野毛山動物園で「営業部長」任命式と、大桟橋で初入港のシー・プリンセスと

---------- 8< ---------- 8< ---------- 8< ---------- 8< ---------- 8< ---------- 8< ---------- 8< ----------

今年は何の準備もしていませんでしたので、エイプリルフール企画はありませんです。
いえ、そういうエイプリルフールじゃなくて、本当に何もないんですってば……。

そんなぼくですが、「95」からの長きお付き合いだったWindowsとついに決別して、Mac(MacBook Air)を買いました!
やったね!
ただ、マウス操作がどうしてもWindows流に染み付いていて、もうイヤンってなっちゃいます。
意外と「右クリック」って便利だったんだなー、と……。
Macって、マウス操作だけでどうやってメニューとか出すのか、四苦八苦してます。

そんな、エイプリルフールネタは何もなく平穏無事だった今日という1日。

---------- 8< ---------- 8< ---------- 8< ---------- 8< ---------- 8< ---------- 8< ---------- 8< ----------

お出かけしてきました。
前日の「春の嵐」から一転、ウソのようにいいお天気が朝から広がっていたので、カメラを持って野毛山動物園までゴウ。
今日のお供は、いつものデジカメに加えて、この子です。
新しいお供、CANON F-1

住宅街をトコトコと駅まで歩いていると、おお……。
すごいメヂカラのニャンコが「んんだよー、日向ぼっこの邪魔するなよー」と睨んできました。
日向ぼっこの邪魔するなと怒られてしまいました
ひぃ……ごめんなさい。

ちなみに横浜には他にズーラシアとか、あとは東京の動物園の定番、上野動物園とかありますが、やっぱりウチからとなると、野毛山動物園がいちばんの近場になるんですよね。
しかもここは、なんといっても入園無料なところがいいんです。
ゲートには券売所みたいなブースがあるんですが、構わずにそのままくぐれるところが嬉しいんですよね。
(「ホントに通れるかな?」という緊張感と、「ホントに通れた!」という嬉しさで、写真を撮るのをすっかり忘れていました)

入場してトコトコ歩いていると、うああ! いきなりのレッサーパンダ!
しかも近い!
野毛山動物園のレッサーパンダ

上野動物園でもレッサーパンダを見ましたが、なんというか、あそこは「厳重に保護されている」という感じなんですよね。
しかしこちらは近いんです、近い。レッサーパンダまであと少し。
だから心いくまでレッサーパンダを眺めていることもできるんですね。
しかしこのレッサーパンダは、悪い顔してるな……。
悪い顔してるレッサーパンダです

続いてはライオンです。
こちらも心持ち、オリが近いんですよね。
恐る恐る覗いてみると……あれ?
ライオン、お昼寝中でした。
ライオンなのに、可愛い顔してお昼寝中

代わりに、その隣りのオリにいるトラがずっとウロウロしていて、我々にその姿をよく見せてくれてます。
改めてよくよく見ても、「トラ」という動物ではなく、「顔が異様にデカイ巨大なネコ」という感じなんですね。
顔のデカいトラネコのようにしか見えなくなったトラ

ヤル気がないのはクマ。
なんですか、この野生のカケラも感じさせられない怠惰な寝姿……。
でもそこがまた可愛いんですけどね。
ヤル気のないクマ

キリンの広場に行くと、ちょうどお昼ごはんの時間でした。
キリン、ご飯中
背の高いポールの先に葉っぱ付きの枝をぶら下げて、キリンが食べやすい高さに調整されています。
それまではボーッとしていたキリンたちも、枝がポールの先にくくりつけられると「お、メシだ、メシだ」とスゴイ勢いで駆け寄ってきて、ムシャムシャ。
メッチャいい表情で撮らせてくれました。

さてそんな野毛山動物園のメインマスコットは、フタコブラクダの「ツガル」さんのようです。
このツガルさん、年齢が推定36歳ということで、人間で言うと軽く100歳オーバーのおばあちゃんなんだとか。
このツガルさん、新聞でお悩み相談を受け持っていたり、テレビに出演したりと、結構活躍しているそうです。
そのため、4/1の新年度スタートに合わせて、野毛山動物園の「営業部長」という辞令が出され、その任命式が行われていました。
ツガルさんの営業部長任命式

