Googleマップで、映画「ボーン・アイデンティティー」気分を味わう

この間、ネットで「ストリートビュー使った最高の暇つぶし「迷子ゲーム」しようぜ」という面白い記事を見つけたんですね。
ゲームの必要条件は、「Googleマップのストリートビューで、自分の家を見ることができる」、ただこれだけなんです。
そんな訳で、早速ぼくも挑戦してみました。

ゲームのやり方は、まずGoogleマップを開きます。
このとき画面は、メイン地図のみとし、左側の住所や右下のサブの小さな地図はすべて表示しないようにします。
次に、地図の縮尺を日本全体が入るぐらいに調整します。
Googleマップの縮尺を日本全体が入るぐらいに調整します
このあたり、もっと難易度をあげるために日本を小さくするもよし、まずは練習ということで、自分の住む地域(関東とか、関西とか)ぐらいの大きさにするもよし、そこはお好みでどうぞ。

そして、地図左上にあるオレンジ色の人形アイコンを、「自分の家はこのあたりだなー」というところまでドラッグして、適当なところにドロップします。
Googleマップの人形アイコンをドラッグ&ドロップ

すると、その人形アイコンが落ちたあたりのストリートビューが表示されるのですね。
そこからは、自分の感を信じて家まで辿り着こう、というそれだけの簡単なゲームなんです。

ぼくの場合、表示されたストリートビューがこちら。
どこかの漁港
ぬおぉぉ! これは、どこかの漁港なんですよ!

ね! もうこれだけで、「いったいここはどこ?」状態になるじゃないですか。
しかも家に帰る手がかりは、この時点では一切ないんです。
確かに、道を適当に進んでいると、看板が設置されていたり、道ばたに地名の入ったポスターが掲示されていたりと、大体の地名は推測できます。
しかし、どのように道を進めば家に帰れるかは、一切の自分の判断だけなんですね。

……ああ、そうか。
これってよくある「主人公が記憶喪失に陥った」ストーリー展開の映画、そのまんまじゃないですか。
さらに言うと、ぼくが意識を取り戻したのは、どこかの漁港なんですよ……そう、つまり!
ぼくの状況は、これ、まるっきり「ボーン・アイデンティティー」なんですよね。
そうか! ぼくは、マット・デイモンだった訳なんですよ! 素晴らしいぜ、Googleマップ!

しかし、これはハマりますよ。
眼を覚ましたのがどこかの漁港、つまり海のそばなのに、ちょっと進むともう、いきなり山のなかいう不思議な状況なんです。
漁港からちょっと道を進むと、もういきなり山のなか
(道路を逆走してるし……というか、これは撮影車がこの車線を走っていたことなので、仕方ありませんね)

いったい、ここはどこだろう……とキョロキョロしながら進んでいくと、時折、巨大なワナにハマることもあります。
住宅街の裏道みたいなところを走ってます
なんか、住宅街の裏道みたいなところを走っているし。

さらに進んでいくと……
ここはもう道路というよりも、完全にヒトのお宅の敷地内(みたい)
これはもう道路というよりも、完全にヒトのお宅の敷地内に紛れ込んじゃってるんじゃないでしょうか。
いつ、なんどき、家の中からガンコオヤジが飛び出してきて、「コラァー、どこを通っておる! バカモン!」とか怒鳴られやしないか、ドキドキ。
そう思いながらも、ゆっくりとこのお宅前を通りすぎていくと……キャー!

何なんですか、この道路は、いったい、もう!!!!!
……何なんですか、この道路は、いったい、もう!!!!!
道幅は、クルマ1台分……とっても、せいぜい軽トラクラスの大きさしかなさそうなんです。
現実世界でこんな道路が出てきたら、絶対に自分のクルマでは行くことができません……というか、行きませんって。
しかし引き返すにも、エンドレスバックをしないといけないし……そう考えただけでも、ドキドキしちゃいます。
対向車きたらどうしよう、とか、もうバーチャルな地図のサイトなのに、まるで自分がクルマに乗って進んでいるかのような錯覚すら覚えさせるのですから、やはりGoogleマップ、おそるべし、です。

えーい、現実に運転しているんじゃないから、もういいよ、行っちゃえ、行っちゃえ!……などとメチャクチャ思いながら進んでいるうちに、ようやく道路に出てきたんですよ。

ああ、もうこの「道路に出てきた」というだけで、もう何ごとにも替えがたいヨロコビと開放感だったんですよ……。 焦ったけど。

結局、ここから1時間ほど掛けて、無事に横浜の自宅にたどり着くことができました。
(最初の漁港は、三浦半島の先にある間口漁港というところでした)

しかし、途中で通った、ぼくだったら絶対に行きたくないスゴイ道、Googleの撮影車は通って行ったってことなんですよね。
そこが、今日いちばんの「Googleマップ、おそるべし」と感じたところだったのでした。