別作品だった高襟上海凱旋公演「無花果キネマ」(BankART Studio NYK)

いつも公演にオジャマしている高襟ですが、今回は昨年9月に上海で行った公演の凱旋を行うとのことで、横浜はBankART Studio NYKにお伺いしてきました。
いやー、しかしこのBankART Studio NYK、地元の横浜にあるということもあって、近いんです、近い。メチャメチャ近い。
BankART Studio NYK

家でフト時計を見たら、「あ、ヤバイ、もうすぐ7時になっちゃう……!」と、6時45分に慌てて家を飛び出したのですよ。
なのにヤレヤレと会場に着いてみたら、まだ開場してないんです。
あれ?と時計を見てみたら、まだ7時をちょっと回ったぐらいじゃないですか。
ドア・トゥ・ドアで15分って……中学生のときに通っていた学校よりも近いのかしら(クルマで行ったんですけど)。

と、まあそんな訳で、開場するまで、裏にある運河を眺めていたりしていたんですね。
しかしいつも思うのですが、ここの裏の桟橋、開放したらもっと利用したいというヒトもいるんじゃないでしょうかねえ。
なんかモッタイナイ。
BankART Studio NYK裏にある使われていない桟橋

そして、開場です。
今回は3階の一番奥にあるスタジオでした。
入口ドアの上には、BankART Studio NYKのネオンと、交番に灯されているような赤い明かりが照らされています。
ネオン真下にある会場入口
じつはこのネオンと赤い明かりに灯された入口であることが、ラストシーンでの伏線につながるのですが、そんなことはつゆ知らず会場入りするぼく。

「元倉庫」だった、だだっ広い会場内の奥に、椅子が向こう側と手前側に配置され、そこが客席のようです。
この椅子に挟まれた合間のスペースが、ステージということでしょう。
ステージ奥には、天井近くまでの高さがある巨大な真っ赤なドレスが吊り下げられています。

やがて開演、照明が落とされると、スポットの当てられた真っ赤なドレスから、ダンサーたちが登場してきます。
ああ、このドレス! 母親なのか!
天井近くまでの高さがある大きなドレスは、「グレートマザー」ですよ。え、ひょっとして、ユング?
この“真っ赤なマザー”から生まれてきた彼女たちは、黒のドレスを着ており、この点が「母親と違う子供の無邪気さと残酷さ」を表しているように思えてなりません。
(ただ、スカートの下に履いている下着と、手にしているヒール(まだ履くのが窮屈でイヤそう)が、母親と同じ真っ赤な色をしていたので、やがては母親と同じ美しさを手に入れるのだろうな、という予感を抱かされます)

今回の公演は、いつもひと目で見渡せるスタジオとは違って、「元倉庫」という巨大な会場なんですね。
ステージの幅が広く、また真ん中には、まるで視界を遮るように巨大な柱が建っているため、全体を見る、ということが不可能に近い状態なんです。

BankART Studio NYKの内部イメージ
実際、この写真でイメージが判ると思います。
ここは通路なのでスペースの半分がパーテーションで区切られていますが、実際の会場はこのパーテーションがなく、この倍の広さがあります。

そのため、観客としては自然と、近くにいるダンサーを追っていくことになるのですね。
なので他のダンサーたちの動きが判らなかった分、見落としてしまっていることも多いのかもしれません。
また、同じダンサーを見ていたとしても、「ステージの奥と手前」のどちらの客席に座っているかで、さらに見え方が変わってくると思われるのですね。
終わってみると、これは、できることなら全部の公演にお邪魔して、すべての方位から観てみたかった……と思わされてしまいました。
モッタイナイ。

こうして徐々に成長していた彼女たちは、やがて、それまでの「動」から一転、「静」としての動きとなります。
そして、それまで散々履くのを拒絶していたヒールを、自らの意思によって履いていきます。
これは、大人の女性としての魅力を手に入れたということなんでしょうか……。
こうして大人になった彼女たちは、やがて、ひとり、またひとりと静かに母親の元を離れ、会場の外へと出ていきます。

このときなんですよ!
入口ドアから外に出た彼女たちは、ネオンと赤い明かりに照らされて、「黒いドレス」を着ているはずなのに、間違いなく、赤く照らされるんです。
つまり、母親と同じ姿を手に入れるのですね。
なんというか、「みにくいアヒルの子」のラストシーンを彷彿させる、そんな最後なんですよね。
ネオン真下にある会場入口

何なんでしょうか、この言葉にできない圧倒的な気持ち。
大人になった彼女たちが、自分の意志でヒールを履くシーンだけでも、グッと来ちゃうものがあったのですが、さらに「この娘たちが成長して、母親と同じ姿になる」ところで、ダメ押しなんですよ。
もうすっかりヤラれちゃいまいました。

