ページ/2ページ |次のページ最終ページ

6代目のパソコンが我が家にやって来た!

ちょっと前から、パソコンの調子がおかしくなってきていたんです。
突然に固まったり、ブルースクリーンが表示されたり、ひどいときは勝手に再起動しちゃったり、とか。
そのたびに本体のフタを開けて、パーツを全部取り出してじっくりお掃除してみたり、またグラフィックボードの調子が悪いのかと思い、新しく購入して差し替えてみたり、と色々と対応してみたんです。
これで頻度こそ少なくなったものの、それでもやっぱり忘れた頃にブルースクリーンや再起動の現象が発生するんです。

うーん……買い換えちゃいますか。

このパソコンを買ったのは5年前ですが、それでも最高のスペックで揃えたので、まったく問題はないんですね。
Photoshopのようなソフトでもサクサク動くので、まったく買い換えるつもりはないのですが、それでもこの「突然に落ちる」という最大のストレスは溜まったもんじゃありません。

仕方ありません、今回は一眼レフのカメラがほしいなーと思っていた予算を、パソコンに振り返ることにします。
うう、サヨウナラ、ぼくの一眼レフ……!

ということで、木曜日の夜、やったね。
ついに我が家に新しいパソコンが、やって来ました!
新しいパソコンが届いたところ

梱包している箱がメチャクチャ小さくて軽いのには、ビックリしました。
特にモニタの箱ですよ。いったい何なんですか、この薄さは。
23型が入っているはずなのに、以前のパソコンで使っていた17型のものより小さくて薄くて軽いんです。
これが今ウワサの「環境保護対策」ってやつなんでしょうか。
だったら環境保護以上に、ぼくの腰の保護にもなって、どちらにも優しいですな。

しかし、嬉しさのあまり、今、ここで開梱してしまっては、セットアップやらバックアップデータの戻しやらを始めてしまい、途中でやめることができなくなって、翌日の会社に行けなくなってしまうことは目に見えてます。
ということで、この日はダンボールのまま放置しておいて、ガマンガマン。
金曜日の夜に定時ダッシュで帰ってきて、組み立て始めましたよ。

今回のパソコンのスペックはこんな感じです。

  • CPU:Core i7-2600(3.4GHz)
  • メモリ:16GB
  • SSD:160GB
  • HDD:2TB

遂にぼくも話題のSSDデビュウですよ。
早速、PCの電源を入れてみると……おおう、確かに早い。メチャクチャ、早い。
Windowsロゴが出たと思ったら、もうデスクトップが表示されて、もうそのまま使ってOKなんですからねー。
プログラムの読み込みに時間が掛かっていたPhotoshopや動画編集ソフトのEdius Neoだって、サクサク起動して気持ちいいのなんの。

その昔、それまでカセットテープだったデータの読み込みを、初めてフロッピーディスクで行ったときのあの気持ち、あるいはフロッピーディスクでチマチマ読み込ませていたデータがHDDになると瞬時に読み取るようになったときのあの気持ちがよみがえってきましたよ。
新しい技術のスピードに触れたときの感動は、昔から全然変わらないものです。
(おっと、昔を懐かしむようになったら、それはジジイの危険兆候だ……)

ということで、せっかくHDDからSSDにかわったので、巷でよく言われているような次の設定を行いました。

  1. RAM DISKの作成
  2. ユーザーファイルの移動

1.は、メモリが16GBもあるので、ここに4GBのRAM DISKをつくっておき、Windowsのテンポラリーファイルや、ブラウザのキャッシュをここに保存するように設定しておきました。
RAM DISKの作成は、フリーでも使える「DATARAM」を利用しています。

2.は、Windows 7って「マイドキュメント」だけじゃなくて、他にもフォルダがメチャクチャいっぱいできるんですね。
「デスクトップ」も含めて、これらも全部、データ保存用のHDDに変更しました。

