スゴク視線を感じるの!私を視つめるのはいったい誰!?

この間発見したミケネコ三姉妹のたまり場の続報です。
彼女たちは相変わらず、そのお宅のガレージに停められたクルマを寝床にして、すっかりくつろいでいるようなんですよ。
クルマの上と下ですっかりくつろいでいるミケ姉妹

しかしこの写真、よくよく見ると、クルマの下にいる妹は心なしか少々不安そうな顔をしているんですよね。
そうです、きっと彼女は心のうちでこのように叫んでいるに違いないのです。
下にいる妹は心なしか不安そうな表情をしているのです
「……視線を感じるの! 誰? 誰なの!? 私を視つめるのはいったい誰なの!?」

すると、その彼女に向かって天から降り注がれてきたその声は!
お姉さんは、いつでも上から妹を見守っているのですよ
「私だ……」
「ああ、お姉さま!」

……って、これじゃまるで、モンスターエンジンの「戯れる神々のコント」の劣化コピー版じゃないですか。
でも、そうは言っても、確かに彼女たちの間には、このような展開が繰り広げられていたのですよ。
くつろいでいるように見えて、実は壮絶なコントを仕掛けてきていたミケ姉妹
くつろいでいるかのように見えて、実はモンスターエンジンの壮絶なコントを仕掛けてきていたのですね。

そんな隠された物語があることを知って、ヒトサマのガレージ前にも関わらず「おおう、おおう」と感動に打ち震えるぼく。
すると……あ、忘れてた。
真ん中の妹がいないのですよ。
一匹狼的な性格の真ん中の彼女ですから、こんなコントに参加するわけがありません。
「どこだー」と探してみると、案の定、ちょっと離れた場所から、メチャクチャ冷めた目でこう言ってきたんですよ。
真ん中の妹はメチャクチャクールなんです
「知らんがな」

いつかお前たち三姉妹を、一匹残らずモフりまくってやる。