ページ/3ページ |次のページ最終ページ

キヤノン EOS 5D Mark IIで横浜観光地めぐり

動画撮影するなら、それはビデオカメラしかないでしょう……という固定概念があったのですが、いえいえ。
何ですか、最近は一眼レフやミラーレスカメラでも、かなりキレイに動画撮影ができるそうなんですね。
この間買ったキヤノン EOS 5D Mark IIという一眼レフは、Purfumeのプロモーションビデオだって撮影しているのだとか。
そういえば、テレビ朝日で放映している「世界の街道をゆく」でも、使われているカメラもEOS 5D Mark IIなんでしたっけ。

そんなプロフェッショナルな世界でも使われているほど、EOS 5D Mark IIってカメラは動画撮影でもスゴイのかしら。
というわけで、メチャクチャいい天気になった今日、カメラとともにお出かけしてきました。
当然のことながら、プロが使う明るくていいレンズじゃないので、テレビのようなハッキリクッキリ動画は無理でしょうが……。
それでも、まあそこはそれ、どんな感じで撮影できるのか気になるんですよね。

ということで、今日はあくまで動画撮影が目的なんだから、写真は絶対に撮らないぞと固く心に決めた、そのわずか5分後。
家の近所にいたノラのニャンコが、「フェンス越しだったら触ってもいいよ」と言ってくれたではありませんか。
ええ、ええ、もうありがたーくモフリングしながら……
フェンス越しに真心込めてモフリング 撮っちゃいましたー。

その向こうにいた、コイツは触らせてくれないくせに、ぼくのことが気になって仕方がない興味津々な仔ネコも……
触らせてくれないくせに、こっちのことが興味津々な仔ネコ
ついでに撮っちゃいましたー。

いやいや、これはまあほんの道草で……と言い訳をしつつ、向かった先はJR桜木町駅。
ここから海の方に向かって、テクテクとお散歩スタートですよ。
その合間合間で、写真を撮る代わりに、動画で撮影をしてみたんですね。

うーん、しかしこれ、なかなか難しいんです。
対象物が動くと、ビデオカメラみたいにオートフォーカスで追わないから、自分の手でピントを合わせないといけないみたい。
レンズも、背景がボケやすくてキレイに映るのですが、逆にいうと、それだけピントが合わせづらいということでもあり、やっぱり絞り込んで遠景までシャープにしておいた方が扱いやすいようでもあるんですね。

しかし改めて観てみたら、ずっと手持ちだったから画面がプルップル揺れてます。
三脚や、できればステディカムを付けて「シャイニング」みたいにヌルヌル動くシーンを撮ってみたいものですね。
風の音もゴワゴワうるさいのも、やっぱりビデオカメラだったらウインドウノイズカット機能なんてあるから、そのあたりお手軽度が違いますね。

休憩なしで3時間半、みっちりと歩き続けたところでJR石川町駅。
ここからまっすぐ家に帰ってくると、おお。
ちょうど陽が沈むところでした。
家に帰ってくると、ちょうど陽が沈むところでした

これを今日の締めくくりに動画にしちゃえばいいんじゃないかしら。
……ということで、夕陽が沈むところを富士山ともども映してみました。
といっても、この場合はビデオカメラを使ってます。
何しろEOSの場合、動画は最大で12分程度しか撮影できないのですから、こうした超時間撮影には向かないのですよね。

ということで、1時間半ほど回し続けて、そのあと、50倍速にしてみました……が、ギャーッ!
上空は雲ひとつないいい天気だったので、これはサイコーの日没だぜとほくそ笑んでいたのですが、何ということでしょう。
西の空からは雲がモクモクと湧き出していて、せっかくの日没シーンを台無しにしちゃっています。

そんな、肝心なときにうまくいかなかったトホホな日没動画を見てやってください。

始まってすぐと、0:25あたりで一瞬、鳥の影が映っています。
これはカメラの真ん前をカラスが横切っていったからなんですよね。
50倍速にしているので、ホント、サブリミナル効果の実験映像みたいになってしまいました。
(カラスの映像って、ヒッチコックの「鳥」じゃないんだから、どんなサブリミナル効果を狙っているのやら)

