ページ/26ページ |次のページ最終ページ

大手町まで箱根駅伝(復路)を見てきました

昨日、家の近所を通る箱根駅伝の往路を見たことで、何なんでしょうね、変な炎が燃え上がったようなんです。
往路も見たんだから、復路も見ないと!と張り切ってしまったのです。
ただ、家の近所に見に行ったとしても、結局はブログには昨日とまったく同じことしか書けないわけですよね。
それじゃあ、まったく面白くないんです。

もうちょっと変わったこと書かなくちゃ……と思っていたら、おお、そうだ。
もういっそのこと、大手町までゴールの様子を見に行ってみてはどうかしら。
そう思いついてしまっては、居ても立ってもいられません。
電車に乗っていそいそと、駅伝での一番のクライマックス、ゴールとなる大手町まで行ってきたのでした。

ゴールは13時半ごろということで、余裕を持って12時半に行ったのですが……なんですか、これは。
とにかく人の数がスゴイのなんの。
ゴール前どころか、そこに向かう歩道からして、ずっとヒト、ヒト、ヒト、ヒト……で埋め尽くされているんです。
歩道を埋め尽くすヒト、ヒト、ヒト、ヒト……

歩道には柵が設置されているのですが、人の波に押されて柵が倒れそうになったりして、もう大変。
ライブ会場でのモッシュかという勢いなんです。
下手すりゃ将棋倒し寸前のデインジャラスさなんですよ。
警備員も「押さないでください」「後ろの通行場所を空けてください」とハンドマイクでガンガン注意しています。
雰囲気、ピリピリしてます。
設置された柵が倒れそうになったりしていて、危険な状態に

そんななか、ゴール地点のスタッフたちは淡々と準備を進めています。
全然知らなかったのですが、どうやら「ゴールテープの持ち方」はかなり重要なことのようなのです。
テープにはスポンサーのロゴマークも入っているので、真正面のテレビカメラにちゃんと映らなければなりません。
選手が美しくテープを切ることができるように、高さも大事です。
ゴールテープの持ち方は、スポンサーのロゴを美しく見せることも必要なんです

そのような理由からでしょうか。
テープを両側で持つ係員に対して、ずっと高さの確認や、ロゴの位置の調整をしていたのでした。
テレビで映るのはわずか一瞬なんですが、それでもここまでパーフェクトに調整をして万事整えているのですね。
ゴールテープの持ち方、練習中

向かいの工事現場でも、事務所から人がゾクゾクと姿を見せては様子を見ています。
写真左上、工事現場の鉄骨の上には、ヘルメットをかぶったオジサンがカメラまで構えています。
事務所には「ラジオ日本」の旗が出てますね。
臨時のスタジオか何かなのかしら。
工事現場事務所からもたくさんの人が見ています

そして。
時間は13時半ちょっと過ぎ、日本橋を経由して選手がゾクゾクと戻ってきています。
まずは、箱根をスタートしてからずっとトップを独走してきたという、日本体育大学が安定したゴールインです。
このさすがの安定性には、観客も安心して声援を投げ掛けていました。

しかしやはり観客としては筋書きのない、ドキドキ感を求めているのでしょう。
この日、もっとも観客が沸いたのは、ゴール直前まで展開していた帝京大学と早稲田大学の接戦でした。
最後の最後まで、いったいどちらが抜け出すのかまったく読めず、2人の選手がもつれ込むようにゴールした瞬間、歓声と悲鳴のどよめきが、地響きのように沸き起こったんです。
ゴール前までもつれ込んだ帝京大学と早稲田大学の接戦
いやー、ぼくだって、この光景にはもうずっとドキドキしっぱなしだったんですよね。

このあとにゴールしたのは明治大学の選手です。
彼はゴールテープを切った瞬間に気力を使い果たしたのか、倒れこんでしまいました。
ゴール直後に倒れこむ明治大学の選手

すぐさまチームメイトが駆けつけたのですが、順位を落としてしまったことを悔やむような表情が印象的でした。
順位を落としてしまったことを悔やむような表情が印象的だった明治大学

