水陸両用バスで東京タワーとレインボーブリッジを見に行った

大阪で以前、どうみてもバスが川の真ん中をプカプカ浮かんでいているところを見て、「ウワワ、事故でバスが橋から転落したのかしら!?」と思いっきりビックリさせられたことがあったんですね。
まあ実は、これが水陸両用バスを使った新しい大阪の観光ツアーだったんですが。

今回、東京でもそういった観光ツアーの実現を目指して社会実験が行われるとのことで、参加させてもらいました。
こちらが、その水陸両用バスです。

車体は思いっきり普通のバスという感じなんですが、タイヤ部分が妙に内側に入り込んだ感じで、バランスが悪く感じます。
なんというか、下半身が細い感じ?

このバスを後ろから見てみてみると……おお。

真ん中に堂々とプロペラが付いていますね。
道路でこのバスの後ろについたクルマは、目の前にプロペラがあるのでビックリすること間違いありません。

またバスと違って船でもあるわけですから、喫水線より下にドアを付けるわけにはいきません。
当然、入口はメチャクチャ高い位置にあるわけで、乗り降りは、飛行機のようにタラップを使って行うことになります。

バスの中はこのようになっています。

2列ずつ座席があるので、やっぱり普通のバスみたいですが、これ、窓にはガラスがまったくないのですね。
吹きっさらしなので、天気が悪かったら雨風がモロ直撃です。
冬だってメチャクチャ寒そうです……。
あ、でもボートに乗って、デッキにいると思えば別にこれが当たり前か。
さいわいにも、今日はメチャクチャ天気がよくて、気温も暖かい!
そんな訳で、窓ガラスのないバスは、まるで窓を全開にしているかのような、そんな気持ちいいクルーズとなりました。

浜松町バスターミナルを出発すると、本場関西からやってきた関西弁バリバリのガイドさんが、東京ディスニーランドのジャングルクルーズさながらに面白おかしく我々をナビゲートしてくれます。

バスはまず陸路を東京タワーに向けて進みます。

毎日見掛ける東京タワーですが、こうして観光バスから見上げると、なんだか観光中の旅行客みたいな気分になりますね。
何というか、見慣れた東京タワーではなく、初めて見たかのような目新しささえ感じるのです。
いいです、いい。メチャクチャいい。

やがてバスは品川を超え、普段は関係者以外立ち入り厳禁の「みなと清掃事務所」までやってきました。
ここに、海に入ることができるスロープがあるんですね。

何だこれ……と調べてみました。
goo地図でこのあたりを見てみると、昭和22年や38年の航空写真では造船所のあることが確認できます。

バスはこのスロープからゆっくり、ゆっくりと海に入っていくのかなと思ったのですが……いえいえ。

海を目前にしたところで、まずはストップ。
そして皆でカウントダウンし、その合図と共にスゴイ勢いでバスは海に突っ込んでいくんです。

ザバーン!

考えてみたら、ゆっくりソロソロ海に入っていっていたら、波に押し流されたりしてかえって危険ですからね。
また浅瀬を離れない限りはプロペラを使うことができませんので、惰性で深いところにまで行く必要があります。
そのため、思いっきり勢いをつけて海に突っ込んでいくのですね。

バスが海に入るところは動画にも撮影して、いつものようにYoutubeにもアップしました。 あわせてこちらもご覧ください。

こうしてバスが海に入ってしまうと……うーん、どうもいつもの見慣れた光景になってしまうのですね。

なんというか、非日常の世界から日常の世界に戻ってきた感じで。
しかし、よくよく見てみると、波を切る船体はまぎれもなくバスの車体なんですね。
サイドミラーにはドライバー……もとい、船長が、車体前部を映し出すフロントミラーには海面が写り込んでいるんです。

乗り心地もとてもいいので、フトすると、ついいつものような「船に乗っている感覚」になるのですが、これ、外から見るとプカプカ浮かんでいるバスに乗っているんですね。
ちょうど僚船と行き交いました。
こんな感じなんです。

なんだか、ちょっと深めの川をザブサブ進む逞しいバスのようですね。

反対に海から陸に上がるところも、実は大変なようです。
スロープから上がるのに、動力をプロペラからタイヤに切り替えなければならないんですね。
そのときの動画がこちらです。

ガイドさんが「1度で上がることができました」と言ってますねー。
ということは、やはりタイミングが悪かったり、海の状況次第では、やり直したりすることもあるのでしょうか……。

陸に上がると、すぐさま高圧スプレーで車体下を洗います。
そうかー、海水だもん、融雪剤が巻かれた雪道の比じゃないから、すぐ洗い流さないとエライことになっちゃいそうです。