富士フイルム「NATURA 1600」で昼間に撮影

ある日突然に沸き起こった「フィルムカメラで写真を撮りたい!」熱ですが、まだまだくすぶり続けているようです。
ということで、ついにISO1600なんてネガフィルムを買ってしまいました。

むかーし、まだまだフィルムカメラが一般的だった時代に「ISO1600(当時の言い方だったらASA1600ですね)」の超高感度フィルムなんて、とても使えなかった(使いこなせなかった)ものだったんです。
それが、何というか、まー、気の迷いみたいなもので、どれどれ……とふたたび手にしてしまったのです。

で、やっぱりこれだけの高感度フィルムともなれば、やっぱりライトアップやら夜の景色を撮影しないといけないのかなーと、色々と試してみました。

まずは、丸の内でライトアップされた仲通りを撮ってみたのですが……あれ?

なんかあまりキレイじゃないですね。
色味が悪いというか、なんだか、こう全体が薄ぼんやりしていて、イルミネーションのキレイさがまったく出ていないんですね。

信号機が一人で働いている住宅街の夜道はどうでしょう。

まあ、これも手持ちで撮影したのにブレもせず、ちゃんと撮れたなーとも思えるのですが、それだけなんですよね。
なんというか、「風景をそのまま写してみました」という感じがするだけで、まったく面白みが感じられないんですよね。

会社帰りに、工事現場のクレーンを写してみました。

これも、真っ暗な上空にそびえ建つクレーンが、手持ちでもちゃんと写ってます。
いや、結構露出オーバー気味なほどに明るく写っていて、「おお、スゴイ」とか思ったのですが、それだけなんですね。
まあ、これも「そこにある風景をそのまま写してみました」というだけで、あまり面白みが感じられないんです。

うーん、やっぱりぼくには超高感度フィルムなんてまだまだ扱えなかったのでしょうかねー。
そう諦めていたところで、意外な使い方を聞いたんです。
こうした超高感度フィルムって、てっきり夜、もしくは薄暗い屋内で撮影するものとばかり思っていたのですが、いえいえ。
何でも、真っ昼間でも使うことができるのだそうなんですよ。

いやいや。
そんなISO1600なんて超高感度なのに、昼間に使ってどうするのでしょうか。
絶対にそれ、露出オーバーしちゃうでしょう……と思いながらも、騙されたものと思って試してみました。
……とは言いながらも、チキンなぼくは、まず屋内で撮影しています。

丸の内オアゾのイベントフロアに飾られたクリスマスツリーなんですが、結構普通に写っているじゃないですか。
これはひょっとして、ひょっとすると、ひょっとするかもしれません。
思い切って、屋外で撮影してみたんですね。

……何ですか、これ!?
淡いのです、淡い。かなりの薄味。
だからこそ、このフィルムならではのいい味が出てきていると思うのですね。
いつも、デジタル独特のギンギンギラギラギトギトなクドい色がついてしまった写真を見慣れている目としては、このような色味が淡くて、コントラストが低く写るところが、どこかホッと癒やされるような気がしてならないんです。

青空をバックにするのなら、葉っぱは黄色の方がいいのかなー、と撮ってみました、こちらです。

あ、やっぱり。
このフィルムは、夜間や屋内で撮影するよりも、お陽さまがサンサンと降り注ぐ真っ昼間の屋外で撮ったほうがメチャクチャ味わい深いものになるみたいなんですね。

ということで、ようやくこのフィルムの使い方に気がついた所で、36枚を撮り終えてしまったのでした。
くぅぅぅー、もっとたくさん撮りてぇぇぇー!
ということで、今度またNATURA 1600を買って、昼間に持ち歩いてみたいと思うのです。
でも、このフィルムのもつ色味の淡さって、どちらかというと春先に撮影してこそ似合うのでしょうか。
でも、それまで封印できるほどこのドキドキ感は抑えきれません。

そしてこちらはネガフィルムじゃなくて、いつものリバーサルフィルムで撮った方も一緒に現像から返ってきました。

色味が割りと出るリバーサルフィルムのなかでも、とくにコッテリ感の強い富士フイルムの「VELVIA」というフィルムです。
なので、特に「NATURA 1600」を見たあとでは、特に見た感じがデジタル写真のそれに近いですね。
これはこれで、安心して見ることができます。

