ページ/2ページ |次のページ最終ページ

邦楽もスゴイんです、アイデアと気迫のPV

久々にPVの話など。
以前、「ミステリファンのための名曲集」としてNickelbackの「Someday」「Savin' me」やOasisの「Stand by me」、BUMP OF CHICKENの「K」のPVを紹介したことがありました。
(いや、「K」はPVじゃないけれど……)

それからは、まったくPVを観る機会もなく、新たに「スゲーぜ!」とビックリしてしまうこともなかなかなかったのですが、この間、サカナクションの「アルクアラウンド」という曲のPVがスゴイよ、一度観ておいた方がいいよ、と聞いたのですね。

魚臭い? ラルク・ラウンド?
いやいや、全然違います。サカナクションの「アルクアラウンド」だそうです。

そんな訳で、Youtubeで検索してみると……いやー、現代のネットって侮れませんねー。
ちゃんとアップされていたんですよ。
で、早速観てみたんです。 ところが……。
ん? あれ? これって、カイリー・ミノーグの「Come into my world」じゃないの……などと思わされたんです。
しかし、早まってはいけません! 始まって45秒を過ぎたあたりで、それは、いきなり炸裂してくるんです。
いったん仕掛けがはじけると、そこからがもうスゴイのなんの、止まりません。
「これでもか」「これでもか」と怒涛のように繰り出されてくる仕掛けの数々に、もう、画面から目を離すことができなくなっているんですよ。
スゴイのですよ、スゴイ。スゴイすぎるじゃないですか!

この曲が出たのは2009年12月のようで、既に再生回数は312万を超えてるんですね。
ですから、「けっ、コイツ、何を今さら言ってんの」とか思われそうですね……いやー、スミマセン、スミマセン。
でも、あまりのこのPVのスゴさに、ただ、ただ驚いてしまって、もうこうして叫ばずにはいられなかったんです。

ちなみにカイリー・ミノーグの「Come into my world」はこちらですね。

これも初めて観たときは、かなりビックリしたPVでした。
いや、今、久々に観返してみたのですが、やっぱりメチャクチャ新鮮な気持ちで驚かされてしまいます。
見れば見るほどに発見がある(という気にさせられる)、スルメのようなPVなんですよね。

サカナクションの「アルクラウンド」を最初観たときは、ああ、これはカイリー・ミノーグの「Come into my world」なんだな、だから「スゴイ」とか言われているんだな、とか、そんなうがった見方をしていたんですね。
でも、全然違いました。
サカナクションのスゴイところは、カイリー・ミノーグと違って、お金をそんな掛けなくても、アイデアと気持ちさえあれば、負けないだけの素晴らしい作品ができる、というところなんですよね。

たぶん、もともとは歌詞に対する思い入れが非常にあって、「聞き流されたくない」という強い気持ちがあったんだと思います。
それを製作スタッフが汲みとって、「じゃあ、オレたちも歌詞を聞き流されないように、一発勝負に出てみようか」となって、その気持ちと気持ちがぶつかって、このような緊迫感あふれる“一発録り”作品に仕上がったのではないでしょうか。

いや、ひょっとしたら、実際には何度か撮り直して、それらをうまく繋げているのかもしれません。
それでも、“一発撮り”として掛ける思いは、ヒッチコックの「ロープ」や、黒澤明の「夢」にも負けずとも劣らない素晴らしい作品に仕上がっているのではないかと思います。
画面の向こうから、製作者全員の「思い」が気迫となってビシバシ伝わって、さらには、その思いと気迫から生み出された「アイデア」がキラリと光っている素晴らしいPVだと思います。

それが証拠に、ホラ。
最初は「魚臭い」とか「ラルク・アラウンド」とか言ってたぼくが、今は普通に「サカナクションのアルクアラウンド」って言うようになっているんですから。

工場夜景ジャングルクルーズのマリーナから「極私的工場昼景ジャングルクルーズ」

このブログで初めてクルーズについて書いたのは、工場夜景ジャングルクルーズに参加したときのことだったんですよね。
あれが去年の2月のことでしたから、それから1年も経たないうちにクルーズイベントに何度も参加した挙句、小型船舶の免許まで取ってしまうことになって、すっかりクルーズ日記の様相を呈することになるとは、この時点ではまったく予想だにしていませんでした。

