皆でスカートの中に潜り込む、砂山典子さんの「むせかえる世界」お手伝い

横浜伊勢佐木町商店街(イセザキモール)の1本隣の通りに、もともと銀行だった建物を改装した「nitehi works」というカフェがあるのですよね。
ここで、このGW期間中に、DumbTypeのメンバーでもある砂山典子さんのイベント作品「むせかえる世界」が開催されているということで、今日1日だけですが、お手伝いに行ってきました。
「むせかえる世界」(nitehi works)

この「むせかえる世界」については、説明が難しいので、公式の案内文を転載させてもらいます。

全長20メートルもの巨大な真紅のドレスを身にまとい、2メートルの高さから私たちを見下ろす“女性”。
わたしたちは、そのスカートの中へ潜りこむことが許されている。


1995年水戸芸術館のジョン・ケージ「ローリー・ホーリー・オーバー・サーカス展」にて発表された後、国内外を巡回した砂山典子の衝撃作「むせかえる世界」。
その壮大なライヴインスタレーションが、旧赤線地帯と旧青線地帯の狭間にある、ディープ横浜「若葉町」にて蘇ります。
会場は、1966年(昭和41年)築の銀行を改装したアートスペース&カフェ「nitehi works」。
「カフェ&バー」という居心地のイイ空間で、どんな”彼女”と出逢えるか?
どんな関係を創れるか?

この「nitehi works」がある建物は、もと銀行だけあって、店舗部分となる1階が、吹き抜けの大きなホールとなっています。
もうこの時点で建物の素晴らしさにキュンキュンしてしまうのですが、今回はその吹き抜けを活かしたイベントもすごいのです。
2mの高さからホールを見下ろすパフォーマーは、全長20mのドレスを着てこのホールの真ん中にいます。
パフォーマーが着たドレスのスカートは、ホールいっぱいを埋め尽くすかのように広がっています。
パフォーマーの着た全長20mのドレスのスカートが、ホールいっぱいに広がっています

このホールの中で、流れるような美しいドレスを身にまとったパフォーマーの姿も美しいのですが、また、今回は、この様子をビルの外から見ると、違った見え方になるのですね。
ビルの外から見ると、また違った見え方になります
窓にはめられた厳重な鉄格子越しに見ると、檻に閉じこめられたお姫さまにも見えるし、また、売春宿での客寄せのために取り付けられた「飾り窓」のようにも見えてくるのです。

パフォーマーは、2時間ごとに交代となります。
今回は、砂山さんのダンサー仲間である吉福さんと竹内さんが2時間ずつで交代されていました。

19時に、パフォーマーが吉福さんから竹内さんにバトンタッチされました。
19時に、吉福さんからバトンタッチされた竹内さん
ぼくもこのあたりでお手伝いする状況が落ち着いてきたので、バシバシ写真を撮らせてもらいました。

正面から見るのも素晴らしいのですが、できれば前後左右、360°様々な方向から見ることによって、自分の好きな角度を見つけるのも楽しいことだと思います。
パフォーマーの凛とした風格を感じさせられる後ろから観たところ
ぼくは、凛とした風格を感じさせられる、この後ろからの角度が好きですね。

あとはやはり、鉄格子越しに見える光景も、やっぱりステキなんです。
鉄格子越しに見える光景も、やっぱりステキ

建物は、先も述べたように1階部分は高い吹き抜けとなっているのですが、本来は2階部分である「中2階」があり、ここからホールを見下ろすことができるのですね。
「中2階」からパフォーマーを観ているところ
いや、パフォーマーと同じ視線の高さにきた、というべきでしょうか。

そしてお客さんは、この20mもの長さがあるドレスの裾をめくって、思い思いにスカートの中に潜り込むことができます。
皆、パフォーマーのスカートの中に潜ると、どうも落ち着くらしいのですね。
スカートの中に潜り込んだまま、なかなか出てこないのですよ。男性も、女性も。
皆、パフォーマーのスカートの中に潜り込んで、出てきません
見知らぬ同士でも、パフォーマーのスカートの中で談笑をしたりして、そのうち新しく潜ってきた人が現れると、「いらっしゃーい」なんて出迎えたり。
何やら、みんなして和気藹々と盛り上がっているのですよね。

そんな訳で、お客さんがスカートの下に潜ってくつろいでいる(と思われる)ところと、お客さんがスカートの中をダイナミックに潜っていくところを動画に撮らせてもらいました。
これで少しでも、この「むせかえる世界」がどのような作品なのか、判っていただければ……と思います。

しかし、どうしても気になります。
自分のスカートの中で、知らない人たちが談笑していたら、いったいどんな感じなんでしょう。
先日、2時間パフォーマーをしたという知り合いがいたので、訊いてみました。
すると、どうやら談笑してくれている方が、かえって落ち着くのだそうです。
パフォーマーからすると、自分のスカートの中に潜り込まれると、もうそこはどうなっているのか、まったく見えない状態なのだそうですね。
そんな人たちが「エッ、エッ、エッ?」とか「ウーン……」とか言われたりすると、やっぱり気になって焦ってしまうのだとか。
だから明るく盛り上がってくれていたほうが、安心感があるということらしいのです。
確かに、自分の見えないところでよく判らないことになっているよりも、和気藹々と盛り上がっている方が、安心ですよね。
なるほど、よく判りました。

しかし、どうもあまりにもぼくが、パフォーマーを羨ましそうに見上げているように思われたのでしょうか。
2mもの高さから見渡す世界がどのように見えているのか、携帯写真に撮ってくれたんですよ。
パフォーマーからは、まわりがこんなふうに見えているそうです。

って、やっぱりぼく、パフォーマーをメッチャ羨ましそうに見てるよ……ハズカシイ。

このイベントは、5月8日(日)まで行われています。
なかなか文章だけでは、この作品の面白さや素晴らしさが伝わらないかもしれませんが、ぜひ、お散歩がてら、お茶飲みがてら、横浜・若葉町にある「nitehi works」へ遊びに行かれてみてはいかがでしょうか。

そんな訳で、今回撮影した写真を改めてPiasaにアップしました。 どうぞお気軽にご覧ください。
砂山典子「むせかえる世界」(nitehi works)
砂山典子「むせかえる世界」(nitehi works)