ずっとやりたかった「極私的工場萌えクルーズ」

ボートの免許をとってからはずっと、横浜港内をプラプラとクルージングをしては、「極私的横浜クルーズ」とか言っていたんですが、いえいえ。
本当にぼくがやりたかったのはそういう事じゃないんですよ。
ボート免許を取った最大の理由は、「好きなときに、好きなだけ、工場を見ていたい」、ということだったはずなんです。

そんな夢を今日、ようやく叶えることができました!
横浜ベイサイドマリーナで90馬力のボートを借りて、いざ、根岸に向かって出航です!

昨日までの雨が大気中のホコリをキレイに洗い流してくれたからなのか、それとも今朝は気温がグンと下がってキンと冷えたおかげなのか、空気がメチャクチャ澄んでいて遠くの景色までキレイに見えているんですよ。
ベイサイドマリーナの背後には、ホラ、富士山がこんなにもくっきりと。
ベイサイドマリーナの背後には、富士山がくっきり

なかでも、ボートの場所によっては、突然「ガントリークレーン」「富士山」「ランドマークタワー」「ベイブリッジ」と、横浜の観光名物が一挙に4つも重ねて見えるという、とっても贅沢な場所も発見することができました。
「ガントリークレーン」「富士山」「ランドマークタワー」「ベイブリッジ」と、横浜の観光名物が一挙に4つも見えました

そんなこんなで、少々テンションが上がり気味のご様子のぼく。
「フゥウーッ!」と、まるでくまだまさしのような声を発しながらマリーナを出ると、それからほんの10分ほどで、最初の目的地であるJX日鉱日石エネルギーの根岸製油所に到着しましたよ。
JX日鉱日石エネルギーの根岸製油所

ここは、以前にも参加した「工場夜景アドベンチャークルーズ」でおなじみの場所なんですね。
夜景もメチャクチャ素晴らしかったのですが、やっぱり昼間に来ても、いいんです! いい! メチャクチャいい!
このサビが浮いて年季の入ったプラントと、塗装もまだ新しいプラントが入り組んで、そこにモウモウと立ち込める水蒸気の世界なんて……もうどんな「ブレードランナー」というのでしょうか。 新旧入り混じるプラントと、もうもうと立ち込める水蒸気と

この「好きなときに」「好きなだけ」工場をたっぷり見られる……。
ああ、今のぼくは夢を遂に叶えているんですよね! ウットリ。

この根岸製油所でのお楽しみは、こうした美しいプラントをみてため息をつくだけではないんですね。
フレアスタックだって負けてはいられません。
今日もこうしてブボボボボボ、ブボボボボボと唸りをあげて炎を吹き出しているんですよ。
今日も元気なフレアスタック
フレアスタックって、遠くから見たら単に煙突の先で炎を燃やしているだけのように見えますが、実際は煙突内からものすごい勢いでガスを吹き出していて、その勢いで炎が揺らめいているんです。
ちょうどロケットエンジンのような感じ、でしょうか。

そのフレアスタックの様子を、今回は動画にも撮ってみました。
ほとんどが風の音に邪魔されてうまく取れていないのですが、1本だけ比較的に、ガスを吹き出している音が聞こえるものがあったので、そちらをYoutubeにアップしてみました。

さて、思う存分根岸製油所を満喫したので、ここからは本牧埠頭前を経由して、横浜港入口のまだ向こうの扇島にある、JFEスチールの高炉を見に行くことにしました。
この高炉は、「扇島」という埋立地に、「外側に向かって」建っているんですね。
だから、運河を通る通常の工場クルーズはもちろん、高速道路からでも、この高炉をよく見ることはできないんです。
だからこそ、余計にずっと「見たいなー」「見たいなー」と思っていたんですね。
それを、今日、夢が叶ったんですよ。ウヒー。

大型船が頻繁に行き交って、波もバシャバシャと跳ねていてメチャクチャ気の荒い感じがする、運河の「外側」を走っていくと……おお。
ありましたよ、ありました。JFEスチールの高炉が。
扇島の外側からしか見えないJFEスチールの高炉

なるほど、2つも建っているんですね。
こりゃ存在感が抜群ですよ。
このうち向かって右側は、水蒸気をワボワと噴き上げていて、とても活動的なんですね。
もう、スチームパンクなんです。
水蒸気を噴き出していてとても活動的

一方、向かって左側は、水蒸気なんて一切出さず、かなり大人しい感じなんです。
大人しそうだけど、フレアスタックで内なる情熱を燃やし続けています
ただその前に設置された赤白の煙突からは、写真では見えづらいですが、ものすごい勢いでこれまたフレアスタックが吹き出していたのでした。
見かけは大人しいけど、内に秘めたる情熱は誰にも負けないぜ、という感じでしょうか。

こうして、写真を撮りまくっているうちにあっという間に3時間という時間が過ぎてしまいましたよ。
ヤバイ、ヤバイと慌ててマリーナにギリギリで戻ったのでした。
3時間だと他にも行きたいところが全然行けなかったので、今度は6時間コースで頼もうかしらん。

そんな今日のコースは以下のとおりです。
「極私的工場萌えクルーズ」
本当は京浜運河の川崎側も進みたかったし、八景島の入江で錨を下ろしてお昼寝もしてみたかったのですが……。
それはまた今度のお楽しみにしましょう。

今日の「極私的工場萌えクルーズ」で撮った写真は、picasaにもアップしています。
お気軽にご覧ください。

「極私的工場萌えクルーズ」
極私的工場萌えクルーズ