新しいビデオカメラで横浜観光ドライビング

今、ビデオカメラがメチャクチャ安くなってるじゃないですか!
というわけで、思わずフルハイビジョン対応のビデオカメラを買ってしまいました!
(「安くなっているので買いました!」って、この間も同じこと言いながらデジタル一眼レフを買ったような気がする)

いやいや、これは無駄遣いなんかではありません!
こうして無理をしてでも頑張ってモノを買うことで、少しでも日本経済が回復していけば……との願いを込めているのです!
がんばれ、日本。

そこで週末、そんな「がんばれ日本」なビデオカメラをクルマにセットして、車載動画のテストをしてきたんですよ。
しかしこのビデオカメラ、さすがに「ビデオ専用」とだけあって、デカイ。
これまでのコンパクトデジカメや、携帯電話型のなんちゃってビデオカメラとは違うのですね。
あ、まあ、「デカイ」といっても、普通のハンディサイズなんですが。
それでも、これまでのように吸盤がついたカメラマウントをフロントガラスの上部に取り付けようとしたら……ありゃ。
マウント部が短すぎて、本体がガラスに当たってしまって、取り付けることができないんですよね。

ということで、仕方ありません。
とりあえず、助手席のヘッドレスト部分にカメラを取り付けてみました。

これ、ルートはいつもおなじみの「YOKOHAMA観光ドライビング」コースです。

より大きな地図で 横浜観光ドライビングコース を表示

で、改めてYoutubeにアップした動画を観てみたのですが、やっぱりキレイですねー。
ただ、編集時に設定を間違えてしまったみたいで、単なるハイビジョン映像になってしまってます ……失敗、失敗(てへ)。

しかし、助手席のヘッドレストにビデオカメラを取り付けることで、カメラとフロントガラスの間に中途半端な距離ができたからか、ガラスの反射は映りこむわ、ガラスの汚れがチラチラ動いて目障りだわ……と、もうダメダメなんですよね。
やっぱり、ガラスに近いダッシュボード上に取り付けた方がいいのでしょうか。

ということで、これまでの「YOKOHAMA観光ドライビング」動画を並べて見ました。
こうして見比べてみると、撮り方も画質もいろいろなんですね。
特に最初の1本なんて、なるべくそのまま感を出そうとして再生速度を早くしなかったので、時間が長すぎです。

【最初に撮影した横浜観光ドライビング】
2010年5月に、デジカメの動画機能で撮影した最初の「YOKOHAMA観光ドライビング」動画。
10分近くあります……。

【その1年後に撮影した横浜観光ドライビング】
その1年後の2011年5月にまた、デジカメ動画機能で撮影した「YOKOHAMA観光ドライビング」動画。

【大雨警報が発令されているなかでの横浜観光ドライビング】
同じく2011年5月、大雨警報が発令されたなかをデジカメ動画機能で撮影した「YOKOHAMA観光ドライビング」動画。