先日の「東京漂流」の運河クルーズで撮影した1枚です。

さすがに夕方の淡い光のなかになると、先ほどのようなシャープな印象は薄れて、どこか淡い感じになりますね。
ただ、夕陽に向かったときのようにコントラストが強くなると、またデジタル的なコッテリした感じに見えるようです。

こうして色々と見比べてみると、そうそう、段々と思い出してきました。
フィルムカメラって「フィルムの特徴にあわせて替えることで、写真の色味を替えて遊ぶ」という楽しみがあったのですね。
まあ、デジタルカメラだとカメラ本体や、パソコン上で色々と撮影(結果)条件を替えて遊ぶことができるのですが……。

今年も「光都東京・LIGHTOPIA」を観に、立ち寄ってきました

いやー、ずっと「LIGHTPIA」だと思っていたら、「LIGHTOPIA」だったんですねー。
というわけで、去年のエントリーも含めて、こっそり修正しておきました。

ちょっと前から、丸の内の仲通りの並木にLEDが巻きつけられていて、ライトアップされていたのですね。
並木がライトアップされた丸の内の仲通り

そしてさらに今日からは、年末の風物詩である「光都東京・LIGHTOPIA」も帰ってきたのです。
ということで去年に引き続いて、今年も会社帰りに立ち寄って来ました。
が、しかし……あれ?
いつもと違って様子がおかしいのです。

例えば、皇居外苑の石垣に飾られる「光のタペストリー」は、
今年の「光のタペストリー」はメチャクチャ短い
短かっ!
例年だったら、皇居外苑の石垣が続く向こうの方までずっとタペストリーが掛けられているのですね。
去年のブログを見てみたら、なんと800mもあったみたいです。
ところが今年は、え?これ?とビックリしてしまうぐらいにほんの申し訳程度しか設置されてません……。

ああ、そうか。
ひょっとして、これは昨今の節電ムードを考慮しての“自粛モード”で開催しているのかもしれませんね。
そういえば、会場のなかに何台か電気自動車のi-MiEVが置かれてあって、どうも電力はそこから引っ張ってきているようなのでした。
「電気自動車を蓄電池として活用」というのは、日産が宣伝をガンガン掛けているので、なんとなくリーフのイメージなんですが、さすがは天下の三菱グループも負けてはいません。

ということで、今年の「光都東京・LIGHTOPIA」の会場は、皇居の馬場先濠と和田倉濠の石垣に申し訳程度に光のタペストリーが飾られてあり、あとは行幸通りに「フラワーファンタジア」と題された花壇が設置されただけになりました。
行幸通りに設置された「フラワーファンタジア」

いや!まあ、これでも十分にキレイなんですけどね!
これだけだと十分にキレイな「フラワーファンタジア」

「フラワーファンタジア」会場の真ん中辺りには「桜のシンボルツリー」があります。
これは、冬に咲く桜を山形から運んできたのだそうです。
「桜のシンボルツリー」

そして今年もまた、「明り絵」が飾られていました。
会場入口からの真正面には、澤穂希や佐々木監督を始めとした「なでしこジャパン」メンバーや、ジャイアンツ選手などのアスリートたちが飾られてあります。
なでしこジャパンメンバーが描いた「明り絵」
この他にもタレントや政界人などたくさんの著名人の作品が飾られてあります。
誰の作品があるのか、それを探すのもまた、楽しいものかもしれません。
それ以外にも、毎年恒例の千代田区の小学生たちのほか、今年は東北の小学生たちの作品も飾られています。
千代田区の小学生たちは会場まで直接見に来ることができるけど、東北の小学生にも、自分たちの作品が展示されているところを見てもらいたいものですね。

で、今回の会場はこれで全部なんです。
んー、やっぱり寂しい感が否めませんね。
そういえば、心持ち、観客数も今年は少ないような気がしてなりません……。
いや、数が少ないように感じるのは今日がまだ初日だからかもしれませんが。
少ない観客

そんななか、とっても可愛いお客さんがいたんですよ!
サンタの衣装を着たビーグルのワンコです。サンタのワンコで、ワンコクロース。
ワンコクロースが!

