ページ/3ページ |次のページ最終ページ

東京駅のお披露目……にはまだ早かった

会社からの帰り道。
東京駅の前まで来たところ……おお!
これは素晴らしい!
10月1日の開業を前に、もう今日から駅舎がライトアップされてるのですね!
再生東京駅の試験ライトアップ
CANON PowerShot G11

……と思ったら、ありゃりゃ。
まだ試験点灯らしいです。

フィルムで撮ったむかしの写真を整理中

もう大昔に撮った写真のフィルムを整理してるのですが……なんですか、これは。
そもそもが写真を撮ったときにメモなんて全然しないものだから、シャッタースピードや絞りといった撮影データはもちろん、いつ撮った写真なのかすら全然判らないのですよね。
判っているのはフィルムの種類だけ……と思いきや、フィルムのパーフォレーションのところ(フィルムの孔のところ)には会社名は書いてあっても、商品名なんて書いてないから、やっぱり判らないや。
たぶん1990年前後の初夏ごろ?
MINOLTA α7700i / AF ZOOM 35-105mm F3.5-4.5 New
KONICA COLOR GX 200

そう考えたら、撮影データが勝手に写真のなかに埋め込まれるデジカメって本当に便利なんですねえ。
ぼくのように、メモを取るのがめんどくさいと思うような“ものぐさな人”がデジカメに撮影データを埋め込むことを考えだしたのかしら。

いつの時代の写真か判断するとすれば、やっぱり被写体の中から探し出すしかないんですよね。
この写真だと、写っているお姉ちゃんたちから判断すると、少なくとも、トレーナーを着て、シャツインをして、ロングヘアーが流行っていた時代ということです。
トレーナー&シャツイン&ロングヘアー
MINOLTA α7700i / AF ZOOM 35-105mm F3.5-4.5 New
KONICA COLOR GX 200

しかしもうこのあたりの写真になると、何をしてるところを撮ったのか全然覚えてないのですね。
皆、何をのぞき込んでいたのかしら。
(卒業旅行で行ったニュージーランドの写真なんだけど、場所もどこだったか……)
皆はいったい何をのぞき込んでいたのか
MINOLTA α7700i / AF ZOOM 35-105mm F3.5-4.5 New
FUJIFILM RD

デジカメだと撮影データはもちろん、GPSで撮影場所まで記録してくれるので、ある程度の情報はあとになっても引っ張り出せますが、さすがに「何を撮ろうとしていたのか」までは、いくらデジカメ社会になっても記録することはできませんよねー。
そう思ったところで、ああ、そうか。
デジカメだと、撮影枚数を気にせずパシャオシャ撮りまくることができるから、その前後のコマからある程度、「何があったのか」ということは推測することはできそうですね。

そう考えると、1本36枚という制限があったフィルム時代は色々と不便だったようです。 (ただその当時はそれが普通でしたから全然「不便」という思いはなかったのですが)

駅構内でお祭りワッショイ

東急東横線の菊名駅で横浜線に乗り換えようとしたら、何やら改札の外から騒がしい声が聞こえてくるんです。
すわ!事件か!と急いで改札まで様子を見に行ったら……なんという事でしょう。
駅のコンコースでお神輿ワッショイやってるところだったんですよ。
菊名駅のコンコースでお神輿ワッショイ
CANON PowerShot G11

調べてみたら、菊名駅の近くにある菊名神社というところで行われるお祭りなんだそうです。
その一環で、お神輿が毎年菊名駅の構内までやってきて、こんな風にワッショイやってるみたいですね。
お神輿がやってきたいいタイミングで乗り換えをしたのでした。

駅前のネコトラップ

あれ? 偶然なんですが、昨日と今日、ネコネタが続いています……。

今日は、ぼくが幹事としての集まりがあるため、駅に急いでいたんですよ。
もうね、遅刻ギリギリなんです。
ヤバイのです、ヤバイ。幹事として遅刻するわけにはいきません。

もうあとちょっとで駅、もうすぐ電車が来るけど、なんとかぎりぎり間に合うかしら……と思ったところで、ウワオゥ!
駅前の草むらから、シマネコがミャーミャーいいながら姿を現れたんですよ。
駅前の美人ニャンコ
CANON PowerShot G11

ちょっとちょっと、待ってくださいよー。
今日、ぼくは幹事なんです。
しかも時間は遅刻ギリギリなんです。
電車に乗り遅れるわけにはいかないのです。

…。
……。
………。
…………。
たまりません!

こんな美人のシマネコなんて見てしまったら、急いでいる足も停まってしまいますって。
試しに挨拶をしようとしゃがんでみたら……ウヒャアア!

ネコ、まっしぐら。
駅前の美人ニャンコ、駆け寄ってきてくれました
CANON PowerShot G11

もうあとはモフり放題なんです。
ああ、なんて至福のひととき。
モフらせ放題の駅前の美人ニャンコ
CANON PowerShot G11

結局、電車1本乗り遅れてしまいました。
幹事失格で、スミマセン。
(でも後悔はしていない ← ダメです)

夜のネコだまりにて

住宅街のなかにあるネコ溜まりを通りかかると、久々にニャンコたちが集まっていたんです。
ニャンコの集会に遭遇するのは久しぶり!と、そろそろ近寄っていくと……アレ?
なにやら、街灯の光が届かないところで、黒くてこんもりとした塊があるんですよね。
いったいあれは何……と近づいていくと、おお!
暗闇に溶け込んでいた黒ネコじゃないですか。
しかしコヤツはなかなかイイヤツで、「写真撮っていいわよ」なんて言ってくれるじゃないですか。

もうね、そういわれると、遠慮なんてしていられません。
ありがたーく写真を撮らせてもらったのですが……おおう。
暗闇のなかの黒ネコちゃんという最悪の状況では、3世代も前のコンデジでは、これが限界だったのでした。
暗闇に溶け込む黒ネコ
CANON PowerShot G11

ページ/3ページ |次のページ最終ページ