笑顔やガッツポーズで選手がゴールインする姿もいいですが、このように、ゴール後でしか見られないドラマを目の当たりにできるのも、直接見に行くことの醍醐味なんですね。
この明治大学の選手のあとは、ずっとゴールした後の姿ばかり見てしまうようになってしまいました。
きっと、選手にとっては競技そのものを見てもらいたいのでしょうが……申し訳ありません。

笑顔でチームメイト称える法政大学。
笑顔でチームメイト称える法政大学

往路で棄権したために「オープン参加」となった城西大学のこの表情。
往路で棄権したために「オープン参加」となった城西大学の表情

倒れこむ選手をサポートする東京農業大学。
倒れこむ選手をサポートする東京農業大学

選手を笑顔で称えながらサポートする日本大学。

いやあ、このゴール後のこんな光景にはサブイボが出て止まりませんって。
来年は、ゴールする姿よりも、その後を追っていってみようかしら……とか思ってしまうほどでした。

こうして、すべての選手がゴールインしたと思ったら……早っ!
みるみるうちに撤収をはじめていくのでした。
みるみるうちに撤収するゴール地点
そりゃそうか。
このゴールがある道路はずっと閉鎖しているので、早く通行できるようにしないといけないのですね。
なかなかテレビでは見ることができない駅伝の舞台裏を、最後の最後まで楽しませてもらったのでした。

来年もまた、見に行こうっと。
いや、ちゃんと起きることができたならの話、なんですが。

家の近所で箱根駅伝(往路)を見てきました

毎年、お正月に開催されている箱根駅伝なんですが、実はこれ、ルートが家の近所を通っているんですね。
テレビでも何度か「おお、近所を走ってるぜ」と見ているんです。
なので沿道まで見に行くこともできるのですが、実はこれがなかなか難しい。
休みの日は宵っ張りになるため、通過している時間帯は、ちょうど寝ているときなんですよね。
なので起きた頃にはもうすっかり通り過ぎている、とか、ひどいときにはもうゴールしたあと、ということもよくあるんです。

いや、実際に1回だけ沿道まで見に行ったことはあるんですね。
といっても、もう7年も前、2006年のことなんですよ。
しかもこれ、午前中に通過する往路ではなく、昼頃に通過する復路のときなんですよね。
(どうも前日は寝過ごしたらしく、「リベンジ」とか言ってるし)

でもやっぱり見られるものは見に行ってみたい。
だったら寝なかったらいいんじゃないか、その思いだけで、今年は本当に寝ずに待っていることにしました。
フフフフ、その甲斐ありましたよ。
テレビで状況を見ながら余裕を持って沿道に行くことができました。
そのため、まだ沿道に人が少ないうちから、見やすいいい場所を確保することができたんです。
沿道にいても、現在の状況は携帯ワンセグでバッチリとテレビ中継を見ることができるので、あとどれぐらいで通過することになるのか、心の準備まで万端に整えられるんですね。
いやー、便利な世の中だ。

ところで、テレビで見ていると、沿道で皆がお揃いの「新聞社の旗」を振っていますよね。
あれはいったいどうやって手に入れるのでしょうか。

それは選手が来る前に、こうして新聞社のワゴン車が配ってるんです。
応援旗(という名の新聞社の旗)を配って回るワゴン車
といっても、係員が降りてきて手渡しで配るわけじゃないのです。
ワゴン車のスピーカーから「応援旗をお配りしています。沿道の皆さんでおまわしください」とアナウンスすると同時に、旗をまとめてドバッと下ろしていくだけなんですね。
あとは沿道の観衆同士で助けあってなんとかしてくれ、と。
ひょっとしてこの調子で、大手町から箱根まで旗を配り続けていくのかしら。