今回の公演は、最初にもご紹介したように去年9月に高襟の皆さんが上海で公演を行い、その凱旋公演ということなんですね。
実は、上海公演直前には、日本で公開リハーサルが行われていたので、このときにも観に行っていたのです。
そのときは、「初めて観に来てくれる上海の方たち向け」として、これまでの高襟作品のベスト版、というイメージだったのですね。
今回は、その上海公演の凱旋版ということで、「公開リハーサルも観に行ったしなー、どうしようかなー」とか、思っていたんです。
それなのに……ひやー、スミマセン!
まったくの別作品に生まれ変わっていて、しかも、メチャクチャいいじゃないですかー!
もう、一瞬でも「どうしようかな」なんて思ってしまったオレ、反省しまくりなんです。
本当に、本当に、スミマセンです。

「千葉工場夜景クルーズ」に参加してきました

横浜ではもうすっかりおなじみになった「工場夜景ジャングルクルーズ」「工場夜景アドベンチャークルーズ」を開催するリザーブドクルーズが、今度は千葉市の主催で「千葉工場夜景クルーズ」を3日間限定でテスト版を実施するということで、参加してきました。

場所は「千葉みなと」にある桟橋とのことですが、横浜から行くと、どれぐらい時間が掛かるか判りません。
そこで早めに出たところ……早く着きすぎてしまいました。
集合時間までまだ1時間以上もあるんです。
そこで、まずは付近をウロウロしてきました。
桟橋の近くには、「千葉ポートパーク」という公園設備があって、タワーが建っているんです。
「千葉ポートパーク」の展望台付きタワー
展望台にまで行ってみようかと思いましたが、それにはちょっと時間が中途半端すぎて、イヤン。

仕方ないので、その裏手にあるビーチでボンヤリ時間をつぶすことにしました。
「千葉ポートパーク」のビーチで戯れている家族連れ
家族連れが多いなか、カメラを抱えてひとりボーッとしていると、ヤバイなあ……ヤバイ奴がいると思われそうです。

しかしそんな変質者のように見られたかもしれないぼくでも、神さまは違います!
ボーッと砂浜に座りこんでいるぼくの目の前に、時おり、雲の切れ目から太陽の光が差し込んで、「ジェイコブズ・ラダー」を見せてくれたりしたのですから!
なんとぼくの目の間にはジェイコブズ・ラダーが出現してます!
なんか、もうね、ウットリなんですよ、ウットリ。
(などと、夢見がちな顔になって、ますますヤバイ奴に)

そうこうしているうちに、出航時間が近づいて来ました。
桟橋に向かうと、おお、横浜の「工場夜景アドベンチャークルーズ」でおなじみのリザーブ1号が控えています。
横浜の「工場夜景アドベンチャークルーズ」でおなじみリザーブ1号

17時、まだ明るい桟橋を出航すると、まず見えてくるのはJFEスチールの製鉄所です。
しかし、今慌てて見ていなくても、これら高炉はまた帰りに、今度はライトアップされた姿を見られるそうです。
JFEスチールの製鉄所

JFEスチールを通り過ぎると、次に見えてくるのは、数々の火力発電所たちです。
写真では、その手前に液化天然ガスを積み込んだ船が通りすぎていきます。
今のうちに見ておかないと暗くなってからでは困る火力発電所
ただ、もともと火力発電所はその外観をライトアップすることも少ないため、こうした工場夜景クルーズでは暗くなる前に、ゆっくりと見ていた方がいいのかもしれません。

こうした風景を眺めながら、船は一気に南下し、コスモ石油のコンビナートに向かいます。
が……、あれれ?
暗いのです、暗い。真っ暗。
コスモ石油のコンビナートはライトも点かず、真っ暗

千葉のコスモ石油コンビナートといえば、東日本大震災のときに爆発、火災事故を起こした記憶もまだ新しいところですね。
あたりが暗いこともあって、現在ではいったいどのようになっているのか、よく判らないんです。
ただバースが煌々とライトアップされていて、そこのは船も着岸しています。
コンビナートは真っ暗でも、バースには船が着岸しているので稼働はしているっぽい……

となると、コンビナート自体は現在、稼働しているようですね。
「コンビナート」といえば、横浜の場合は注意喚起のオレンジ色のナトリウムランプで煌々と照らされていたことを思うと、千葉のコンビナートのこの暗さはちょっと寂しいものを思います。
ひょっとして、もう修復はされているのかもしれません。
(調べたところ、こちらのコンビナートは火災事故以降ずっと稼働停止していて、この1月にようやく再開したみたいです)

