お台場の海で、ボートに乗ってやってくるアイス屋さん

,5(てんご)主宰の澄井葵さんが東京に戻ってきているということで、メンバーの皆さんとの打ち合わせの場としての、ボートをレンタルしてきました。
……意味が判らないですよね。そうなんです、ぼくも言っていて意味が判ってないのです(おい)。
要は、何かと用事にかこつけて、ちょっとでも多くボートに乗っていたい、そういうことなんでしょう。

幸いにして、関東地方も梅雨明けして初めての日曜日。
スッコーンと抜けそうなほどに真っ青な空が広がっていて、絶好のクルーズ日和です。
勝どきマリーナでボートを借りると、「じゃあ運転手さん、適当に流しておいて」。
……かしこまりました。
まずはお台場方面に向かってみました。
例によって例のごとく、レインボーブリッジの下を行ったり来たり。
いつものレインボーブリッジを見上げる角度で写真を撮る

このままフジテレビのあるお台場のなかに入って行きました。
このあたりはアンカリングポイントとして、屋形船や多くのプレジャーボートが係留しています。
ぼくもここで一度はゆっくりしてみたいのですが、意外と暗礁が多いので、下手するとボートの底やプロペラを痛めてしまいそうで、怖いのです。
曳き波を立てないように、ゆっくり、ゆっくりとボートを進めていくと……おお。
この係留している屋形船やプレジャーボートのお客さん相手に、夏シーズン限定で小さなボートで現れる、アイスクリーム屋のおじさんがいるではないですか。
暗礁がどこにあるか判らないので、航路から外れずに「おおーい、こっちにもくださいなー」と手を振ると、すぐにこっちにやってきてくれるので安心です。
小回りよく、機動性抜群のおじさん(のボート)ですよ。
暗礁が怖いので航路から外れなくても、ボートでおじさんがやってきてくれます

アイスキャンデーは1本200円と、「遊園地価格」なのですが、そこはそれ。
ボートの上で食べるアイスキャンデーの爽快感が、また格別にタマランのですよ。
しかしおじさんがだしているボートは直射日光がガンガンに当たっているから、アイスもひょっとして溶けかけかしら?と思っていたのですが、いえいえ。
おじさんがわざわざ「くちびるにくっつかないように注意してね」と言ってくれるぐらいに、キンキンの冷え冷えのカッチカチなんですよ。
どうやらドライアイスで目一杯冷やしているようですね。
ということで、船の上で食べるアイスキャンデー、メチャクチャ美味しくいただきました。
ボートの上でいただくアイスキャンデーは、また格別の味なんです

さて、お台場からは次にどこへ行きましょう……。
せっかくなので、羽田空港を目指してみましょうか。
そのまま東京西航路から羽田空港方面に進むと、どのような大型船と行き交って、波をかぶってしまうか判りませんので、京浜運河から行くことにしました。
穏やかでキモチよく走れる京浜運河を抜けると、そこはもう羽田空港の滑走路なんですよ。
ほら、飛行機!
京浜運河を抜けると、羽田空港です

海の上に張り出している誘導灯の先まで行くと、おおう、頭の上を飛行機が通りすぎていきますよ。
頭の上を羽田空港に着陸する飛行機が通りすぎて行きます

しかし、京浜運河があまりに穏やかだったので、まったく気がつかなかったのですが、外は風が強くなってきているんですね。
どうやら、午後になって5m程度の風が吹いてきているのだとか。
本当は、羽田空港のC滑走路を横目に眺めながら、東京灯標まで行きたかったのですが……仕方ありません。
このうねりでは無理っぽいので、戻ることにしました。

でもやはり京浜運河に入ると、この穏やかさなんですよね。
なんだか、とっても悔しい……。

京浜運河から途中、やはり我慢ならずに東京西航路側に出ると……あらステキ。
青海埠頭のキリンさんたちがズラリと並んでいるその姿が、海と空の抜けるようなブルーと見事なコントラストを描いているのですよ。
青海埠頭のキリンさんたちと、抜けるような海と空のブルーが描き出すのコントラストがステキなんです

ここから浜離宮庭園までやってきました。
アンカーを落としてエンジンを切ると、シンと静まり返った庭園から、今年はじめてのセミの声が聞こえてきました。
ここで、,5(てんご)の皆さんは船上ミーティングに入りました。
運転手は邪魔にならないよう、そっとボートの片隅でスタンバイ。
浜離宮庭園で、,5(てんご)の皆さんが本来の目的であるミーティングに入りました
これで3時間の時間切れ、勝どきマリーナまで戻ってきました。

しかし今日の晴れた空は、クルーズにはとても気持ちよかったのですが、いかんせん、凶暴すぎました。
SPF50+++の最強日焼け止めを買って、何度も顔やら腕やらに塗りたくっていたのに、終わる頃にはすっかり真っ赤っ赤に日焼けしてるんです。
……おかしいんです、おかしい。
ぼくの肌は、日焼け止めを塗っても紫外線の反応を止めることができない特異体質だったのでしょうか。

今日の写真はほとんど、副船長に撮影してもらいました。
さすがはミラーレス、写真の描写力がスバラシイです。
いつものようにpicasaにアップしていますので、お気軽にどうぞ。

,5クルーズ
,5クルーズ

そしてこちらが、GPSで記録した今回の航跡です。
およそ40キロ、ガソリン使用量は32リットルだったそうでした。
勝どきマリーナから羽田空港経由、浜離宮庭園のコース

コメント

louboutin shoes burlesque movie お台場の海で、ボートに乗ってやってくるアイス屋さんへのコメント投稿 : ぼくのミステリな備忘ログ mobile ver.
authentic quality christian louboutin shoes http://takun.net/qviylp.asp?id=1309