勝どきマリーナから、東京マラソンと、つながった東京ゲートブリッジと

ここ最近、ずっと横浜港とその周辺ばかりをクルーズしているので、そろそろ行動範囲を広げたいなという気持ちがムクムク沸き上がってきたんですよ。
隅田川とか、お台場とか、ディズニーランド沖とか、行ってみたいじゃないですか。

そんな訳で、今日、勝どきマリーナで「安全レクチャー」を受けに行ってきました。
まず、運河に浮かべられたパーティー船に移動し、ここでマリーナのローカルルールや、航行可能範囲の説明を受けます。
事務所ではなくて、こうした船の上での勉強って、なんだかテンション上がりますね! ちょっと揺れてますけど。
インストラクチャーから、ひと通りの説明を受けた後は、ヤマハのボートレンタルではすっかりお馴染みの安全講習DVDを視聴します……って、他のマリーナで観るものと、内容はまったく同じなのですが。

こうして1時間ほどの座学が終わると、いよいよボートに乗っての実技です。
基本的には運河を中心にめぐる2時間ほどのクルーズだったのですが……うーん。
確かに、実際に「行けるところ」「行けないところ」「注意するべきところ」を自分の目で確認できるのはとても判りやすのです。
ただ、今回のこの「安全レクチャー」は、参加者が7名もいたので、実際に操船できるのが順番に交代して……ということで、なかなか身につくところまではいかないのですね。
そんなこんなで時間がきて、あっという間に終了して……なんだか全然モノ足りません。

そこで、ダメモトとばかりに訊いてみましたよ、ボートの空き状況。
すると、おお。
なんとスタッフの方、とてつもなくニコヤカに、「今日は午後でしたら、1台、ボート空いてますよ」。
なんという悪魔の囁き。
もうね、午前中のレクチャーを受けて帰ってきたばかりなのに、早速また午後、今度は個人的にボートを借りちゃいましたよ。

そんな訳で、午後1時半、改めて勝どきマリーナを出発しました。
まずは、午前中の「安全レクチャー」と同じコースをたどってみることにします。

しかし、横浜と違って、東京の運河って水門が多いんですよね。
さすがは海抜0m地帯ですよ。
一瞬、「あれ? 行き止まり?」とドキッとさせられることが結構多いのです。
これだけ水門の数が多いと、デザインも多種多様で、見ているだけで楽しいですよね。
東京の運河には水門が多いのです
こんな事務的なものが基本的なのですが、なかには
デザインに凝っている水門のあったりして楽しいのです
こんなマンガチックなものもありました。
このクジラ、メチャクチャカワイイんですよね。気に入っちゃいました。

また今日は偶然にも東京マラソンの開催日なのでした。
幸いにして、勝どきマリーナのあるところはコースではなかったので交通規制などはありませんでした。
しかしボートでコースとなっている橋の下を通過すると……
沿道では橋の上でも東京マラソンの応援している人でスズナリ
真上には人がスズナリ。
そういえば、上空にはテレビ中継なのでしょうか、やたらとヘリがゴォンゴォンと唸りながら飛び回っています。
ひょっとすると、ボートで川をチンタラ走っているぼくの姿が映ったりしてなかったでしょうか……(ちょっと期待)。

で、こちらが東京マラソンゴール地点の東京ビックサイト(の裏側)。
この人々の群れはゴールしたランナーたちでしょうか、列をなしてウジャウジャと歩いていますよ。
ゴールしたら東京ビックサイトの裏側に追いやられているのでしょうか、東京マラソンのランナーたち

「今日」といえば、これまた偶然重なったようですが、東京ゲートブリッジがとうとうつながったそうですね。
昨日まではごっそりと真ん中が抜け落ちていたそうなのですが、今日はボートで前を通りかかると、
1本の橋としてつながった東京ゲートブリッジ
1本の橋として、ちゃんとつながっていました。
このドデカさを誇るクレーン船が、パズルの最後のピースのように、カチッとはめ込んだのでしょうかねー。
このクレーン船が最後のピースをはめ込んだのでした

で、まあ、橋といえばレインボーブリッジですよ。
東京湾といえばこれを外して語るわけには行きません。
お台場の象徴、フジテレビとのツーショットです。
お台場の象徴、レインボーブリッジとフジテレビのツーショット
うははは、ミーハーです。メチャクチャ舞い上がってます。
舞い上がりついでに、きっとここを通る人の95%は撮っているんじゃないかという写真を、ぼくも撮ってみました。
レインボーブリッジの下をくぐる人は皆、この写真を撮っているのではないかと
ますますミーハーです。

やっぱり東京のクルーズといえば、水門と橋ですよね。
こうして3時間たっぷりと遊んで大満足のぼく、隅田川からマリーナに帰ってきました。
隅田川といえば、勝鬨橋も忘れてはいけません。
最後に、その勝鬨橋を見に行きましょう。

東京の昔を扱う物語では必ず登場する勝鬨橋、その昔は、船が通るときはクルマや人の通行を停めてロンドン橋のようにグググッと上がったというから、カッコイイじゃありませんか。
その勝鬨橋が、ここなんです。
勝鬨橋は隅田川の割と下流にあります

……って、あれ?
「ロンドン橋のように開く」というところから、すっかり“橋全体が開く”のかと思っていました。
しかし橋の現物を見て気づいたのですが、それって全然違っていたんですね。
なんと開くのは、真ん中の一部、
勝鬨橋が開くのは真ん中の一部分のみ
ここだけのようです。
うーん、確かに昔の船だったら、コレぐらいの幅さえあれば通ることはできるかもしれないけど……なんか物足りないんですよね。
もういっそのこと、橋全体がグァバァァァーと開くようにしてみてはいかがでしょう。
スカイツリーと共に、絶対に隅田川の格好の観光名所になると思うのですが。

そんな訳で、例によって例のごとく、GPSで記録した今日のクルーズ記録がこちらです。
GPSロガーによる今日の航行記録

あと、どうしてもこれだけは外せませんでした。
お台場にあったとても気になるトゲトゲマンションです。
通称「オレに触ると怪我するぜ」マンションとなるのでしょうか……(勝手に命名)。
通称「オレに触ると怪我するぜ」マンション