また、広報車として、先日発表されたばかりの新型クラウンが使われていました。
しかも、そのうちの1台は、なんと、記者発表でも度肝を抜かれた“ピンクのクラウン”なんですよ!
これです、これ!
新型クラウンが広報車に使われていましたが……この色はないわー
うわー、うわー、うわー、うわー。
実際に目で見たら、このあまりの常軌を逸した色彩感覚にクラクラきちゃいます。
ええっと……、やっぱりクラウンにこの色は……、売れないと思います……。

そうこうしているうちに白バイが!
お調子者がいないか、沿道の観衆をチェックする白バイ隊員
パトカーが!
お調子者がいないか、沿道の観衆をチェックするパトカー隊員
沿道の観衆をギロリと眺めながら通り過ぎていきます。
車道にはみ出しているお調子者がいないかどうか、まずは偵察しているようなんですね。
ちょっとでもお行儀が悪い人がいると、「車道に降りないでください。歩道に上がってください」と注意されています。

そして……ああ、来ました!
まずは中継車です。
テレビ中継の要となる中継車
そして、その後ろには、先頭のランナーを映すカメラを積んだトラック。
先頭走者を映しているテレビカメラ車

これら車両と、先導する白バイが通りすぎていくと……現れました!
トップを独走している東洋大学の選手が……あっという間に通り過ぎて行きました。
トップは独走状態の東洋大学でした

しかし、あまりに安定した独走ぶりに、中継はどちらかというとその後ろがメインのようです。
2位だった明治大学を、後ろから一気に追い上げてきた駒澤大学が抜かしているところのようです。
2位争いの接戦だった、駒澤大学と明治大学

その後も団子状態で、次々と選手が目の前をあっという間に駆け抜けていってしまうのですね。
こんな感じが、もう何回も続くのです。
団子状態の選手たち
なので沿道で見ていると、テレビを見ているのと違って、いったい今はどこの大学が通り過ぎていって、それがいったい何位なのやら、よく判らないのですね。
やっぱりテレビの見せ方はうまいものです。

そして、最後の選手が通り過ぎていったところで、最後尾のパトカーが「交通規制は間もなく解除します。係員の指示に従ってください」とアナウンスして行き、これで終わりです。

しかし“交通規制”といっても、道路を閉鎖するわけではないのですね。
2車線のうちの歩道側を駅伝用に使用するだけであって、中央線側の車線は普通にクルマが走っています。
ただし、ランナーのいる辺りはカメラ車やペース車、白バイなどによるブロックがあるため、自由にブンブン通ることもできずちょっとした渋滞となってしまっているのでした。

こんな感じで白バイや大会関係車がブロックしているんです。
選手の後続には、通行をブロックする白バイや大会関係車

そのため、後ろはちょっとした渋滞となってしまっています。
駅伝通過直後のちょっとした渋滞

やっぱり沿道まで見に来たら、テレビ中継を見ているだけでは判らない、臨場感や手作り感、運営の緊張感などが伝わってきて、なんというか、面白いものです。
ああ、なんだかクセになりそうです。

2013年も、横浜港の除夜の汽笛で明けました

明けましておめでとうございます。

世間が「師走だ」「お正月だ」といってても、ぼくにとってはどこか他人事、普段通りのダラけた生活のままなんです。
何ひとつ、身の回りにお正月らしさが感じられないぼくですが、ひとつだけ、逃すことができないイベントがあるのですね。
それは、横浜での新年カウントダウンのお楽しみ、やっぱり「除夜の汽笛」なんですね。
0時を迎えて新年が明けた瞬間に、横浜港に停泊している船が一斉に汽笛を鳴らす、アレです。
このブログでもずっとご紹介してきましたが、去年に引き続き、今年もビデオカメラを抱えてベランダでスタンバイしてきましたよ。