こうして陸に上がった水陸両用バス、やっぱり下半身が細すぎて笑っちゃう格好をしてますね。
ここでも僚船と行き交い……もとい、同僚バスとすれ違いました。

向こうからみても、こっちはこんなバスに乗っているんですね。
そりゃ皆が注目するはずだわ。
クルマなんて見慣れているはずの道路工事中のオッチャンたちも、思わず手を止めてこっちを見いっていました。

こうしてあっという間に過ぎ去った90分間の「東京ダックツアー」、今日の水陸両方のルートはこのようなものになりました。

今回体感してみて感じたのは、やはり「バス」であり「船」である、という“変わった乗り物”を体験できるのが面白い。
もともと「旅行」「観光」って、非日常的なものを体験するものだから、その方法が更に非現実的なものだったらワクワク感は倍増すると思うのですね。
これはまた乗りたいと、ぼくは思ったのでした。

ただし、今のところバスを海に侵入させることができるスロープが、そんなにあちこちにあるとは思えません。
そうすると、どうしてもツアーを行うコースが画一的になりかねず、オープン当初は物珍しさから利用者が多く来たとしても、徐々に飽きられていく可能性も高くなると思うのですね。
そうしたときに、どのようなアイデアを出せるか、継続させることができるのか、そこにカギがあるような、そんな気がしてなりません。

ぜひぜひ新しいスタイルの観光ツアーとして定着してもらいたいものです。

【その後の追伸】
師匠の1人であるmechapandaさんが、今日のツアーを完全版として動画で公開されていました。
特に、バスが海に突っ込むところと海から上がるところは、ドライブレコーダーのように運転席視点でも撮影されていて、迫力あるシーンを見ることができます。
さすが、師匠……。

イルカの「なごり雪」とちあきなおみの「喝采

ぼくが学生だった頃って、卒業式定番ソングにイルカの「なごり雪」があったのですね。
聴いたことがある人は皆、そう感じると思うのですが、汽車に乗ってどこかに行ってしまう“君”を見送る“僕”の寂しさを表している名曲だと思うのです。

汽車を待つ君の横で僕は
時計を気にしてる
季節はずれの雪が降ってる
東京で見る雪はこれが最後ねと
さみしそうに君はつぶやく
なごり雪も降るときを知り
ふざけすぎた季節のあとで
今春が来て君はきれいになった
去年より ずっと きれいになった

動き始めた汽車の窓に
顔をつけて
君は何か言おうとしている
君のくちびるがさようならと動くことが
こわくて下をむいてた
時がゆけば幼い君も
大人になると気づかないまま
今春が来て君はきれいになった
去年より ずっと きれいになった

君が去ったホームにのこり
落ちてはとける雪を見ていた
今春が来て君はきれいになった
去年より ずっと きれいになった
去年より ずっと きれいになった
去年より ずっと きれいになった

で、先日のこと。
たまたま点けていたテレビで、コロッケのものまねが紹介されていたんですね。
コロッケの昔の十八番、ちあきなおみの「喝采」だったんですが、それを観ていて……あれ?
いや、ものまねは別にどうでもいいのですが、気になったのは「喝采」の曲の方なんです。

改めて聴くと、この曲もまた、本当にいいですよね。
不意打ちにこの曲を聴いてしまうと、思わず涙が出てしまうほどの名曲だと思うのです。

いつものように 幕が開き
恋の歌 うたう私に
届いた報せは 黒いふちどりがありました
あれは三年前 止めるアナタ駅に残し
動き始めた汽車に ひとり飛びのった
ひなびた町の昼下がり
教会の前にたたずみ
喪服の私は 祈る言葉さえ失くしてた

つたがからまる 白いカベ
ほそいかげ ながくおとして
ひとりの私は こぼす涙さえ忘れてた
暗い待合室 話すひともないわたしの
耳に私のうたが 通りすぎてゆく
いつものように 幕が開く
降りそそぐ ライトのその中
それでも わたしは
今日も 恋の歌うたってる

「なごり雪」とは逆にこちらの曲は、見送る“アナタ”を駅に残してひとり汽車で旅立つ“私”の物語になっているんですよね。
つまり、歌の物語世界での状況は、「汽車で旅立つ女性を見送る男性」と、まったく同じものなんですが、それぞれの視点がまったくの反対になっていることに気づいたんです。

それで、フト思っちゃったんですよね。
「なごり雪」の“僕”は、「喝采」の“アナタ”なんじゃないかと。

あれ? そうしたら、歌詞の条件が食い違ってきていない?と思われそうですが、いえいえ。
例えば、「なごり雪」での物語の舞台は、「東京で見る雪はこれが最後ねと」という歌詞から東京であることが判ります。
一方、「喝采」での物語の場所は、「ひなびた町」ということになっています。
全然逆じゃないか、と言われそうですが、そうじゃないんですって。

