小型船舶操縦の免許、いただきました

横浜市内って全然雪は積もってないし、そもそも住んでいる人が多いからプレゼントを配ってまわるのも大変なんでしょうね。
だからでしょうか、サンタクロースがバイクに乗って、集団でやって来ていました。
なぜか23日に。
横浜市内には23日に、サンタが集団でバイクに乗ってやって来ました

きっとぼくも、そんなバイカーサンタからプレゼントをもらったのでしょうね。
12月24日のクリスマスイブに合格発表があって、無事、小型船舶操縦の免許を取得しました!
やったね!

思えば、ボート免許を取るきっかけは、Twitterでした。
たまたま知った「横浜高架橋脚クルーズ」のイベントに参加したのですが、、そのときにボートをチャーターしたお店が、ボート免許の教習もやっていたんですね。
話を聞いていると意外に安くで、しかも短期間で取れちゃうみたいなんです。
そのときは「へー」と思っていたのですが、段々とその気になってきて、翌日にはお店に「改めて話を聞かせてください」と電話を掛けていて、その週末には受講申し込みをしていたんです。
これが11月の頭のこと。
その後は順調に12月12日に学科試験に満点で合格(エッヘン)、19日には実技試験を受けての、あっという間の1ヶ月半だったんですね。

24日に合格発表されるとすぐ、ボートスクールの方で免許証が届くよう手配をされているとのことで、さっそく今日、受け取りに行ってきました。
これです、ジャジャジャーン。
ボートスクールを見下ろす鉄橋上で、さっそく小型船舶操縦の免許証を堪能

ボートスクールには、お世話になりっぱなしの実技のインストラクター先生もいて、「試験はどうだった?」。
いや、もう、おじいちゃんみたいな優しい試験官で、「消火器がここにありますね? では消火器の点検をしてください、とかそんな感じだったんですよーと伝えると、先生、「そんな試験、聞いたことない……」とビックリして絶句していました。
どんな試験官に当たるのかも、これはきっと運なんですよね。ウン。
いや、あるいは試験官が実はサンタクロースだったのかもしれません……。

さて、こちらのボートスクールでは、免許を取ると1時間、無料でボートを貸してくれるのです。
利用状況を確認すると、明日の日曜日は丸々空いているのだとか。
おおう、そいつはラッキー!
身体がまだ操縦を憶えている間に乗り慣れたいので、ぜひとも明日、デビュウのボートをお願いします。

ただ心配なのは風と波なんですね。
今日だって、天気がとても良くてサイコーのクルージング日和のようだったのですが、いかんせん、風が強い。だから海上もうねりがあるようなのですね。
おかみさんも、その点を心配してくれていましたが、「まあ、凪いでいると思って操縦したらいいんじゃないかしら、あははは」とのアドバイスを……ありがとうございます……。

そんな訳で、どうやら一部では、ぼくが免許を取ったら、船に最初に乗せるのはいったい誰?という声もあったようですが、どうやら正解は「インストラクターの先生」となりそうです。

ボートスクールの前の空き地では、相変わらずニャンコたちがニャーニャーと愛想を振りまきながら日向ぼっこ中。
ボートスクールの前の空き地にいるノラニャンコ
ボートスクールでは看板ワンコの“ココちゃん”を思いっきりモフり倒してきたのですが、ここでもまたニャンコたちをモフリング。
ワンニャン両方モフれる楽しみがあるのも、実はこのボートスクールの隠れた魅力なんですね。

メリーメリー、クリスマス。