辞令を持ったこの方が、野毛山動物園の園長さんなのだそうです。 ツガルさんはというと、辞令に興味津々のご様子。
園長が持つ辞令に興味津々のツガルさん

園長さんからツガルさんに辞令を渡そうとすると……ああ!
園長からツガルさんに辞令が渡されます

大切な書類を、このツガルさん、なんと食べちゃいました!
おばあちゃんだというのに、なんてアナーキー! パンクロッカーもビックリですよ!
ツガルさんは辞令を食べちゃいました
でも大丈夫です。
この辞令、実は飼育員のお姉さんが小麦粉でつくった特製で、文字もゴマペーストで書かれたものだそうです。

辞令が無事、ツガルさんの胃の中におさまったところで、記念のくす玉割りです。
しかし……あれ? ツガルさんがどんなに引っ張っても、くす玉は全然割れません。
割れないくす玉

焦るお姉さんと園長さん。
園長さんもツガルさんのお手伝いをしますが……。
園長が手伝ってもくす玉が割れません
やっぱりくす玉は割れません。

飼育員のお姉さんと園長さん、そしてツガルさんの3人がかりで引っ張って……
3人がかりでくす玉を引っ張ります

ようやく割れました!
ようやく割れました!

しかし他の動物は、飼育員が説明するときは「トラ」とか「ライオン」とか、動物の種類でしか呼んでいないのに、このフタコブラクダだけは「ツガル」さんと、名前で(しかも“さん”づけで)呼ばれているんですよね。
なんというか、動物園だけでなく、お客さんからもメッチャ愛されているキャラクターのようです。
(そう思うと、なんだか本当に優しいおばあちゃんのように見えてくる不思議)

野毛山動物園といえば、園内で放し飼いのクジャクも、見逃せませんね!
どこにいるかな……と探していたら、なんだ、クジャク本来の場所にいるではありませんか。
しかし来たタイミングがよかった……ちょうど求愛中のところだったんですね。
キレイな羽を広げて、メチャナイスー。
(子供の頃は、この目玉みたいな模様が怖かったものですが……)
羽を広げて求愛中のクジャク

このあとは、できれば「ふれあい広場」とやらで、ハツカネズミやモルモットとも遊びたかったのですが……なんですか、この人、人、人。
子供たちに混じってオッサンが一人占めしちゃうのはとても申し訳ないので、遠慮してきました。
ふれあい広場は人で溢れかえっていてオッサンは自粛

野毛山動物園をこのあとは大桟橋までプラプラお散歩してみました。
象の鼻パークまで来てみると、「ナンジャコリャ!」。
大桟橋に大型客船が停泊中
いつも「大きいなぁ」と思っていた飛鳥IIが小さく思えるほどにデカイ客船が大桟橋に停泊中なんですよ。
(その手前のロイヤルウイングなんて、まるで小さなボートにしか見えません)

「シー・プリンセス」号という豪華客船なのだそうで、今回、横浜に初入港したそうです。
これだけ離れて見てもデカイのですから、すぐ傍まで寄ってみると、その大きさにはもう圧巻されます。
何しろ、全長261mということですから……ランドマークタワーと同じような大きさなんです!
(ランドマークタワーは296mですが、まあ30mは誤差ということで(笑))
シー・プリンセス号はあまりに巨大なので、すべてを写し込むのはムリです

大桟橋上では、間近でシー・プリンセス号を見たり、写真を撮ったりする人たちで鈴なりです。
シー・プリンセス号を見ている人たち

フト見上げると、操船席があると思われるフロアの窓から、こちらを見下ろしている船員さんがいました。
ひょっとして船長さんかしら……?
気付いてもらえるかどうか判りませんが、一応「おーい」と手を振ってみました。
これで気付かれなかったらメッチャ恥ずかしいぜ……。
すると……ウヒョウ!
なんと、カッコよくサムズアップ(通称:「グッジョブ!」)で応えてくれたではありませんか!
やったね!
カッコよく応えてくれたシー・プリンセス号の船員たち

何やらオシゴト中の作業員も、このとおり。
なんていい笑顔なんだ。
何やらオシゴト中の作業員もいい笑顔で応えてくれました

やっぱり、アレですな。豪華客船ともあれば、船員は皆、ジェントルマンということなんでしょうね。
いや、他の船のことはよく知らないのですが……(←オイ)。