その工場夜景ジャングルクルーズを運営しているマリーナが、偶然なことに、この4月からレンタルボートも始めたのです。
そのとき「このマリーナでボートを借りたら“おひとり様工場昼景ジャングルクルーズ”をしたいな」と考えていたんですね。
すると昨日、天気予報では「日曜日はメチャクチャいい天気になって、午前中は風も穏やかで、絶好のクルーズ日和になるでしょう」みたいなことを言うではありませんか。
さらに、マリーナに日曜日のボートの空き状況を確認すると、「ハイ、空いていますよ、いつでもどうぞ」。
もう、そう言われてしまっては、行かないわけにはいかないのですよ。

こうして、ずっと夢だった「工場夜景ジャングルクルーズのマリーナから、“おひとり様工場昼景ジャングルクルーズ”に出る」ことがついにできたのです!

マリーナのシンボルであるカモメのオブジェに見送られながら、ボートを出していきます。
マリーナのシンボルであるカモメのオブジェに見送られながら、ボートを出していきます
ちなみにこのカモメ、テレビ東京の「空から日本を見てみよう」(くもじいのナレーションの、アレ)にも登場しているんですよ。

京浜運河に出ると、まずはユニバーサル造船におじゃましてみました。
ここで見られる「浮きドック」の中では、何やら船が整備されている真っ最中のようです。
ユニバーサル造船で「浮きドック」の中を見る

ユニバーサル造船から、その奥の方にもこそっと忍び込んでみましょう。すると……、おお。
係留されている護衛艦の向こうには桜が満開だったのですよ。
造船所に係留されている護衛艦の向こうには桜が満開
この桜って、造船所の敷地内に入ることができないと、見ることはできないのですよね。
それをこうして見ることができるなんて、もう「ボート、でかした!」状態なんですよ。

このユニバーサル造船のお向かいには、旭硝子の工場があるんです。
このなかでも、なぜか、この灰一色の煙突がモーレツに存在感をアピールしてくるのですよ。
旭硝子のモーレツに存在感をアピールする煙突
何なんでしょうかねー、この圧倒感は。
そんな訳で、旭硝子前ではずっと、この煙突ばかり写真に撮っていたのでした。

ここでユニバーサル運河を出て、京浜運河を東京方面に向かって進んでいくと……あれ!?
日清製粉のバンザイクレーン、いつも元気に両手を高々と突きあげて「バンザイ」していて、とてもキュートなヤツなんです。
しかし、今日、その前を通り掛かると……
欽ちゃんのように「バンザーイ……なしよ」としているバンザイクレーン
まるで欽ちゃんの「バンザーイ……なしよ」みたいな、オチャメなことをしてるんですよ。
(本当は、タンカーで運ばれた原材料を倉庫に移し入れるオシゴトをした直後だったのでしょうが……)

京浜運河を突き抜けると、東京港が目前に広がります。
千葉方面には東京湾アクアラインの海上部が、手前側には海底トンネル部分の換気塔である「風の塔」がよく見えますねー。
東京湾アクアラインの海上部と、海底トンネル部の換気塔である「風の塔」
ボートは、ここでUターンさせることにしました。
本当は、ここで扇島を回りこんで向こう側に行き、JFEスチールの高炉を見たかったのですが、京浜運河でまだまだ見ていない所がたくさんあったので、ここはガマン、ガマン……。

本来の工場夜景ジャングルクルーズは、京浜運河の突き当たりの東燃化学煙突を見ながら引き換えしていくのですね。
ということで、ぼくも改めてこれを「目標物」として接近してみました。
東燃化学の煙突を目指してみました

……ウヒョー! いったい何なんですか、コレはいったい!
東燃化学の煙突のフレアスタック、今日は絶好調のご様子
今日はフレアスタックが絶好調のようなんですよ。
これまで何度もフレアスタックは間近に見てきているのですが、こんなに炎が大きく噴き出しているのは見たことありません。
このあまりの炎の絶好調ぶりに、録画までしてしまいましたよ。
Youtubeにアップしましたので、お気軽にどうぞ。

