2年ぶりの島田荘司サイン会(南雲堂)

『島田荘司全集』第5巻の発刊を記念しての、御大のサイン会に参加してきました。
会場は、出版元である南雲堂です。
……が、あれ?
島田荘司サイン会会場であるはずの南雲堂

表のシャッターが閉じられていて、どうも人の気配が感じられないのですね。
雰囲気からして、もう完全に“お休み体制”のビルなんです。
会場って本当にここでよかったんだっけ? 間違って違うところに来ちゃってない?などとビビってしまう小心者なオレ。
しかしよくよく見てみると、ビルの前にこんな張り紙が。
「島田荘司先生サイン会会場」

確かに「島田荘司先生サイン会会場」と貼りだされています。
よかったー、会場を間違えてはいなかったようです。
(しかし、なぜこんな見えづらい自動販売機に……)

前回参加したのは、2009年の第3巻発売記念時のサイン会だったのですが、このときは1人あたりの対応時間が長引き、ぼくの場合で6時間待ち、最終的には打ち上げ会場でもサイン会が続けられたという伝説が残されました。
今回はそういった事態を避けるため、「1人4分」という時間制で行われるそうです。
なんだかAKB48の握手会みたい。

閉ざされたシャッター横の入口から恐る恐る1階の奥に入り込み、「営業部」と書かれたドアを開けると……おお。
確かに社員の方がスタンバイされていました。
受付を済ますと、まだ時間があるということで、どこか懐かしい感じのする応接室でスタンバイ。
南雲堂の応接室は、どこか懐かしい感じがします

やがて順番が来たということで、4人1組のグループで階上にある「総務部」に移動します。
この扉の向こうに御大がいらっしゃるのですね……。
もう、そんなことを思っただけで心臓が破裂しそうな勢いでバクバク、ドキドキ。
この扉の向こうに、御大がいるかと思うと……

そしていよいよぼくの順番がやってきました。
ドキドキしながら、おそるおそる「失礼します」と部屋の中に入ると……おお……。
そこにいらっしゃった御大、にこやかに迎え入れていただきました。

まずは全集にサインをさらりさらり。
『島田荘司全集』第5巻へのサイン

続いて、長年の夢だった『占星術殺人事件』の初版本も取り出します。
これは、まだ主役2名の名前が「御手洗清志」と「石岡和美」となっているお宝本なんですね。
こちらにもサインをいただければ……と恐る恐る差し出すと「いいですよ」。
気軽にさらりさらりとサインしていただきました。
おお、なんて夢のような出来事なんでしょうか!
『占星術殺人事件』初版へのサイン

このあと「4分間」のフリータイム。
なんでも質問がOKとのこと、どうしても気になっていた『写楽 閉じられた国』について聞いてみました。

この作品では、メインテーマである“東洲斎写楽の正体”については、思いがけない人物が挙げられてての解決で終わるのですが、ただ、登場人物が非常にナゾのセリフを残していて、メチャクチャ中途半端なところで終わっているのですね。
これはきっと続篇があるに違いないけど、写楽の正体が判明したとなると、どういう展開に?と質問したのです。

すると、もともとこの作品はかなり古くから暖めていたテーマであり、ようやく書けることになったから執筆したところ、かなりの長さになってしまったので削ったとのことでした。
だから、現代篇でも本当はもっとストーリー展開もあったようなんです。
なるほど、そういえば「あとがき」でもかなり長くなったのでかなり削ったということを書かれていましたよね。

続きとしては、本当は“写楽”の正体の人の“その後”を書きたいとのこと。
しかし、その調査を行おうとしても資料がほとんど現存しておらず、まったく難しい状態なのだとか。
そのため、現代篇での登場人物のその後の展開も含め、『写楽』の続篇を書くのは難しい……とのことでした。

この話をしている途中で、「4分間」のアラームが鳴ったのですが、御大は「まあ、そういうことで」などと切り上げることもなく、丁寧に説明をしていただけるので、横でついていた出版社の方もちょっと焦っているようで、申し訳ないやら嬉しいやら。

最後には、恒例となった御大とのツーショット写真です。
御大とのツーショット写真 手を前で組んで、まったく同じポーズとっていますが、これは偶然です。
御大とシンクロしていたのですな(←なんと不敬なことを……)。