この「除夜の汽笛」は年によっては、よく聞こえなかったりする年もあったりするのですね。
我が家から横浜港は、ほんのすぐ目の前に見えているのに、です。
港に停泊している船の大きさや数、また風向きによって違ってくるのでしょうか。
ここ数年はバッチリ聞こえているのですが、油断はできません。
寒い思いをしながらベランダでスタンバイしても、空振りになってしまう可能性だってあるのですね。
もう、ドッキドキなんですよ。

10分も前から三脚にビデオカメラをセットして、0時になるのを今か今かと待ちます。
5分前には録画ボタンを早めに入れてスタンバイしていると……やったね!
今年もちゃーんと除夜の汽笛が鳴らされていたのでした。

ということで、今年も昨年に引き続いて、ビデオカメラで撮影した「除夜の汽笛」の様子をYoutubeにアップしました。
画面では、八景島シーパラダイスで打ち上げられている花火を狙っています。
最初に花火が打ち上がり、その後しばらくして港に停泊中の船が次々に汽笛を鳴らしていきます。
動画は1分ほどで切っていますが、船によっては何度も鳴らしているのか、なかなか鳴り止むことはなく、結局は汽笛が鳴らされている時間は10分近くになりました。

そういえば去年の動画は「秘密のケンミンSHOW」でも紹介されたそうですね。
夜の闇の部分がノイズでザラザラなので、これが地デジのキレイな画質にどのように映るのか心配で、今年はうまく撮ろうと思ったのですが……機材が一緒なので、画質も一緒です。

扇橋閘門のなかを見学してきました

江東区を流れる小名木川にある「扇橋閘門」が、夏休み期間中の土曜・日曜に一般開放され、なかを見学できるのだとか。
そう聞くと、もうガマンできません、オトナの社会見学をしに行くコトにしました。
去年も夏休み期間に一般公開されたのですが、なかなか行くタイミングが合わず、悔しい思いをしていたんですね。
それが1年越しにして、ようやく願いが叶いました。やったね!

この扇橋閘門へは陸上から行くことができるのですが、せっかくなのでニューポート江戸川でボートを借りました。
小名木川沿いに防災桟橋が設置されていて、見学者はそこを使うことができるのだそうなんですね。
ということで、隅田川経由で小名木川に入り、いざ、扇橋閘門へ……。

ところが、その閘門の手前に「新高橋」という橋があるのですが、ここがなかなかのデインジャラスさ。
小名木川には、他にも橋が結構掛かっているのですが、この橋だけメチャクチャ低いのですよね。
「高橋」というのに、低いとはこれいかに……なんて冗談を言っている場合ではありません。
時刻は満潮をもうすぐ迎えようかというところ、日よけの付いたボートで危なかったのですが……ひぇぇぇ。
あと何センチ、というところで、なんとかギリギリ通り抜けられました。
帰りは、もう絶対に通り抜けることはムリです。

ちなみに、この「大富橋」の向こうに見える低い橋(水色の水道管よりまだ低い)が、「新高橋」です。
大富橋を越えると、鬼のように低い新高橋が待ってます

そんなハプニングを乗り越えながらも、見えてきましたよ、扇橋閘門の赤い水門。
扇橋閘門に到着

手前にある防災桟橋にボートをつけようとすると……おお。
なんと丁寧なことに、わざわざ職員の方が出てきてくれたのですよ。
「出迎えまでしてくれて、なんてステキなサービス!」とか思っていたら、ありゃりゃ。
このあとに観光チャーター船が来るので、桟橋がいっぱいになってしまうとのこと。
ここの防災桟橋はかなり小さめで、チャーター船が来てしまうと、もういっぱいいっぱいなんです。
普段、防災桟橋を利用しての見学者はなかなかいないそうですが、スカイツリーが開業してからは観光チャーター船がよく利用するそうです。
とりあえず観光チャーター船が来てからどうするか考えましょう、ということでボートを留め、見学に行って来ました。

水門横の建物におじゃますると……スッゲー!
扇橋閘門は何度も利用して、その水門を下からはよく見上げていたのですが、上からの角度で見下ろすのは初めてです。
上から扇橋閘門の水門を見下ろすのは初めて