コンビナートのバースが、第1の見所ということで、しばらくの間、停船しての写真タイムとなります。
皆、デッキに上がってきて写真を撮りまくる、撮りまくる。

ここから船は一気に戻る形を取ります。
先ほどはまだ姿が見えていた火力発電所も、すっかり闇の中に姿を隠すように消えていきます。
先ほどはまだ姿が見えていた火力発電所

ここでうれしいお知らせが!
「特別に操舵室を解放しますので、自由に見学をどうぞ」とのアナウンスに、一同大はしゃぎ。
ぼくも負けじとばかりに、「イヤッホー!」とおじゃましてきました。
操舵室に立ち入らせてもらいました
しかし、それでなくてもあまり広くない操舵室に、何十人ものお客さんがやってくるため、すぐに退散……。
「このクルーズ中では、いつでも御覧いただけます」ということで、また後ほどおじゃますることにしました。

ボートは順調に引き返していきます。
先ほどはじっくり見ることができなかったキリンさんを、今度は近くから見上げるように、オシゴト中のところをバッチリ見られます。
キリンがオシゴト中

一方、四肢を踏ん張る形のガニ股っぷりも可愛いイグアナクレーンだって、オシゴト中のところ、失礼します……と間近を通り抜けていきます。
ガニ股なイグアナクレーンだって負けてられません

ここを通り過ぎると目の前に現れるのが三井造船。
……が、あれれ?
日曜日はお休みということで、残念ながら真っ暗でした。
土曜日だと、オシゴト中の所が見られたそうなんですが……残念。
日曜日だったからか、真っ暗だった三井造船

ところで、三井造船の2基あるクレーンのうち1機には歓迎の言葉が記されています。 三井造船は、いったいどこの誰からの視線に備えて、こんな言葉描いたのでしょうか
これはいったい誰に向けた言葉なんでしょうね。
ひょっとして、今回のようにこうした「千葉工場クルーズ」がレギュラー化することにあらかじめ備えているとか……。

そして船は、いよいよ出発地の桟橋を目指して帰ります。
ここで最大にして最後のイベント、JFEスチール東日本製鉄所の東工場に迫っていきます。
ジャジャーン。
おお、なんというスチームパンク!
JFEスチール東日本製鉄所の東工場

さらに船は、微速前進でライトアップが美しいプラントを目指します。
停まったところは……おお、ギリシャ神殿のような神々しさに光り輝くプラントです。
ギリシャ神殿のような神々しさに光り輝くプラント

完全停止した船では、ふたたびの写真撮影タイム。
客室にいたお客さんも、次々にデッキに上がってきて、思う存分、写真を撮りまくりです。
この日はちょうど月がプラントの真上に掛かっていたので、なんとも言えず幻想的なラストシーンを醸し出していました。
JFEスチール東日本製鉄所の東工場と、月

そして、桟橋に引き返す船。
操舵室を見ると、お客さんは全然いないようです。
これはチャンスとばかりに再びおじゃまさせてもらいました。
今度はお客さんもいないので、ゆっくりオジャマしてきました

実は今回の船長さん、いつも工場夜景ジャングルクルーズやレンタルボートでお世話になっているマリーナの方だったのですね。
横浜で3月に開催されるボートショーが終わったら、マリーナではまた面白そうなイベントを行う予定があるとか……。
ぜひぜひその時はまた、参加させて頂きます!とお願いしながら、船は桟橋に着岸です。

しかしこの桟橋、メチャクチャ狭いところに、さらには回頭してバックで接岸しているからスゴイ!
その操船テクニックを見せてもらうだけでも「ホェー、スゲェー」……。
あまりのスゴさに、もう喉からずっと変な音が出っぱなしなんです。

船を降りると、うわ、もうすっかりあたりは真っ暗けになっていました。
船を降りると、あたりはもう真っ暗に

いやー、あっという間の90分でしたね。
今回のクルーズで感じた京葉工業地域は、京浜工業地帯のように狭いところへギュッと圧縮した感じではないので、どこか寂しい感じが醸しだされていました。
見所もコスモ石油のバースと、JFEスチールのプラントだけではちょっと寂しいところです。
時間の関係上難しいかもしれないですが、もう何点か見所が増えると、お腹いっぱい感も味わえるのではないかと……。

ということで、今回のコースはこちらです。
写真そのものはいつものようにPicasaにアップしていますので、どうぞこちらもお気軽にご覧ください。


より大きな地図で 千葉市主催「千葉工場夜景クルーズ」 を表示
千葉市主催「千葉工場夜景クルーズ」
千葉市主催「千葉工場夜景クルーズ」