京浜運河をここまで来ると、もう羽田空港もかなり近いので、離発着する飛行機もキレイに見えるのですよね。
いつか、このように海の上を離陸したり、また着陸しようとしている飛行機の真下を、ボートで行くんだ。
京浜運河の工場群と、羽田空港から飛び立った飛行機と

しかし、ここでエライ事に気づきました。
あまりに各所でのんびりしすぎたため、残り時間があまりありません!
ボートの返却時間まであと20分。
今いる京浜運河の端っこから、鶴見川のマリーナまで20分で帰らないといけないのですよ……ヤバイ!
行きのまるで牛歩戦術のような進み方とは打って変わり、帰りは許される限りのスロットルで運河を爆走して戻ったのでした。
京浜運河を爆走中

それでも、まだ見ていないところで気になる場所があると、どうしても写真を撮ってしまうのです。
例えば、これ。
パイナップルの絵がカワイイ倉庫
無骨な工場街のなかにあって唯一、メチャクチャかわいい絵が描かれているのです。
ここは倉庫、それもパイナップル倉庫なのでしょうか。
そういえば、「バナナ上屋」というバナナ専用倉庫があるのですね。
さしずめ、ここは「パイナップル●●」みたいな名前の倉庫なんでしょうか。
もしそんな名前の倉庫としたら、ここはもう名前も含めて、なにもかもカワイイ場所なんですよね。

あと、行きしは「バンザーイ……なしよ」と欽ちゃんギャグをしていたバンザイクレーンですが、帰りは……あれれ?
ちゃんとバンザイに戻っていたのでした。
ちゃんとバンザイに戻っていたバンザイクレーンたち

そんなこんなでマリーナに戻ることができたのは、ボート返却時間5分前。
ギリギリ間に合ったのでした……。
そんな、今日のクルージングルートはこちらです。
極私的工場昼景ジャングルクルーズ
何だか、胴の長いワンコの絵を書いたみたいになってます……。

その他、今回の極私的「工場昼景ジャングルクルーズ」で撮った写真は、picasaにもアップしています。
お気軽にご覧ください。

極私的「工場昼景ジャングルクルーズ」
極私的工場昼景ジャングルクルーズ

今年も、大手町ビルヂング屋上の観音さまにお参りしてきました

さあて、やって来ましたよ、やって来ました。
ついに今年もやって来たのですよ、年に一度の大開放日! ……ってパチンコの話じゃないです。
普段は厳重に施錠されて、まったくもって外に忍び出ることもできない、大手町ビルヂングの屋上がなんですよ。
ここが、年に1日だけ開放される日、それが今日なんですよ! やったね!

昭和33年に竣工した大手町ビルヂングには、当時の三菱地所社長が、一度は戦火で焼けた東京の街のさらなる復興と発展を祈って、屋上に観音さまを安置したそうです。
で、毎年4月17日には、その観音さまにお参りするため、普段は施錠されている屋上が開放される、ということなんですね。
(今年は17日が日曜日のため、今日、18日が大開放日……じゃなくてお参りの日)

そんな、普段は絶対に出入りできない場所に立ち入りできるというのであれば、これはぜひとも行ってみたい!……などと、観音さまが聞いたら激怒されそうな理由で、今年もお参りに行ってきたのです。

という訳で昼休み。
最上階のフロアに上がると、普段は決して行くことのできない屋上への階段に、今年も案内板が出ていますよ。
普段は決して行くことのできない屋上への階段に、今年も案内板

エッチラオッチラ階段を上がると、そこはもう屋上なんです。
紅白の垂れ幕が、お参りする社員どもを迎えてくれます。
ビル屋上には、紅白の垂れ幕が、お参りする社員どもを迎えてくれます
……あれ?
毎年ぼくが見る光景は、お参りする人の列がズラッと並んでいるところなのですが、今年はどうしたことでしょう。
まったく人の列ができていないのですよ!
ひょっとして、今年は皆、お参りどころではないというのでしょうか。
それとも、単にぼくが来たタイミングが、人の少ない時間帯だっただけなのでしょうか……。