で、バックアップしたデータを全部このデータ保存用HDDに戻したのですが、メチャクチャ時間がかかって、ヒイー。
写真や動画データは、無理して全部内蔵HDDに戻さずバックアップの外部HDDに置いたままでよかったのかしら。
このあたり、またマイルールを考えておく必要があります。

ということで、ようやく新しいパソコンを触れるようになったので、早速、以前のパソコンとの性能を比較してみました。
(上段の赤が5代目のパソコン、下段の緑が今回の6代目パソコンです)
5代目と6代目の性能の差

……うひゃ。
5代目のパソコンでも、まだまだPhotoshopはサクサク動くし、当分は替えなくても大丈夫だぜーとか言っていたのですが、新しいパソコンと比べると、こんなにも歴然とした差が出てしまうものなんですね。

唯一、あまり性能に差がないのが、「2D Graphics Mark」ですね。
ただしこれは、先日グラフィックボードを買い換えたばっかりなので、アタリマエのことなんです……。
そして、それがムダになってしまうということで……トホホホホ。

もうついでなので、ぼくの今後の覚え書きのため、これまでのぼくのPC遍歴をまとめてみました。
これでこそ、本当の「備忘ログ」なんですな。

【初代(1996年)】
富士通 FMV DESKPOWER SP(CPU:Pentium(133MHz) メモリ:16MB HDD:1.0GB)

【2代目(1998年)】
GATEWAY2000 G6-333(CPU:Pentium II(333MHz) メモリ:64MB HDD:8.0GB)

【3代目(2004年)】
HITACHI Prius Deck610P(CPU:Pentium III(600MHz) メモリ:128MB HDD:30GB)
2000年モデルを実家からお下がり

【4代目(2005年)】
NEC VALUESTAR G タイプX(CPU:Pentium D(3.2GHz) メモリ:1GB HDD:2TB)
水冷装置不具合によりメーカーに返品

【5代目(2006年)】
EPSON Pro3500(CPU:Pentium D350(3.14GHz) メモリ:2GB HDD:1TB)

【6代目(2011年)】
HP h8-1080jp(CPU:i7-2600(3.4GHz) メモリ:16GB SSD:160GB+HDD:2TB)

おや?
初代と6代目の間の15年で、まるでメモリの数値が一巡したかのように「16」で揃ってますね。
といっても、「16MB」と「16GB」で単位が1000倍違うのですが……。

しかし昔だったら、CPUとメモリ、あとはHDDの容量だけチェックしていたらよかったのですが、ここ最近はグラフィックボードも色々な製品が出ているので、悩みますね。
ゲームはまったくやらないので、そんな高性能なものは要らないはずなのですが、やっぱり動画をみたりブルーレイのDVDを観たりするのであれば、ある程度の性能は必要なのかなーと思ったり。
しかしあまりに種類が多くてよく判りません。
結局は、NVIDIAのGeForceよりコストパフォーマンスに優れているということで「AMD Radeon HD6850」にしています。

CPUもまたしかり。
ちょうど今は世代交代のはざまとのことで、前世代のハイエンドが新世代より安いのに性能としては上という現象も発生しているとか、もう何が何だか。

コンデジで横浜港の夜景をインターバル撮影してみた(その2)

珍しく更新が続いていると思ったら、昨日に引き続き、しつこくコンデジでのインターバル撮影の話です。
興味のない方にとってはどうでもいい内容で、申し訳ありません……。

昨日の動画は、もとのインターバル撮影が夜景ということもあって、そもそも写真が3時間掛けても670枚しか撮ることができなかったのですね。
だから2分程度の動画にしようとしたら、「1秒あたり6枚(6コマ)」という超カクカク動画になってしまったのでした。

この「1秒あたり何枚(何コマ)」という考え方ですが、今どきの携帯動画でも、「1秒あたり15コマ」なんですね。
なんと、昨日の動画より3倍近くも滑らかな動きなんですよ。
これが一般的なDVDだと「1秒あたり30コマ」と、携帯動画の2倍、昨日の動画に比べると5倍の滑らかさになるんですね。

