今年も、大手町ビルヂング屋上の観音さまにお参りしてきました

さあて、やって来ましたよ、やって来ました。
ついに今年もやって来たのですよ、年に一度の大開放日! ……ってパチンコの話じゃないです。
普段は厳重に施錠されて、まったくもって外に忍び出ることもできない、大手町ビルヂングの屋上がなんですよ。
ここが、年に1日だけ開放される日、それが今日なんですよ! やったね!

昭和33年に竣工した大手町ビルヂングには、当時の三菱地所社長が、一度は戦火で焼けた東京の街のさらなる復興と発展を祈って、屋上に観音さまを安置したそうです。
で、毎年4月17日には、その観音さまにお参りするため、普段は施錠されている屋上が開放される、ということなんですね。
(今年は17日が日曜日のため、今日、18日が大開放日……じゃなくてお参りの日)

そんな、普段は絶対に出入りできない場所に立ち入りできるというのであれば、これはぜひとも行ってみたい!……などと、観音さまが聞いたら激怒されそうな理由で、今年もお参りに行ってきたのです。

という訳で昼休み。
最上階のフロアに上がると、普段は決して行くことのできない屋上への階段に、今年も案内板が出ていますよ。
普段は決して行くことのできない屋上への階段に、今年も案内板

エッチラオッチラ階段を上がると、そこはもう屋上なんです。
紅白の垂れ幕が、お参りする社員どもを迎えてくれます。
ビル屋上には、紅白の垂れ幕が、お参りする社員どもを迎えてくれます
……あれ?
毎年ぼくが見る光景は、お参りする人の列がズラッと並んでいるところなのですが、今年はどうしたことでしょう。
まったく人の列ができていないのですよ!
ひょっとして、今年は皆、お参りどころではないというのでしょうか。
それとも、単にぼくが来たタイミングが、人の少ない時間帯だっただけなのでしょうか……。

それでも、お参りする部屋に入ると、このとおり、列はできているのでした。
なぜか一安心している、ぼく。
お参りする部屋にはお参りする人の列ができていました

お参りは3列に並んで、お賽銭を台に置き、お焼香をしてナムー。
お参りは3列に並んで、お賽銭を台に置き、お焼香をしてナムー
このような時節柄、色々とお願いしたいことはあったのですが、そこはそれ、あまりに長い時間ナムナムしていると、後ろに並んだ人にも迷惑かけちゃいます。
「また来年も屋上に来れますように」なんて訳のワカランことを願いつつ、部屋から出ていくのでした。

ここで、いよ! 待ってました! お供物をいただけます。
三菱地所さんの名前入りなんですよ!
三菱地所の名前入りのお供物
っかぁぁぁ~、こいつは地所マニアには堪りませんな~。
あとは、CMキャラクターの桜庭ななみファンも……って関係ないか。

このなかは、もちろん! 毎年恒例の榮太樓總本鋪の紅白まんじゅうですよ!
紅白それぞれのまんじゅうが丁寧に紙でくるまれてあって、おいしそうなんですってば。
中は榮太樓總本鋪の紅白まんじゅう!
白いまんじゅうは普通のこしあん、紅いまんじゅうには白のこしあんが入っていて、どっちを食べようか悩んじゃいますね。
去年は一度に2つも食べて、腹がはちきれそうになった教訓を活かします。
今年は今日1個だけ食べて、あと1個は明日のおやつとしましょう。

とまあ、やはり屋上に来たからには、外の景色も堪能させてもらわないといけません。
屋上から飛び降りたりする輩がいないか、目を光らせている三菱地所の方にお断りをした上で、外の景色を楽しみます。

大手町ビルヂングの隣は、もともとみずほ銀行の本社があったのですが、今は更地にされ、地上33階建てという巨大高層ビルが建つ予定なんですね。
普段は見ることができない工事現場を、こっそりのぞき見するこの背徳感……ああ、たまらんぜ。
大手町ビルの隣は地上33階建てという巨大高層ビルの建設工事の真っ最中

あとは毎年毎年、飽きもせずにやっている遊びの写真も1枚。
屋上からの風景をミニチュア写真風に

と、ここで改めて、去年のビル屋上に観音さまをお参りしたときのブログ記事を読み直してみたんですね。
そうしたら……オイ。
タイトルも一緒、文章内容も一緒、さらには掲載した写真まで一緒じゃないですか!
これが他の人の文章だったら、完全に盗作になっちゃってますよ……あぶねー。
成長性のないぼくなのです。
(と言いながら、また来年も同じことを書いているような気がします)