久々に自動車ディーラーめぐりをしてきました

思えば、初めてポタライブで騙されてからもずっと、「茶遊び」で新築のマンション屋上で踊ってもらったり、横浜港のボート上や桟橋で踊ってもらったりと貸しきりダンサーでお付き合いいただいているだけでなく、横浜を3時間歩きまわるお散歩演劇で演出してもらったりと、何かとお世話になっている青山るりこさんがご懐妊されてから早数ヶ月。
そういえば、エイプリルフール企画で「受胎告知記念特別公演やります」ってブログに書いたら、大騒動になってしまったことも、今となってはいい思い出です。

そんな来年2月末が出産予定日の彼女が、つわりがひどかった時期もようやく過ぎて、安定している今、まわれるだけまわってしまおうと、ご夫妻ともども自動車ディーラーめぐりにお付き合いさせてもらってきました。

まわってきたのはホンダにトヨタ、そして日産の各お店です。
バブル華やかな昔ほどでないにしても、それでもトヨタなんかはまだ販売店のチャンネルがいくつもあり、同じ車種であっても名前やコンセプトが変えられていたりするので、まわる方も色々と情報を得ておかないと、大変なことになっちゃいますね。

どのお店も、姿を見かけるとすぐに営業マンが飛び出して対応してくれます。
この営業マンが誰に当たるかで、今後の商談に大きく影響が出てくるのですが、幸いにも、どのお店でも出てきたのはステキなさわやか営業マンばかりでした。
営業マンに話を聞いています
おお、今だけしか見られない貴重な青山るりこさんの妊婦姿の様子が……。

試乗車があるお店では、実際にクルマに乗り込んで、装備を動かしてみたり、乗り心地を確認してみたり、グルリと試運転をさせてもらったり。
試乗車を皆で体感中

個人的には、日産がいちばん乗り心地がよく、長距離の運転も苦にならない“余裕”というものが感じられました……が、お値段もいちばん張っちゃってます。
そのあたり、どこを重視して、どこを捨てるのか、またオプションも何を取り付けて、何を捨てるのか、これから楽しい悩みが始まることと思います。

また今回はじめて知ったのですが、意外と「英語対応のカーナビ」が、ないんですね。
日産はいくつか、「松」「竹」「梅」のクラスで英語対応のカーナビが選択できたのですが、トヨタはしょぼーい機種が1種類のみ。
日産の品揃えは、さすが社長が外国人だからなんでしょうか……。
(ホンダは聞き忘れてしまいました)

あと、気になったのはタイの洪水の影響。
タイの現地で組み立てているクルマは、主にアジアや中東向けのものだそうで、日本国内での新車販売にはさほど目立った影響はないようです。
ただし、オプションのカーナビが、メーカーによっては、部品の調達ができないために、納期が未定に合っているのだとか。
ははー、HDDですか、と思ったのですが、あれ? メモリータイプもやはり納期未定になっているようです。

ただ、今回考えているカーナビはどれもメーカーオプションではなくディーラーオプションなので、先にクルマだけを納車してもらい、あとからナビを取り付けるということもできるので、そのあたりは交渉・相談次第の余地がありますねー。

1回目の訪問で、各店舗の雰囲気や商談へのとっかかりができたので、これからまた各店舗を回りながら、徐々に商談を進めていく……というところだそうです。
ううん、いいなあ、いいなあ。
やっぱりクルマってドンドンと進化していっているので、一緒に乗っているだけでこちらまで欲しくなっちゃいます。

お店を3軒まわった所でタイムアップ、そのまま伊勢佐木町にやってきました。
お口が朝からすっかり焼肉モードになっているので、伊勢佐木商店街そばにある「ホルモン道場 闘牛家」にやってきたんですよ。
ホルモン!
小さな七輪をテーブルに乗っけて、炭火でジュウジュウ焼くのですが、んもう、どれをとってもンマー。
伊勢佐木町「ホルモン道場 闘牛家」の焼肉

普通のロースやカルビ、ハラミなどもメチャクチャ美味しすぎて、一口食べると言葉が出ないほどなんですが、なかでもホルモン、これが特にヤバイのです、ヤバイ。激ヤバ。
何しろ脂がのりまくっているために、お口に入れた途端にとろけていく官能ぶり。
この感触にはもうウハウハいっちゃって、訳わからなくなっちゃいます。

そして、ボリュームがあってオススメと言われた牛すじ煮込みを注文すると……おおう。
なんという地獄温泉。 アツアツに煮こまれた牛すじが、まるでマグマのように吹き上がっているのです!
「これはスゲー、写真じゃ判らん」と動画に撮っていると……わははは。
湯気であっという間にレンズが真っ白に曇ってしまいました。
ダチョウ倶楽部のリアクション芸で絶対に使うことができない、とってもデンジャラスな牛すじ煮込みだったのでした。