ということで、ええ、ええ、つくり直してみましたよ。
フレームレートはもちろん、「1秒あたり30枚(30コマ)」です。
目指せ、DVD並みの滑らかな動き!なんですよ。

どうでしょうか。
昨日の「1秒あたり6枚(6コマ)」の動画と見比べてみますね。

おおう、こうして並べて見比べてみると、これはもう全然、内容が違いますよね。
確かに「1秒あたり30枚(30コマ)」の方がスムーズな動きでとても見やすいのですが、「1秒あたり6枚(6コマ)」の方も、このカクカク動いているところが、何というか、味わいがあります。
モノクロで撮影したり、トイカメラで撮影するような、そんな遊び心が感じられるからでしょうか。

どっちがいいかとなると、これはもう、そのヒトの狙いであったり、あるいは単なる好みであったりで違ってきそうです。
テーマにあっていたら、もうどっちでもいいような気がしてきてしまいました(どないやねん)。

ただ「1秒あたり30枚(30コマ)」の方は、写真が670枚しかないと、20秒程度のとっても短い動画にしかなりませんね。
かなり物足りなく思ってしまうので、やっぱりもっと枚数が欲しいところです。

コンデジで横浜港の夜景をインターバル撮影してみた(その1)

とりあえず手持ちのコンデジで、インターバル撮影ができるようになったので挑戦してみました。
これは英語では「タイムラプス撮影」ともいわれるもので、適当な間隔を開けながら、何枚も写真を撮るというものです。
このように、一定の時間数をあけるから「インターバル撮影」というのです。
連写のように「続けてシャッターを切る」のではなく、何秒か、何分か、何時間か、設定した時間をあけて、連写するのです。
その“時間をあけて連写した”写真をつなぎあわせると、パラパラマンガのような「動きがある動画」になるのですね。
ただ、記念すべき第1号作品なので、まだまだ反省点が多いのです……。

以下、反省の弁。
今、メインで使っているカメラはCanon PowerShot G11というコンパクトデジタルカメラ(いわゆるコンデジ)なんですね。
コンデジといっても、シャッター速度やレンズ絞り値を自由に設定できたり、RAW形式で写真が撮影できたりと、なかなか本格的な撮影ができるので、ずっと重宝しているんです。
コンデジですが、メインで使っているCanon PowerShot G11

ただ、動画機能が残念ながらまったく満足できないのですね。
「とりあえず付けてみました」的なもので、ここ最近のコンデジの方が、フルサイズHDでキレイな動画が簡単に撮れるだけに、ますまずの残念ぶりが目立ってしまうのです。
だったら、このデジカメで動画機能を使うことは諦めて、インターバル撮影で動画にしたらどうか……と思った訳なんですよ。

しかし、これが一眼レフカメラだったら、オプション品で「タイマー付きリモートコントローラー」なるものが発売されているので、このタイマー機能をつかうことでインターバル撮影ができるようになります。
ところがコンデジだと、そんな「タイマー付きリモートコントローラー」なんて便利なオプション品はないのですね。
となると、自分で時間を測りながら手動でシャッターを切ればいいのですが……全然現実的ではありませんよ。

そんな時に、おおう、何ということでしょう!
見つけたんですよ、Amazonで。
PowerShot G11にも対応している、タイマー付きのリモートコントローラーがあったんです。

これはスゴイけど、所詮はG11なんてコンデジですよ、ホントかいな……。
そう半信半疑に思いながらも、ついつい購入してしまいました。
それがまた到着するのが早いのなんの。
木曜日の夜に注文したのに、土曜日の午前中にはもう到着していましたよ。

そんな訳で、早速夜、ベランダに出てインターバル撮影に挑戦してみました。
うーん、残念ながら空は曇りがちで、空気もそんなキレイに澄んでいる方ではありませんね。
とりあえず、インターバルの設定を「3秒」とし、あとはカメラ側で以下のとおりに設定してみました。