それでも、お参りする部屋に入ると、このとおり、列はできているのでした。
なぜか一安心している、ぼく。
お参りする部屋にはお参りする人の列ができていました

お参りは3列に並んで、お賽銭を台に置き、お焼香をしてナムー。
お参りは3列に並んで、お賽銭を台に置き、お焼香をしてナムー
このような時節柄、色々とお願いしたいことはあったのですが、そこはそれ、あまりに長い時間ナムナムしていると、後ろに並んだ人にも迷惑かけちゃいます。
「また来年も屋上に来れますように」なんて訳のワカランことを願いつつ、部屋から出ていくのでした。

ここで、いよ! 待ってました! お供物をいただけます。
三菱地所さんの名前入りなんですよ!
三菱地所の名前入りのお供物
っかぁぁぁ~、こいつは地所マニアには堪りませんな~。
あとは、CMキャラクターの桜庭ななみファンも……って関係ないか。

このなかは、もちろん! 毎年恒例の榮太樓總本鋪の紅白まんじゅうですよ!
紅白それぞれのまんじゅうが丁寧に紙でくるまれてあって、おいしそうなんですってば。
中は榮太樓總本鋪の紅白まんじゅう!
白いまんじゅうは普通のこしあん、紅いまんじゅうには白のこしあんが入っていて、どっちを食べようか悩んじゃいますね。
去年は一度に2つも食べて、腹がはちきれそうになった教訓を活かします。
今年は今日1個だけ食べて、あと1個は明日のおやつとしましょう。

とまあ、やはり屋上に来たからには、外の景色も堪能させてもらわないといけません。
屋上から飛び降りたりする輩がいないか、目を光らせている三菱地所の方にお断りをした上で、外の景色を楽しみます。

大手町ビルヂングの隣は、もともとみずほ銀行の本社があったのですが、今は更地にされ、地上33階建てという巨大高層ビルが建つ予定なんですね。
普段は見ることができない工事現場を、こっそりのぞき見するこの背徳感……ああ、たまらんぜ。
大手町ビルの隣は地上33階建てという巨大高層ビルの建設工事の真っ最中

あとは毎年毎年、飽きもせずにやっている遊びの写真も1枚。
屋上からの風景をミニチュア写真風に

と、ここで改めて、去年のビル屋上に観音さまをお参りしたときのブログ記事を読み直してみたんですね。
そうしたら……オイ。
タイトルも一緒、文章内容も一緒、さらには掲載した写真まで一緒じゃないですか!
これが他の人の文章だったら、完全に盗作になっちゃってますよ……あぶねー。
成長性のないぼくなのです。
(と言いながら、また来年も同じことを書いているような気がします)

川を眺めながら、彼女に弾き語りを聴かせる

今日は勝どきマリーナで、メチャクチャ超お気に入りの可愛いボートを借りることができたんです。
これですよ、これ。
イルカみたいでお気に入りの可愛いボート
なんでしょうねえ、この愛くるしさは。
姿形がまるでイルカちゃんみたいだからでしょうか。
その可愛い姿に、乗る前からもうメロンメロンなんですよ。

地震が発生してから、勝どきマリーナでボートを借りるのは初めてなんですが、驚いたのは、危機管理体制がバッチリ整っていたことなんです。
例えば、勝どきマリーナ周辺にある水門は、震度5以上の地震が発生すると、一斉に閉じられてしまうのだそうです。
そうなると、出航しているボートはもうマリーナに戻ることができないんですよね。
そんなときのために、それぞれの場所における「緊急避難場所」が地図として用意されているんです。
万が一、水門に閉じ込められたり、また閉め出されたときには、ここに「緊急避難場所」があるから、ここに着けてください、ということなんですね。
また、前回の地震の時にも経験しましたが、災害時は連絡用として持つ携帯電話が一切通じなくなってしまいます。
その時のために、小型のトランシーバーも用意されていました。
これで携帯電話が通じなくても安心、というわけです。