花壇の写真を撮ろうとしゃがみこんだら、目の前でおとなしく座っていたんですね。
「可愛いねえ」と頭を撫でてやると、このおとなしいワンちゃん、とっても礼儀正しく「ありがとうございます」と手をペロペロ。
ッカァァァー、たまらねえ! もう、このお利口さんめぇぇぇ!

連れていた飼い主さんに伺うと、このワンコ、名前はモモちゃんで6歳だそうです。
「写真を撮らせてもらっていいですか?」と聞くと、この飼い主さんも優しい方で、必至に「モモ、モモ」と呼びかけてカメラ目線になるように協力してくれたんです。
それで撮れたのがこれ……
せっかく飼い主さんが協力してくれたのに……
キャー! お顔がブレちゃったー!
せっかくの飼い主さんの行為をムダにしてしまいました……ス、ス、ス、スミマセン。
もっと感度を上げておいて、シャッタースピードを早く切るべきだったなーと後悔しても、後の祭りです。
ううん、またワンコクロースと出会えないかしら。
今度こそリベンジで、いいカメラ目線の写真を撮ってやるぜ。

THE OTHER SIDE OF TOKYO 「東京漂流」

いつもニッチで楽しいクルーズ企画を提供している「BOAT PEOPLE Asociation(BPA)」と、日本橋に構える「Satoshi Koyama Gallery」が、写真ワークショップと運河クルーズという、まさにハンバーグカレー的なコラボイベントが開催されるとのことで、参加してきました。

会場となる「Satoshi Koyama Gallery」は、JR新日本橋駅からほど近い「新みやこビル」とのことですが……おおう。
ビルの名前は、正式には「(旧)新みやこビル」というみたいですよ。
「(旧)新みやこビル」って、新しいのか旧いのか、いったいどっち……?
これって絶対、利用者から「どないやねん」とツッコミを待っているに違いありません(←そんな訳ありません)。

最初に、今日クルーズ予定の河川や運河についてのお話を伺いました。
それによると、日本橋川と神田川はつながっており、その間の地域は隅田川でも囲まれているので、「神田アイランド」を形成している、とか、明治・江戸の古地図を眺めながら、芝浦運河が真っ直ぐでないのは、元々の海岸線を利用して作ったから、といった新たな視点による都市論、これがまたなかなか面白いんです。
ずっと聞いていたかったのですが、すぐにタイムアップ……時間が足りないー。

続いて、写真家の勝又邦彦さんと港千尋さんによる対談形式でのレクチャーとなります。
こちらも水辺をテーマにした写真作品や、また写真家の目から眺めた水辺の都市論についてが語られ、あっという間に時間いっぱいとなってしまうのでした。
レクチャーは全部で1時間ほどで、短かったのですが、それでも参加者にとっては、これからのクルーズを前にほどよくエンジンが暖められた状態で、「水辺写真を撮るモード」になったと思います。

そんなこんなであっという間にレクチャータイムは終わって、いよいよクルージングタイムです。
乗り場は、こちら、4月に開設したばかりの日本橋桟橋です。
4月に開設したばかりの日本橋桟橋
しかしこの桟橋、いまや観光クルーズ各社が乗り合っているんですよね。
5分おきに船が入れ替わるという慌ただしさなんです。
お客さんも間違えて違う船に乗ってしまうこともあるようで、案内役の方が声を枯らしてお客さんの対応をしていました。

さてそんななか、今回我々がお世話になる船はこちらです。
今回お世話になる船
おお、神田川の暗渠クルーズお花見チャリティークルーズでもお世話になった船ですね。
屋根がなく、また船の高さも低いので“水の視点”で周りを見ることができる、とっても嬉しい船なんです。

まずは、ここから日本橋川をさかのぼっていきます。
日本橋川といえば、やはり高架橋を眺めながら行く所がステキです。
川筋がまっすぐでないため、その形に合わせて首都高速も複雑な模様を描き出しているのですよね。
日本橋上空を走っている首都高速
クルマに乗っているときは、首都高速のこのカーブが運転しづらいし、渋滞の元にもなるからキライなんですが、下から見上げるとそのカッコよさには圧倒されるばかりです。