  • シャッター速度:6秒
  • レンズ絞り値:F3.5
  • ISO感度:200
  • ホワイトバランス設定:太陽光
  • 記録画素数:ワイド(3648ピクセル×2048ピクセル)

これでリモートコントローラーの「START」ボタンを押して、あとはほったらかしです。
3時間ほど置いておくと、670枚の写真が撮影できていました。
早速見てみると……あいたた。
ホワイトバランスを「太陽光」で固定しておいたからか、低い位置の雲が光を反射して、変な色に見えてしまっています。
インターバル撮影したうちの1枚

まあ、いいや。最初なんだもの、これぐらいは誤差の範囲ということで。
あとは、この670枚の写真を動画編集ソフトに読み取らせて、1本の動画に仕上げるだけです。 ぼくはEDIUS Neo 3というソフトを使っているので、ここに670枚の写真を流し込んで作成しました。

しかし、ここでまた問題が発生しました。
このソフト、写真を流しこむだけで確かにパラパラマンガのようになって、動画で見たりファイルに書き出すことができます。
ただし、これはあくまで「670枚の写真」であって、「1本の動画」として見ている訳ではないのです。
そのため、動画としての編集ができないのですね。
これには困りました。

ということで、その後はずっとGoogle先生に散々教えを乞うていたのですが、ああ、そうか! 判りました!
次のようにすれば、いいだけだったのですね。

  1. 最初にできる「シーケンス1」で、写真670枚を流し込む
  2. 「シーケンス1」で写真の順序入れ替えや1秒間に表示する間隔を設定する
  3. [新規作成]で「シーケンス2」を作成する
  4. 「シーケンス2」のタイムラインに、「シーケンス1」を流しこむ(動画として認識される)
  5. 「シーケンス2」で、「シーケンス1」の編集や効果の設定を行う

この考え方にはもう、目からウロコがポロポロとこぼれ落ちちゃいましたよ。

あと失敗しちゃったのは、写真の表示速度ですね。
適切な時間となるように、「1秒あたり6枚」としたのですが、そのためにちょっとカクカクした印象となってしまってます。

スムーズな動画として見せるためには、本当は「1秒間に30枚」にしないといけないのですね。
ところが、それだと2分の作品にしようと思ったら、3600枚の写真が必要です。
3時間で670枚の写真しか撮れなかったのですから、3600枚も写真を撮ろうと思ったら……わお、16時間!
もう夜が明けて次の日のお昼になっちゃってますよ。
夜景だと、シャッタースピードが遅い分、数を稼ぐことができないからは難しいことを実感しました。

そんな苦労に苦労を重ねてようやく完成した「インターバル撮影による動画」の第1号、横浜港の夜景の様子をご覧ください。
……ああ、次はもっと明るい時間に撮影して写真の枚数を増やして、スムーズな動きの動画にしてみたい。

今ごろになって「2011年前半アクセスランキング TOP20」

6月が過ぎて半月以上経ちますが、今頃になって急に2011年前半の当ブログ内のアクセスランキングを調べてみました。
2011年1月1日から6月30日の間のアクセスを、Google Analyticsの「タイトル別のコンテンツ」から抜き出しました。
去年の「2010年 ぼくのミステリな備忘ログ アクセスランキング TOP20」と合わせてご覧いただくと、この半年間における社会情勢が如実に浮かび上がってきています(←ウソです)。

という訳で、相変わらず完全な自己満足の世界ですが、「2011年前半 ぼくのミステリな備忘ログ アクセスランキング TOP20」を発表いたします。
なお、( )内は2010年の順位となります。

