ずっとGPSに補足されてみました

という訳で、去年最後にAmazonで衝動買いをしてしまったGPSロガー。
こんなヤツ。

いったいどれほどのものかと、お正月の今日、クルマのダッシュボードに置いてお出掛けしてきたんですよ。
その結果がこちらです。
2011年お正月の道のり

解説しましょう。
まずは東京のなかをウロウロしてみました。
原宿ではスッゲー渋滞にハマってしまったので、「渋谷区」と書かれてあるあたりが、クチャクチャクチャとなってしまっています。
その後、東名高速にのって、海老名サービスエリアまで行ってきました。
そして厚木インターで引き返し、町田インターから横横道路を経て、首都高速の湾岸線にのり、レインボーブリッジを眺めてまわって帰ってきています。

ということで、総距離250キロほどのコースですが、すべてしっかりと記録されていますね。
これはスゴイ。

しかも、これの本当のスゴさは、このGoogle Mapの縮尺をグイーンと上げたときに判ります。
この道路のマーキング、高速道路や国道といった大きな道路はもちろん、住宅街の路地という細いところまでしっかり、「どこを通っているのか」ちゃんと記録されているんですよね。

……と、いうことはですよ、コワイことを考えてしまいました。
例えばストーカーな野郎がいたとして、その彼がお気に入りの女の子の持っているバッグに、このGPSロガーを装着したら、これ、エライことなんですよ。

そのお気に入りの女の子が「何時に」「どこへ行って」「何時まで」「そこにいたのか」といった情報が、全部、そのストーカー野郎に筒抜けになってしまうのですよね……。
まあ、ストーカーは大げさとしても、例えばダンナの浮気を疑っている奥さんが、カバンにこれを仕掛けたとしても……ブルブル。

いや、ダメです!
そんな夢のない(というか犯罪ですって)使い方ばかり考えていては、ダメなんです!

例えば、こんな使い方はどうでしょう。
家で飼っているニャンコの首輪につけておくのです。
そうすると、そのニャンコが町内パトロールにお出かけしたときに、いったいどこをパトロールしているのか、また途中でネコの集会に参加したときは、どこで行われているのか、どれぐらいの時間続けられたのか、とか。
そういう普段はナゾのネコの習性がとてもよく判る使い方なんですよね。

それですよ、それ! それにしましょう!
ということで、今後、このGPSロガーの使い方は、「ネコの町内パトロールの見張り」ということで、よろしくお願いいたします。

以上、悪用厳禁のGPSロガーの話なのでした。