今日の写真(「東京漂流」写真ワークショップで運河クルーズ)

「運河クルーズ」と「写真ワークショップ」という、ぼくにとってまさに“ハンバーグカレー”的なご馳走のコンボのイベント「THE OTHER SIDE OF TOKYO 東京漂流」が日本橋のギャラリーで開催されるということで、参加してきました。

全部で2回の予定なんですが、その第1回目となる今日はまず、運河クルーズが行われました。
日本橋に新しくできた桟橋からチャーターボートに乗りこんで、日本橋川から神田川、そして隅田川を行き、朝潮運河・芝浦運河を経由して北品川の船宿まで、たっぷり2時間半のクルーズとなりました。
参加者はこのクルーズで好きな写真を撮り、また次回、1月の第2回目の時に発表するそうです。

しかし、この2時間半のクルーズはとってもエキサイティングなものだったんですよね。
何しろ風がまったく吹いていない穏やかな1日でしたので、水面が鏡面のようにきれいなこと、きれいなこと。
いつもだったら暴れ馬の隅田川でさえも、今日は静かすぎて不気味に思えるほどのおとなしさだったのでした。

とにかく何もかもが新鮮に思えてきて、2時間半、ずっとカメラのシャッターを切りっぱなしでした。
そんな訳で、家に帰ってから撮影した写真を確認していくと……おお?
いったい何ということでしょう、なんと900枚という枚数を撮っているのですよ。
これは、1日に撮影した枚数の新記録ではないかと思うのです。
ちょっとタガが外れすぎですって……。
今、泣きながら写真整理をしています……。
こちらの写真整理ができましたら、また改めて、ブログでクルーズの模様をレポートさせてもらいます。

とりあえず今日の1枚。
今はすっかりウォーターフロントのオシャレマンションだらけになってしまった芝浦運河ですが、一部では今なお、こうして昔ながらの倉庫が残っています。
特にこの倉庫は、荷揚げ用のクレーンが現役で残っているところがかなり珍しいのだとか。