  1. (2) 女子バレーのエロいユニホーム
  2. (-) 山白朝子の正体がモロバレでした
  3. (-) どこを目指しているのか、「裏ホラー」
  4. (1) 覆面作家・坂木司の覆面サイン会
  5. (19)誰も西尾維新のサイン本とは気が付かない
  6. (3) 「心身に重大な影響を及ぼす恐れがあります」と、裏ホラー
  7. (-) 温泉でヌード写真
  8. (-) 東京電力の壮大な野望
  9. (15)(iPhone 4にも対応)待ち受け画像をつくってみました
  10. (7) 「西尾維新 de GO!」特製しおりと小冊子
  11. (5) Try WiMAXに華麗にトライして見事に撃沈
  12. (-) 鳥肌実 全国時局講演会「死ね!今こそお国の為に」(九段会館)
  13. (-) 会社とマンションで兼任できない防火管理者?できます!防火管理講習1日目
  14. (4) 中村佑介のイラスト画集「Blue」のマウスパッド付サイン本
  15. (9) 「工場夜景ジャングルクルーズ」に参加してきました
  16. (17)Amazonクレジットカードが......どうなる?
  17. (-) 「川崎工場夜景クルーズ02」に参加してきました
  18. (-) キャットファイトの試合模様の写真
  19. (-) こんなところに岡田あーみん情報
  20. (-) 日本のサグラダ・ファミリア、「沢田マンション」

あら、意外と新たなTOP20入りをした記事が多いですね。
一気に2位に食い込んだ「山白朝子の正体がモロバレでした」の躍進には、もう目を見張る思いがします。
これはやはり、乙一がTwitterで山白朝子や中田永一名義でも活動していたことをカミングアウトした影響ですね。
改めて「山白朝子」で検索されてきた方が多かったようです。
しかし、確かにこのページタイトルだとかなり期待できる内容のようですが、いえいえ、そこは例によって例のごとく、どうでもいいことばかり書き散らしているぼくのブログです。
せっかくアクセスしていただいた方には大変申し訳ありませんです……。

これまた一気に3位にランクインした「どこを目指しているのか、「裏ホラー」」ですが、実はこの理由がよく判らないのです。
検索キーワードが「謎の肉玉」関連が多いので、どこかでウワサになっているのでしょうか。
同様に、6位の「「心身に重大な影響を及ぼす恐れがあります」と、裏ホラー」でアクセスしてくる検索キーワードの多くが、「ナポレオンズ」なんですね。
ひょっとしてナポレオンズ自身が、この曲がったスプーンの話をどこかでしているのでしょうか?

8位の「東京電力の壮大な野望」は、福島原発事故が起こった際に、Twitterか何かで「東電のロゴは核分裂を意味している」という、どう考えてもオイオイ的なウワサが流れた際に検索されたものです。
のページも、タイトルからかなり期待を寄せられるページと思われたのでしょうが、これまた例によって例のごとく、どうでもいい内容でゴメンナサイです。
(ちなみに東電のロゴは、ミッキーマウスでも、ましてや核分裂でもなく、単純に丸で「T」を描いただけなんですが……)

地震関係で増えたアクセスといえば、12位の「鳥肌実 全国時局講演会「死ね!今こそお国の為に」(九段会館)」もそうですね。
地震の発生で九段会館の天井が崩落した死傷事件の報道で、「九段会館」の検索アクセスがかなり増えたようでした。

前回同様、エロ関連のネタは

の3本が入っています。
ここ最近はキャットファイトやくすぐリングスといったイベントに参加することがないため、「温泉でヌード写真」などという、ブラクラもどきの記事にアクセスが集中してしまうことになってしまって、大変申し訳なく思っている次第でございます。

さて、2011年後半も含めた通年のランキングはどのようになっているでしょうか……。

ミマキング診療所の背中診談を受けてきました

今日は、ミマキング診療所の「背中診談」を受けに、浅草にゴウ。
浅草といえば、やっぱりアレですな、アレ。
真っ赤なアクセントがかっこいい吾妻橋から、東京スカイツリーと、うんこビルと
東京スカイツリーと、うんこビル。
絶景ポイントは、真っ赤なアクセントがとても嬉しい吾妻橋の上なんですよ。

