極私的「神戸港ぶらりクルーズ」、ふたたび

ゴールデンウィークは実家に帰省して、甥っ子の皐月(ミニチュアシュナウザー、2歳)と遊んできました。
ゴルゴ風味の鋭い目つきは、なんでなんでしょうか、和らぐことなく、相変わらず健在なんです。
これでまだ2歳なんですよね……それでもう家族を震え上がらせるとは、なんという恐るべきワンコなんでしょうか。
ゴルゴ風味の目つきをしたミニチュアシュナウザー(2歳)

しかし、そんな目つきに怯えるぼくではありません!
「遊ぼうぜぇ」「遊ぼうぜぇ」としつこく追いかけまわすぼくに、この甥っ子は「もうイヤン」と思われちゃったのでしょうか。
最初はシッポをちぎれんばかりに振りまくって熱烈歓迎を示していたはずなんですが、段々とその思いが薄れてきているようです。
こりゃイカン……と思いつつも、家のなかにいるとついついちょっかいを掛けてしまうので、お出かけしてきました。

実家から最寄りのマリーナである「新西宮ヨットハーバー」に行って、ボートを借りちゃいましたー。
去年の夏に引き続き、今年も極私的「神戸港ぶらりクルーズ」の旅に出発です。
前回もこのマリーナでボートを借りて、同じように神戸港クルーズをしたのですが、そのときは航路を確認するぐらいで、あまりゆっくりと港の光景を楽しむことはできませんでした。
今回はそのリベンジですよ。
ゆっくりと港を回って、バッチリと楽しんできたんです。

マリーナを出ると、やっぱり気になってしまうのは、海上自衛隊の基地なんですよね。
関東で海上自衛隊の基地を見ようと思ったら、横須賀まで行かないといけませんが、西宮でボートを借りると、すぐ真横の神戸に基地があるので、クルーズがてら護衛艦を眺めて楽しむことができます。
海上自衛隊の基地に停泊中の護衛艦
思い切って、去年より近寄ってみました。
怒られないか、テロリストに間違えられて拿捕されないか、もうドキドキです。

海上自衛隊といえば、普段はなかなかその姿を見ることができない潜水艦も、造船所のドック入りしているところをバッチリ見ることができるんですよね。
ということで、まずは川崎重工の造船所で、こちらから。
ちょこんと申し訳程度に顔を覗かせている感じです。
ドック入り中の潜水艦

この隣に浮きドックがあるのですが、去年と違って、今年は透けていないカーテンがすっぽりと掛けられてあります。
スパイ対策でしょうか。
が、よくよく見てみるとなんとなく形が見えているような……。
カーテンの奥には、大きそうな潜水艦のような影が……
結構大きめの潜水艦のようですよね。

その川崎重工のお隣には、三菱重工の造船所があります。
ここにも、潜水艦がありますね。
隠されていない潜水艦の隣のドックにはカーテンが掛けられてあるのですが、ここから透けて見えるのは……何やら巨大な「✕」印。
これってひょっとして、後尾なんでしょうか。
それにしても、デカい!
こちらもカーテンの奥には巨大そうな潜水艦の影が……

このドックの横にも、上がちょこっと見えている潜水艦があったので横から見てみると……うわあ!
カーテンに隠されていたはずの潜水艦が丸見えなんです。
いいのでしょうか……。
カーテンで隠されているはずの潜水艦が丸見え!
それにしても、これはかなりデカイですね。
川崎重工といい、三菱重工といい、どちらも大型の潜水艦がちょうどメンテナンスの時期で重なったのでしょうか。

その他にも、ポートタワーの鯉のぼりを眺めたり、
ポートタワー屋上には鯉のぼり

見学会実施中のピースボート脇を通って、皆に手を振ってみたり、
見学会実施中のピースボート

と思いっきり神戸港を楽しんだ3時間、クルーズルートとその他の写真はこちらからどうぞ。

より大きな地図で 極私的「神戸港ぶらりクルーズ」 を表示