東原亜希のデスブログ並みの破壊力

おおう、なんということでしょうか。
今朝のニュースで「東芝が、富士通と共同でを設立した合弁会社を、2012年にも完全に富士通に譲渡して、携帯事業から撤退することに」なんて報道されてるんですよ。
この東芝と富士通の合弁会社って、確かついこの間できたばっかりですよね……どひゃー。

いやー、もうビックリなんですよ。
ぼくが今使っている携帯が東芝製で、特に不具合もなく、不満もなく、使いやすくてお気に入りだったんですから。
そんなお気に入りの携帯機種をつくっている東芝が、携帯事業から撤退すると聞いて、メチャクチャ複雑な気分なんですよ。

実はこれまでにも、ぼくが気に入って使っていると、消滅してしまうということが、多々あったんですよね。
考えてみたら、これまでにもこんなことがありました。

  1. 生まれて初めて買った一眼レフカメラがミノルタ
     →カメラ部門がソニーに身売りされ、カメラメーカーとしては消滅
  2. 生まれて初めて買った新車がスズキのカルタスクレセントワゴン
     →スズキが軽自動車に特化するようになり、普通車は開発中止に
  3. ビデオカセットの次世代はこれだぜ、と映画やドラマ、アニメ作品をLDでコレクション
     →VHDには勝ったものの、LDそのものが消滅
  4. IEより見やすいぜ、とNetscape Navigatorを購入
     →その後フリー化され、そして開発中止、消滅
  5. そのキャラクタ性に惚れて、初めて買った本格型PCがGateway2001
     →突然の日本撤退
  6. Gatewayの次に購入したのが水冷式のNECパソコン
     →水冷装置の欠陥でリコール騒動となり、その後はNECから水冷式PCは発売されず
  7. 黒ラブのキャラクターがカワユイぜ、と日記WebサービスでLycosで利用
     →いきなり楽天Infoseekに吸収され、サービス停止後に消滅
  8. これからはCGIもしなくちゃとレンタルサーバーを利用
     →いきなりの廃業で前払い分は月割で返金
  9. 買い取りではなくレンタル制しかなかった携帯電話の初期時代から10年以上ツーカーホンを利用
     →auに吸収されて消滅
  10. デビューからずっと追っかけ、ライブにも毎回参戦、初めてファンクラブにも入った天野月子
     →メジャーの契約が切れ、その後突然の引退(そしていつの間にか名前を変えての復活)
  11. Amazonポイントが貯まるぜとAmazonクレジットカードをメインカードに
     →発行元のCitiグループの財政悪化からか、有効期限がまだまだ残っている途中で突然の消滅
  12. 毎月のように通いまくっていたミステリ専門書店「TRICK&TRAP」
     →オーナーと店主のやむを得ない都合によって閉店
  13. 手数料が安いからと、野村證券グループのジョインベスト証券をメイン口座に
     →突然にネット専業証券を停止し、野村證券の一支店に。当然手数料はグンとアップ
  14. 結婚披露宴で気さくなマスターの協力のもと、洋館のレストランを貸し切り
    →洋館が火事で消失、その後再建されることなく跡地がマンションに

わははは、何ですか、これは。
もうね、見事なほどの死神っぷりですよね。

ちょっと考えて浮かんだだけでもこれだけ出るのですから、もっとじっくり考えたら、さらに色々と出てくるかもしれません。
しかも、これらのケースはすべて「利用中に消滅した」ものばかりなので、それ以外にも「利用しなくなった後でいつの間にか消滅していた」というケースも数えると、それはもうホント、かなりのものになるのではないかと思うんですよ。

これだけのお気に入りが、ぼくが利用している間に消滅しているということは……。
うーん、自分で言うのもナニですが、これはもう、何か悪いものにとり憑かれているのかもしれません。

そういえば。
近所にある気さくなお蕎麦屋さんも、おじいちゃんが一人でやってる洋食屋さんも、突然店を閉めていたんだっけ……。
これはもう、本格的にぼくの存在がヤバいのかも。