうね。
小さい子にはまだちょっと歩きにくそうですが、それでも空き地などがあると立ち止まって雪遊びをしていました。
お母さんと一緒に歩く雪道

一方、この子にとってはまだ、雪は未知の異質物なのかもしれませんね。

おそるおそる歩きながら、それでも時折雪をすくっては散らしてみたりして、とても興味津々のようなのでした。
ああそうか、雪の上を歩く感触って、まるで片栗粉を踏みしめるような違和感があるから、この子はきっとその感触に慣れてないだけなのかもしれません。

家族が揃ったら雪合戦ですな。
こちらのお宅では主に、お母さん VS 男の子という様相を示していました。
男の子の方が先に飽きちゃって家の中に入って行っちゃいましたが……。

こちらでは、女の子たちが雪だるまづくりに精を出していました。
頭と胴体を手分けしてつくっているので、これはきっと、大きな雪だるまができるでしょうね。

その向こう側では、男子たちが坂道を滑り降りる競争で大はしゃぎしてました。
ここの道は普段、結構クルマが通るのですが、さすがに今日はなかなか通るクルマもないようです。
安心して遊んでいるのでしょうか。

しかしこの雪景色では、子どもたちだけじゃなくて、親も楽しんでいたんです。
娘と一緒にそりを持ってきて遊んでいたお父さん、「そり楽しいよ!お父さんもどう?」と娘に言われて、ヒャッホー状態。
娘よりも大きなリアクション、見せてくれてました。

そして。
やっぱりいちばん大はしゃぎするのは、やっぱりワンコでしょう。
「イヌは喜び、庭駆けまわり」状態で、お散歩途中でもはしゃいでる、はしゃいでる……。
ワンコって脚の裏が冷たくないのかなーとか思っていましたが、どうやら彼らにとって雪は、冷たいとか、寒いもの、という概念はなくて、ただ単に楽しい“おもちゃ”なんでしょうね。

……ってキミは、完全に雪のなかに埋もれちゃってしまってるじゃないですか!

2013年、初日の出と初日の入り

やっぱりお正月は「1年の計は元旦にあり」ですよね。
そして、さらに「初日の出」は、ニッポン人としての一大イベントじゃないでしょうか。
ということで、除夜の汽笛に引き続いて、このイベントもクリアしようと、日の出を待つことにしたんです。
寝ることをやめて、テレビをダラダラ観ながら夜更かしするなんて、本末転倒な気もしますが……いや、いいんです!

ちなみに、暦で確認すると、横浜での1月1日の日の出時間は6時50分なんだそうです。
ちょっと早いのですが、念のため6時40分頃には、マンション屋上に行ってスタンバイすることにしました。

……が、寒い。
風がないのがまだ救いだったのですが、とにかく寒いのです。寒い。メチャ寒。
明け方の空気がしんしんとカラダを蝕んで、10分と言えども、日の出時間前に屋上に来たのが悔やまれます。

いやいや、こんな寒さも初日の出のご来光を拝んだら、吹き飛んじゃうさ!
そう自分を励まし、また誤魔化しながら、いざその瞬間を待っていたのですが……オオウ。
いざ、日の出時間となったそのとき、いったい何ということでしょう。
こんなことになってしまっていたのでした。
残念な結果となってしまった初日の出

空全体に雲はあまりなく、絶好の日和なのに、よりによって東の方角には雲が出ているんです(それも地表近くは厚く)。
上っているらしい太陽は、見事にこの厚い雲に遮られてしまって、ご来光は僅かな雲の隙間からチョロ見せという、実に残念な初日の出タイムとなってしまったのでした。

しかし、まあ、考えてみると、去年の初日の出は今年以上に残念だったんですね。
何しろ、銚子の沖合まで行って船に乗って見に行ったのに、曇天でまったく見られなかったんですから……。
そう考えると、まだご来光をチョロ見できた今年のほうがマシだったかもしれません。

去年から今年に掛けて、初日の出の見え方が徐々によくなってきていると考えると、来年こそは完璧に美しいご来光を眺めることができそうです!
よーし、来年は頑張るぞ~。

……とは言うものの、やっぱりなんだかシックリこないのですね。

ああ、そうだ。
初日の出はダメだったけど、その代わり、“初日の入り”が見られたらいいのじゃないでしょうかね。
そもそも初日の出は「新しい年の新しい1日の幕開け」と考えると、“初日の入り”は「新しい年の新しい夜の幕開け」ですよね?
だったら、日の入りを眺めて、新しい年の新しい夜の幕開け迎え入れるとともに、新しい年の1日を無事に過ごせたことへの感謝を捧げたらいいと思うのですよ。

……もう自分でも何を言っているのか判らなくなってきました(おい)。
が、そこはそれ、とにかく“初日の入り”を無事に見ることはできたのでした。
これで2013年はよしとしておきましょう。
残念な結果となってしまった初日の出

ページ/76ページ |次のページ最終ページ