こう行った危機管理体制がバッチリ整えられていて、安心して利用することができるのですが、残念なことに航行可能範囲も、「余震が落ち着くまでの間は」ということで制限されているのでした。
本当は京浜運河を通って、羽田空港まで飛行機を見に行きたかったのです。
京浜運河は航行可能範囲だったのですが、羽田沖はエリア外ということで、飛行機を見ることはできそうになく、トホホ……。

しかも。
とりあえず京浜運河に入ってみようと、日の出桟橋脇にある浜崎橋ジャンクションのあたりに行ったんです。
そうしたら……おおう。
橋が低いんです。浜崎橋。
こんなに低かったかなーと思ったのですが、あ、そうか。
今日は大潮の満潮ということで、普段よりも潮位が高いんですよね。
無理して橋をくぐっても、さらに潮位が上がって出られなくなってしまったら、大変なんです。

ということで、仕方がありません。
すごすご引き返して、浜離宮庭園でイカリを下ろしてお茶でもいただきました。
浜離宮庭園も、水路に面したあたりは、もうすっかり葉桜に変わっていたのですが、まだまだ庭園奥の方ではキレイに咲いているようです。
お金を払ったヒトにはキレイに咲いているところを見せてあげるけど、タダで見ようという不埒な考えをしたヤツには見せてやらない、ということでしょうか……(←被害妄想か)。
浜離宮庭園は、奥のほうではまだキレイに桜が咲いているようでした

そこから、今度は隅田川をブラブラと遡っていきました。
やはり暖かくなってくると(というか、今日は暑いほどでしたが)、堤防にも多くのヒトが集まってきていて、思い思いの格好で川を眺めています。
そういった人たちを、こちらからも眺めながらボートを進めていったのですね。
すると……うああ、なんと衝撃的な光景が!

階段状になっている堤防に座っているカップル2人組がいたのです。
このうち、男性の方は何やらアコースティックギターをかき鳴らしながら、歌をうたっているようなのです。
そう、弾き語りですよ、弾き語り! 彼女に対する「愛の弾き語り」! ウワォ!!
そして、彼女の方は感激して彼の方をウットリ見ている……こともなく、なんと固まっているんです。
何かに耐えているかのように、ずっとうつむいたまま、固く伸ばした両手をピタっと揃えた足の両膝の上に置いたまま、微動だにしないんです。

何かの罰ゲームなのでしょうか。

しかも。
その「愛の弾き語りカップル」の上、堤防の壁越しには、別のカップルが「何、アレ」と言わんばかりにシゲシゲと覗き込んでいるんですよ!
彼女が、いたたまれないと言わんばかりの姿で固まっているその理由は、わざわざギターを持参して、隅田川の堤防に座らせて、「彼女のために弾き語りをする」という世界に入り込んでしまった彼が恥ずかしかったのでしょうか。
それとも、そんな彼と彼女を上から見下ろしてニヤニヤ笑っているカップルの存在に気付いてしまって、恥ずかしくなってしまったのでしょうか。

……いずれにしろ、そんなマンガでしか見たことのない状況を、初めて目の当たりにしてしまいました。
できることなら、岸壁にボートを係留して、真正面から聞き惚れてみたかったものです(←やめなさい)。

そんな訳で今日のクルーズルートはこのとおりでした。
今日のクルーズルート
総航行距離は、3時間で43キロほどになりました。
これで使ったガソリンを精算すると、21リッターとのことですので、1リッターあたりの燃費にすると、「2キロ」ということになりますね。
リッター2キロの燃費って、いったいどんな昔のアメ車なんだよ、と思われそうですが、いえいえ。
ボートの燃費としたら、これ、結構いい方なんですって。

極私的お花見クルーズで、大岡川800本の満開の桜

何なんでしょうねー。
ひょっとすると、これが「日頃の行いが悪い」ということなんでしょうか。

4月9日土曜日にお花見クルーズしましょうよと告知をした、その日に限って雨なんですよ。
しかも、船をチャーターできる時間帯が残り1枠しかなく、、それが午前中だったのですね。
「では、10時半から12時半の時間帯でお願いします」と予約したら、なんと、ピンポイントで午前中だけ雨が降って、昼からは薄日が差してきたんですよ。
もう、いったい何がどういう事なのやら。