ここで、すでに陸路からやってきていたお客さんたちと一緒になって、職員の方からの説明を聞きます。
扇橋閘門が設置された理由とか、とっても丁寧に教えてくれるので、プチブラタモリ状態が楽しめますね。
職員の方から、閘門の働きや設置された経緯などを丁重に説明していただきます

もともと小名木川は、江戸時代に隅田川と荒川をつなぐため造られた人工の河川(運河)なんですが、周辺地域が高度経済成長時代に地盤沈下してゼロメートル地帯となったため、川の水位の方が高くなってしまったんですね。
そのため洪水がたびたび起こるようになったので、治水のため内部で水位を低くしようと、そのため設置されたものです。

そういった理由により、隅田川から荒川に向かおうとすると、この扇橋閘門で一度水位を低くされて小名木川に入ります。
そして、その先の荒川ロックゲートでまた水位を高くしてもらってから荒川に出ていくという仕組みになっているんですよね。
江東区は地盤沈下のため、内部河川では無理やり水位を下げています

操作室のなかにもおじゃましました。
おお、なんか機械がたくさんあって、もうこの雰囲気だけでもすげー。
扇橋閘門の操作室内部

水門の操作は、船が実際に来ない限りはしないそうです。
ただし今回は一般公開のため、特別に「どのようにして操作を行うのか」実演してくれるとのことです。
これから閘門の稼働を実演していただけます

なるほど、今まで「どうして船が来たことが判るのかな」と思っていたのですが、水門前だけじゃなくて、川の途中途中にも監視カメラが設置されているので、「船が来ているな」ということが早くから判るそうなんですね。

そうこうしているうちに……ああ! 観光チャーター船が来ましたよ!
閘門の動きを実演で見せてくれるはずだったのですが、本当の業務として行うことになりました。
実際に船が入ってきたので、本来業務として閘門を稼働させます

水位を調整中の閘門のなかでは水がこのように渦巻いています。
これは実際に水を入れて、水位を高くしているところですね。
こうして上から見ると、噴きだした水の勢いが強そうなので、ちょっとコワイ……。
(いつも利用中のときは、そんな気にならなかったのですが)
水位上昇中の閘門内部の様子

いやいや、ぼくはそれどころじゃないのです。
桟橋に降りて、チャーター船のお客さんを上陸させるためボートを移動させます。
お客さんを降ろした船長さん、「見学終わるまでは、ボートを桟橋につけていて構わないよ」とのこと。
ありがとうございます!

そんなわけでチャーター船のお客さんも合流して、一緒に見学することになりました。
ギャラリーがスゴイ。
一気に人が増えた操作室内

そのなかで職員さんが閘門を操作するところを写真に撮ろうと、ギャラリー最後部から必死に伸び上がっているぼく……。
ちゃっかりと横から撮られてしまっていました。
ヒャー、これは恥ずかしい。
ギャラリーの最後部から、閘門を操作しているところを撮ろうとしているぼく

ひと通り見学したところでフト気がつくと、あ、やばい、もうレンタル時間が終わりに近づいています!
ということで、急いで戻ることにしました。
といっても、今がまさに満潮時間を迎えていたので新高橋を通り抜けることはできないし、またせっかくだから、閘門を利用して行くコトにしました。

ところで水門をくぐるときは、その日がどんなに快晴でも雨傘やカッパを用意したほうがいいんですよね。
というのも、水門をくぐるとき、上から水滴が滝のように落ちてくるからなんです。
扇橋閘門を通過する観光チャーター船には、どうやらビニール傘が備え付けられているようですが……。
閘門を通り抜ける際には、傘が必需品

この上から落ちてくる水滴は、てっきり水門の川の水が落ちてきているのかと思っていたのですが……いえいえ。
水門を洗い流すように水道水を掛けている、その水なんだそうですよ。
だから、川の水を直接浴びることにはならないのでご安心ください、ということだそうです。
なるほどー。

