大雨警報の横浜観光ドライビング

日曜日のこと。
ちょっと用事があって、クルマで外出したんですね。
ちょっと外に出てみたら、そこはもう「何じゃコリャア!」の状態なんですよ。
何しろ、ちょっとやそっとのワイパーでは効かないくらいに雨ザァザァ降り。
なんでも、横浜市内には大雨警報が発令されていたそうなんですね。

うん、そうだ、だったら、アレだ。せっかくなので動画撮らなくちゃ。
ということで、用事を済ませた帰り道。
クルマのフロントにビデオカメラをセットして、レッツゴウ。
いつものドライブコース、横浜産業道路から大黒ふ頭経由でベイブリッジ、山下公園、みなとみらい……と、横浜観光スポットをひとっ走りしてきたのですが、アリャリャ。
どうしてなんでしょうねー、ビデオをクルマにセットして走りだした途端、雨が小康状態になってしまったのでした。

そんな訳で、先日の「1年ぶりに撮った」という動画と、あまり代わり映えのないものになってしまいました。
しかも画面内をずっとチャカチャカ動き回っているワイパーがメチャクチャうっとうしいのですよ、これは。
大雨警報の横浜観光ドライビング

ちなみに、その「1年ぶりに撮った」動画がこちらなんですね。
横浜観光ドライビング2011

そして、その「1年前に撮っていた」動画がこちらです。
いわば初代の動画。こちらは、コンパクトデジカメでの“なんちゃって動画撮影”なんですね。
横浜観光ドライビング

3つの動画を並べて比べてよく判ったことは、やっぱり横浜の街は、真っ青な空の下で観る方がよく似合うなーと。
2番目の動画を撮ったときも、一応晴れていて青空が出ていますが、いえいえ、違うんです。
何というか、もっともっと“真っ青”な空の色がいいんですよね。
例えば「ブルー・ベルベット」のオープニングシーンとか、あと、「ヒッチャー」のラストシーンとか、あれぐらい「ウソッ!」と言わしめるくらいに真っ青な、そんな感じの空がいいんですねー。

横浜の街って結構、真冬に空が晴れたら、真っ青になっちゃうんですよね。
それがまたキレイのなんの。
ということで、決まりですね。
次回、車載動画を撮るときは、きっと真冬の真っ青な空の下の横浜の風景なんですよ……って、何だかよく判らない結論だ。