とにかく朝はシトシト雨が降っていたので、チャーター元のおかみさんと電話でご相談。
「キャンセルでいいですよ」と言っていただいたので、参加希望してもらっていた方々には「中止します、ゴメンナサイ」メールを送信したのでした。

しかし、このまま家でゴロゴロしていても、退屈なのは堪りません。
気分はすっかりお出かけモードなんですから。
そんな訳で、とりあえず遊びにいく感覚で、このチャーター元であるお店に行って、看板ワンコであるココちゃんに会いに行ってきたのですよ。
ココちゃーん!
看板ワンコのココちゃんと抱き合うぼく
だっこしてナデナデしてあげていると、すっかり眼がトロンとなっちゃっています。
んもう、かわいいなあ。

こうして事務所で看板ワンコのココちゃんと遊んでいること、しばし。
すると、おかみさん「もしよかったら、船を出しますよ」……って、ええ? マジですか。
どうやら、今日入っていた予約は、全部キャンセルになっちゃったそうです。
そりゃ、雨はまだまだジャバジャバ降ってますし、突風と言っていいほど強く吹きつける風がビュービュー吹いてますから……ああっ! そうか!
今日は、これでボートが貸し切りになるうえ、こんな天気だったら他にも花見をするお客さんなんていないだろうから、お花見場所の大岡川も、ほとんど貸し切り状態なんじゃないかしらん。

ということで、ここは素直におかみさんのお言葉に甘えます。
カッパを着込んで、「極私的お花見クルーズ」に出ますよ!……ということで、急遽、横浜な方々にお集まりいただきました。

この船を貸し切りで、お花見に出発進行!
この船を貸し切りで、お花見クルーズに出発進行!

船長さんは、いつもお世話になっているお姉さんセンセイです。
(ボート免許を取るときに、実技教習をこの先生から受けたので、「船長」というより「センセイ」なんです)
お花見クルーズ船は、ステキな女性船長
うーん、ステキ過ぎるのです、いつも。
……などと、鼻の下をデレデレに伸ばしきっている、ぼく。

大岡川は、両岸におよそ5キロに渡って約800本の桜が植えられているそうですが、やはり今が満開です。
大岡川の両岸およそ5キロに渡って植えられた約800本の桜は今が満開

特に大岡川の桜並木は、京急線「日ノ出町」駅あたりになると、川面に向かって枝が伸びているので、ここを船で通ると、船の上に桜を見ることができるんですよ。
大岡川の川面に伸びる桜の枝
桜吹雪と雨の滴が容赦なく襲いかかります!

通りすぎてから振り返ると、このとおり。
近くで見る桜もいいですが、こうして遠くから見るのもまたステキです

この「お花見ナイスポイント」は、他のお花見クルーズ船でも目玉としているのか、かならず川の端に寄って、川面に向かって張り出した桜の枝の下を通るようにしているのですね。
大きな屋形船だって、ホラ。
その巨体をくねらすようにして、なんとかこの枝の下を通ろうとしているんですよ。
屋形船も、プレジャーボートも、皆、この桜の枝の下を通ろうとします

何艘か、こうした他のお花見クルーズ船ともすれ違いましたが、どの船も屋形船で、お客さんは皆、屋根の下でくつろいで窓から花を眺めています。
うーん、カッパを着込んで、雨と風に耐え忍びながら桜を愛でるという、ハードコアなお花見クルーズをしているのは、この船だけのようでした。
わははは。
屋根なしのボートでお花見に繰り出す面々(ぼくも含む)
乗っているのは、ぼくたちお客さん5人と、船長さん、社長さん(途中下船しました)の7人だけなんです。
24人乗りの大きな船なのに……何という贅沢。

ということで、今日のクルーズは、動画にも撮りました。
ただ、雨のためにレンズに水滴がついたり、途中でカメラの取り付けが緩んで変な方を一瞬向いたりと、これまたかなりハードコアな動画に仕上がっています。

その他、今回の「横浜大岡川お花見クルーズ」で撮った写真は、picasaにもアップしています。
お気軽にご覧ください。

横浜大岡川お花見クルーズ
横浜大岡川お花見クルーズ
ページ/2ページ |次のページ最終ページ