水門のなかに入って水量調整が始まるのを待っていると……おお、ポツリポツリと見学者が様子を見に出てきました。
閉ざされた水門と、操作室から出てきたギャラリーたちと
これはなんだかプレッシャーですね。
ここで操船ミスして、船をぶつけたりしようものなら、いい笑いものなんですから。
ギャラリーの皆さんがより印象深く覚えておいてもらうよう、こちらも素晴らしい実演をお見せしましょう……たぶん。

……ということで、なんとか操船を失敗して笑い者になることもなく、無事に水門をくぐり抜けました。
このまま小名木川の内部を経由して荒川に抜け、そこからニューポート江戸川に戻ることにします。
開かれた水門と、小名木川の内部と

最後に、ご参考までに以前のクルーズのときに撮影した扇橋閘門を通過する様子の動画を再掲しておきますね。

「横浜スパークリングトワイライト」花火大会

横浜三大花火大会のひとつ、「国際花火大会」がいつの間にか終了してしまっていて、ありゃりゃ。
……とか思っていたら、いつの間にか別の花火大会が始まっているみたいなんですね。
その名も「横浜スパークリングトワイライト」って……全然花火大会を想像させる名前じゃありません。

しかしこの「横浜スパークリングトワイライト」のいいところは、土日の2日間も行なってくれることなんですよね。
実は、昨日の土曜日もちゃんとみなとみらいの海の上でドンパン打ち上げが始まったのはいいのですが、どうやらこの日は花火大会の当たり日だったようなんです。
みなとみらい以外にも、鶴見川でも次々と大輪が打ち上げられるし、多摩川方面なんて川崎と世田谷区の2ヶ所同時開催だし、あとは、あれはどこだろう?保土ヶ谷か戸塚か……、とにかく、どこを見ていいのかよく判らない事態になっちゃって、さあ大変。
「二兎追うものは一兎をも得ず」のことわざ通り、三脚も用意せずに手抜き写真を撮ろうとしてしまったバチがあたったからか、ひどいブレブレ写真ばかりになってしまい、キャー!
手抜きをしようとするからブレブレ写真しか撮れませんでした

そんな訳で、今日はちゃんとベランダに三脚をセットしてのリベンジです。
このリベンジができるのが、2日連チャンでの開催のいいところなんですね。
いつ打ち上げられてもいいように早くからベランダでスタンバイしていると……19時45分、いよいよドンドコドカドカと打ち上がりはじめました。
2日目の今日はバッチリ撮ることができた「横浜スパークリングトワイライト」の花火

ヒューッと火の玉が空に向かって上がるたびに、連写状態のカメラでカシャカシャ、パシャパシャと写真を撮ってしまうものだから、ご飯なんて食べている余裕はまったくありません。
結局、最初から最後までずっとベランダに居座り続けてしまっているのでした。
といっても、20分程度だったんですが……。
2日目の今日はバッチリ撮ることができた「横浜スパークリングトワイライト」の花火

とは言うものの、終わってみると「あれ? そんなに結構短かった?」と、不思議に思えるほど、お腹いっぱい感が味わえます。
これってきっと、間髪をおかず次々と花火が打ち上げらる演出がよかったのでしょうね。
見せ方は、大事です。
2日目の今日はバッチリ撮ることができた「横浜スパークリングトワイライト」の花火

ということで今回はバッチリ、先日の神奈川新聞花火大会のときのように煙で隠されてしまうこともなく、最後まで打ち上げられた大輪を撮影できました!
2日目の今日はバッチリ撮ることができた「横浜スパークリングトワイライト」の花火 2日目の今日はバッチリ撮ることができた「横浜スパークリングトワイライト」の花火
2日目の今日はバッチリ撮ることができた「横浜スパークリングトワイライト」の花火 2日目の今日はバッチリ撮ることができた「横浜スパークリングトワイライト」の花火

ページ/26ページ |次のページ最終ページ