錦糸町の埋め立てられた川の上で佇む

今日は会社の定期健康診断で、朝イチから錦糸町に立ち寄ってきましたですよ。

JR錦糸町駅から歩いて検診会場に向かっていると、その途中に上を首都高速が走っている場所があるのですね。
この首都高速の下側が、実は前々から気になっていたのです。
どうも川を埋め立てたような、そんな雰囲気がプンプン漂ってくるんです。
首都高速の下の川を埋め立てたような雰囲気のところ

もともと首都高速は、開業を東京オリンピック開幕に合わせるため、ゆっくり用地買収する余裕なんてなかったと聞きます。
だから、誰の土地でもない川の上に道路を走らせちゃったり(日本橋の“フタされた川”でおなじみの光景)、また川を埋め立ててそこに道路を作っちゃう(都心環状線の新富町から宝町)といった、今となっては信じられないほどのアイデアを詰め込んだかなりのウルトラCワザが編み出されているんですね。

まあそんな状況なので、この首都高速だって、建設される前はきっと川が流れていたに違いないと思ったんですよ。

そんな訳で、どんな川が流れていたのかなー、早速、iPod touchに入れてある「東京時層地図」で調べてみました。
ちなみにこの地図アプリは本当に面白いんですよ。
今いる場所を、現代はもちろん、昭和30年代から明治初期まで時代を遡って見ていくことができるんです。
「地層」ならぬ「時代(時間)の層」で、“時層地図”とは素晴らしいネーミングです。
惜しむらくは、東京篇しかないところ。
やっぱり横浜に住む人間としては、ぜひ、地元でも昔はどんな様子だったのかを見てみたいものです。
そんな遊べることまちがいなし!のオススメアプリです。

さて、その「東京時層地図」で現在の錦糸町周辺を見てみると、このようになっていますね。
地図真ん中辺りに、真横(東西)に走っているの首都高速7号線(小松川線)で「錦糸町」と描かれているあたりが、さっきの写真の場所です。
現在の錦糸町付近

これを昭和30年前半の地図で見てみましょう。
すると……おお。
昭和30年代の錦糸町付近
やっぱり!
今の首都高速が建設される前は、やはりここにまっすぐな川が流れていたようですね。
……ん? まっすぐ?
この川の名前を調べてみると……出ました! 竪川!

まっすぐな川、「竪川」というとお花見チャリティークルーズで行った人工のどこまでもまっすぐな、あの川ですね。
高架と橋脚がまっすぐな川面に映えて美しい竪川

そうか、なるほど!
あのクルーズのとき、「この竪川は途中で暗渠となって地下を流れている」と解説されたのでした。
ということは、錦糸町のあたりも川は完全に埋め立てられているのではなくて、この地下を暗渠として流れているのですか!
暗渠の入口となる箇所では、船は当然進むことができず、大横川に曲がらざるを得なかったのですね。
竪川がこの先は暗渠化されているので、ここで大横川に曲がります

もし、ここをそのまままっすぐ進むと、この場所に出てくるというわけですか、ははー、なるほど!
確かにそういえば、今も残る竪川の上を走っている高架は首都高速の小松川線だったんだ……。

ということで、もういっそのこと、ついでにこの「東京時層地図」で、この錦糸町付近の時代を遡ってみることにします。

【昭和初期】
昭和初期の錦糸町付近
あれ? 錦糸町の駅が今よりもだいぶ西側にあるようですね。
なぜかは判りませんが、昭和30年の頃より1区画半ほども西にずれていたようです。
線路の本数もかなり少ないのがとってもカワイイ感じがします。

【大正初期】
大正初期の錦糸町付近
今での「錦糸町駅前」交差点辺りには「汽車製造会社」という工場が、また錦糸町駅の北側には「糧秣本廠本所倉庫」という日本軍の倉庫があったようですね。
また、南北に走る(縦方向)の市電の線路はまだこの頃にはなかったようです。

【明治末期】
明治末期の錦糸町付近
ここでビックリしたのが駅名です。
「ほんじょ」なんて書かれてありますよ。
本上まなみではありません(当たり前です)。
明治時代までは、錦糸町駅は「本所」駅だったんですね。

【明治初期】
明治初期の錦糸町付近
手書きなので、あまりよく判らないですが、このあたりは「亀戸村」と呼ばれていて、田んぼばっかりのようです。
今の錦糸町の街並みからは想像もできないような農村の光景が広がっていたのでしょうね。

というわけで、ああ、そうだ、肝心の胃カメラの話。
今日はノドの調子が悪く、検診会場で横になりながらポロポロ、ポロポロ涙が流れて止まらなかったんです。
もういつなんどき先生にギブアップのタップを仕掛けたことか……。
そんな涙目のままで会場をあとにしたぼく、駅前でiPod touchをいじくりながら、錦糸町の街並みの移り変わりを想像で眺めたいたのでした。