ここから歩いて10分ほど、お隣りの言問橋の近くにあるサンダル屋さんが今日の会場です。
サンダル屋さんではなく、とっても居心地のいいサロンのLwP asakusa
一見、古いサンダル屋さんなんですが、いえいえ、ここは元サンダル屋さんを改装したカフェなんですね。
LwP asakusaという名前のサロンというか、カフェというか、なんとも居心地のいい空間なんですね。

さて、その「ミマキング診療所」ですが、これはみまきんぐさんという方が、まずは背中を指圧の要領でゆっくりゆっくりマッサージをしていただけます。
この時に彼女が感じる触れた感触や凝り、疲れといったものをモチーフにしてカルテに「絵」として表してくれるというものなんですね。
このカルテは最後に作品としていただけます。

世界にひとつだけの自分の身体をモチーフとした作品だけに、いったいどんなものができるのか、ずっと気になっていたのですよね。
ただ、彼女は大阪在住ということで、なかなか関東ではお会いできる機会がありませんでした。
いやいや、3年ほど前に一度チャンスがあって、予約をしていたのですが、直前になって妊娠していることが判って「当分の間延期します」ということで……Oh~、No~。

それが、ようやく今日、3年ぶりのリベンジで受けることができるのですよ!
やったね!

ということで、ぼくの背中を通して感じた身体はこんなのだそうです。
ミマキング診療所でのぼくの背中診談のカルテ
診談名としては、ズバリ「分断体」だそうです。

ぼくの上半身はスポンジのような感覚で、外部からの力を吸収するような感じなんだそうです。
例えて言うなら、低反発クッションのような、あんな感じ。
ところが、下半身がメチャクチャで、アスファルトの小石がぎっしりと詰まっているような、そんな感じなんだとか。
さらには足裏も厚底ブーツのような分厚いものがあるため、なかなか厄介なことになっているそうです。
この下半身が悪いのは、身体にしなやかさがなく、動くのに関節をうまく使えていないためなのだそうです。
例えて言うなら、直立したまま足に車輪をつけてまっすぐとコロコロ移動しているような、そんな感じ。
こうした悪い動きのため、下半身にドンドンと小石が溜まっていくようになっていくのだそうです。
ただ、その下半身に詰まった小石の悪い部分を上半身のスポンジが吸収していたり、また足裏の分厚い部分に遮られて表面に出てこないから、まったく気がついていないそうです。

さらに「分断体」と言われた所以は、各身体のパーツ。
通常はこれらが一体となって繋がっているはずが、ぼくの場合は分断されているのだそうです。
そのため、その部分の伝達が「無線LAN」のような形で行われているために、ロスがかなり発生していると、そんな状況なのだそうです。

ははーん、それって、まるで島田荘司の『占星術殺人事件』ですね!とか思ってしまったのですが……。
案の定、判る人はおらず……スミマセン。

これまで640人ほどの身体を見てこられたそうですが、ぼくのような「分断体」は初めて見た、とのこと。
うっしっしっし。褒められている訳ではないのですが、それでも「初めて見た」と言われると、なんだかめちゃくちゃ嬉しく感じてしまうじゃないですか。
(結構、「初めて見た」というと嬉しがる人は多いそうです)

ということでこの「ミマキング診療所」は、7月18日に江戸川橋で、7月20日には横浜で行われるそうです。
ご興味がある方はぜひとも受けてみられてはいかがでしょうか。

さて、会場となったLwP asakusaのすぐ裏手は隅田川公園となっていて、メチャクチャ気持いいのですね。
川べりを歩いて帰っていると……おお。
ダブルスカイツリーの場所でなんちゃってパノラマ写真
【クリックで大きく表示します】

ここが噂の“ダブルスカイツリー”として楽しめる場所なんですね。
ただカメラが通常のコンパクトカメラだと画角がワイドすぎて収まりきりません……。
何枚も撮影して、とりあえずなんちゃってパノラマ写真にしてみました。

あと、ビルに映し出されたスカイツリーの方が結構はみ出しちゃっています。
これ、隅田川の上からだともっとキレイに収まるはずなんですね。
色々と残念なコトになってます。

ページ/2ページ |次のページ最終ページ