「なごり雪」の歌詞では、「東京で見る雪はこれが最後」という言い方から、これは何年に一度という雪の降り方ではなくて、もっと普段から雪が降りやすい状況にあるのじゃないかと思うのですね。
つまり東京といっても23区内ではなく、もっと山間部の八王子とか青梅とか、あの辺りではないかと思われるのです。
そうすると、「喝采」での「ひなびた町」という表現も、八王子や青梅のどこかだと考えると、ドンピシャリ当てはまりますよね。
(八王子や青梅の方、スミマセン)

ということで、実はこの2曲は連作となっていて、続けて聴くことで、次のような物語が浮かび上がる仕組みになっているということが判りました。
ミステリの連作短篇集のようなものですな。

歌手を目指している女の子がいる
  ↓
レッスンに通っているうちに段々と垢抜けきて、キレイになる
  ↓
付き合っている彼氏は、彼女に歌手の夢を諦めるよう説得している
  ↓
しかし彼女の決意は固く、遂に別れの日が来る
  ↓
その日は雪が降っている
  ↓
最期までそわそわ落ち着かない彼、しかし諦めきれずに最後まで説得を続ける
  ↓
埒があかないと彼女は動き出した汽車に飛び乗って、お別れ
  ↓
3年後、歌手として歩みだしている彼女のもとに黒いふちどりのある報せが届く
  ↓
それでも歌手の道を選んでいる彼女は「恋の歌」をうたい続ける

おおう、なんというか、連城三紀彦チックだ。

すっかりご無沙汰しているので近況報告

いやー、あれだけ毎日更新していた日々がウソのように、すっかりご無沙汰しちゃっています。
ということで、こんばんは。
やっぱり、Twitterがガス抜きしちゃっているんでしょうかねえ。
アレコレしょうもないことでも、毎日Twitterで書き続けていたら、ブログの更新はまあいいか、となっちゃうのですね。

そんなご無沙汰なぼくですが、一応は近況報告でも。
3月に入ってから、何をトチ狂ってしまったのか、写真教室なんて通ううようになってしまいました。
場所は、東急東横線の学芸大学駅にあるmonogramさんという写真ショップです。
東急東横線の学芸大学駅にある写真ショップ「monogram」
お店ビルの2階にあるギャラリーで月に2回行われるもので、全部で9回コースです。
修了したら、こちらのギャラリーでグループ展もやるんだそうですよ。
ううん……そこまで付いていけるのかしら。
(そもそも、皆と一緒に出せるような写真が撮れるのかしら)

受講者は全部で8名だそうですが、何しろぼくが最年長なんです。
先生よりも年上ということで、どうもスミマセン。

教室は、皆で撮影に行くとかいうものではないんですね。
各自が、課題テーマに従って写真を撮影しておき、教室にはそれを持ち寄って、全員で講評するというスタイルなんです。
ということで、次回の教室までには皆に講評してもらえそうな写真を撮っておかないといけないのですね。
(フィルムだったら現像とプリントの時間も必要なので、ギリギリ直前まで撮影をしておくというわけにもいきません)

そんな訳で、ここ最近ずっと、カバンにカメラを忍ばせてウロウロ歩きまわっているところなんです。
といっても、会社用のカバンにはフィルム用の一眼レフが入りません……。
仕方がないので、とりあえず平日はコンデジをカバンに忍ばせて、アチコチでパシャパシャ撮りまくっているところです。

雨の日の、会社の前で。
雨の日の、会社の前で

もはや見る機会が少ない電話ボックスを、家の近所で。
もはや見る機会が少ない電話ボックスを、家の近所で。

でも、せっかくの一眼レフですから、休みの日ぐらいは外に持ちだしてやろうと、アチコチをウロウロしているところです。
今回は、富士フィルムの輸出向け製品「PRO 160C」というものを使ってみました。
これ、ものすごく青カブリするのが特徴ということで、あえて色調は無調整でプリントしてもらいました。
……わ、青カブリというよりも、緑カブリしてる。

どこかガニ股な、公園トイレの殿方。
どこかガニ股な、公園トイレの殿方

風車がまわるフランス領事館跡。
風車がまわるフランス領事館跡

とまあ、こんな感じで36枚取りフィルムで2本ほど撮影したのですが、提出できそうなのは8枚ぐらいしかありません……。
デジカメなんて、もう数えきれないぐらい撮って、やっと10枚ほど。

実は、課題として設定されたテーマに沿って写真を撮ろうとしたら、どうしても意識がそっちに行ってしまって、なんというか、「あざとい写真」にしか見えなくなっちゃうんです。
まあ、そのあたりが写真撮影が下手くそであるところなんだと思うのですが……。
これが、ニャンコ写真だったら無心で撮ることができるのですけどねー。
目つきは鋭いのにメチャクチャ人懐っこかったクロ