横浜港の除夜の汽笛で2012年も明けました

明けましておめでとうございます。
旧年中は、例年以上に趣味全開の自己満足ブログとなってしまいましたが、お付き合いいただき、ありがとうございます。
また本年もニッチでマニアックなブログを目指したいと思いますので、どうぞよろしくお願いいたします(←開き直ってる)。

ということで、横浜での新年カウントダウンのお楽しみといえば、やっぱり「除夜の汽笛」ですよね。
0時を迎えて新年が明けた瞬間に、横浜港に停泊している船が一斉に汽笛を鳴らす、アレです。
このブログでも、ずっと動画で追って来ましたが、今年もビデオカメラを抱えてベランダにスタンバイしてましたよ。

とは言っても、その年に港に停泊している船の大きさや数、また風向きによって違ってくるのでしょうか、よく聞こえなかったりする年もあったりするのですね。
最近では、2009年のブログで「全然聞こえない」なんて書いてました。

そんな訳で、せっかく寒い思いをしながらベランダでスタンバイしても、空振りになってしまう可能性だってあるのですね。
もう、ドッキドキなんですよ。

15分前からビデオカメラをセット、もう録画ボタンもスイッチを入れ、0時になるのを今か今かと待っていました。
そして……やったね!
今年もちゃーんと除夜の汽笛が鳴らされていたのでした。
心持ち、去年よりボリュームや音の迫力がやや弱い感じがするのですが、いえいえ、聞こえるだけでよしとしましょう。

ということで、去年に引き続き、今年も動画に撮影したものをYoutubeにアップしてみました。
毎年、みなとみらいで打ち上げられる花火を見ようとしていたのですが、ビル陰でよく見えず悔しい思いをしてしまうため、今年は最初から八景島シーパラダイスで打ち上げられている花火を狙っています。
動画は1分半ほどで終わっていますが、実際にはアチコチの船が交互に鳴らしているからか、10分近く汽笛の音が鳴り響いいています。