日本橋川を進んでいくと、神田川に突き当たります。
日本橋川ではずっと、頭上を首都高速でフタをされているような感じなのですが、神田川に入った途端、首都高速のフタが取れて、頭上には空が広がります。
ただ、両岸にビルが迫ってきているので、どちらかと言うと“渓谷”という感じがして、さほど開放感はありません。
ビルの渓谷に挟まれた神田川
しかも、この両岸にそそり立つ“ビルの峡谷”は皆、川にお尻を向けた状態なんです。
だから、なんとなく仲間外れにされているような、そんな気になってしまいます。
だからでしょうか、このあたりではメチャクチャ寂しい気持ちがしてならないんですよね……。

神田川をそのまま下って、ビルの渓谷を抜けると、今度は自然に包まれた御茶ノ水渓谷が姿を現します。
これも人工で作られた御茶ノ水渓谷
「ビルの渓谷」という人工物から抜けたような気がしますが、いえいえ。
もともとこの神田川も、江戸時代に人の手で掘られたものなので、ずっと人工物の渓谷が続くことになるのですね。

神田川を下って隅田川に出ると、一気に空が広がります。
やっぱり川幅が広いと開放感も大きいですよねー。
開放感ある隅田川の様子

「神田アイランド」を一周して東京湾に出ると、船はレインボーブリッジの根元にある「ループ橋」に入っていきました。
レインボーブリッジの根元にあるループ橋
あらら、ここって入れるようになってたのですね。
勝手に「水深が浅くて危険」とか思っていたのですが、艀がたくさん係留されていて、ちょっとした舟溜りになっています。
ループ橋の中は艀の停泊所なのでした
しかしこのループ橋、ループ部分ががあまりにデカすぎて、広角レンズでも全景を撮るのは難しいですね。
ループ橋の全景を何とか収めようと頑張ったのですが……

ここから芝浦運河に入っていくのですが、もうすっかり陽も暮れて、シビアな状況になってきました。
天王洲のあたりなんてステキな夜景モード。
天王洲あたりのステキな夜景モード

天王洲からそのまま北品川の船宿に向かって、この日のゴールとなりました。
本当は2時間の予定だったそうですが、2時間半となっておトク気分も味わえるクルーズだったんですね。
2時間半のゴールは北品川

今回は本当に天気に恵まれて、晴れたばかりでなく、風もまったく吹かない奇跡のコンディションなのでした。
川の水面は空や周辺の景色も映し出しているから、川の上にいると景色が2倍に広がると写真家の港さんが最初のレクチャーの時におっしゃっていましたが、まさにそのとおりなんです。
特に運河なんて、水面が鏡のようになっていて、空や周りの景色を映しだす、映しだす。
2倍どころか、そのまた何倍も世界が広がっているような、そんな気さえ起こります。
まったくの凪状態で、水面がまるで鏡のようでした
普段は暴れん坊で、複雑な波を立てている隅田川でさえ、今日は「おとなしい」と感じるほどだったんです。
だから、どれだけの凪だったのかと……。

というわけで、今回まわったコースはこちらになります。

より大きな地図で THE OTHER SIDE OF TOKYO 「東京漂流」 を表示

また掲載しきれなかった写真は、いつものようにPicasaにアップしています。
お気軽にご覧ください。

THE OTHER SIDE OF TOKYO 「東京漂流」
THE OTHER SIDE OF TOKYO 「東京漂流」

今日の写真(東京イルミネーションナイト)

気が付いたら、いつの間にか丸の内の仲通りに立っている木という木に、LED電球がクルクル巻きつけられているんです。
それが夜になったら、この通り、キラッキラ☆のイルミネーションになっているんですよね。
丸の内のキラッキラ☆のイルミネーション並木

そのうえ、さらに。
12月22日からは、また今年も「ライトピア」が開催されるそうなんです。
ということで、仲通りと交差する行幸通りには、今回もイルミネーションの花壇が設置されるみたいなんですね。
もうこの期間は、丸の内中がキラッキラ☆になるようです。
今年も、会社帰りにちょっと覗きに行ってみることにします。

ページ/3ページ |次のページ最終ページ