コインパーキングで隠れニャンコ

伊勢佐木町の裏道にあったコインパーキングにクルマを停めたときのこと。
用事を済ませ、さあ帰ろうかと精算機の前に立つと、なんと、そこでキジトラのニャンコがのんびりお昼寝中だったのです。
コインパーキングの片隅でお昼寝中のキジトラ

おお、なんだ、キミ。こんなところでお昼寝か? 気持よさそうだねー。どれ、よかったらもっと気持ちよくさせてあげるから、モフモフさせてちょうだい……とか何とか言いながら近づいていくと、ありゃりゃ。
「何だよぉー」と言わんばかりのものすごい迷惑そうな顔をして、逃げて行ってしまいました。
というか、これ、キャツにしてみたら逃げたというよりも、隠れたつもりなんでしょうね。
お昼寝を邪魔されたキジトラ、逃げて行っちゃいました

あのー、メチャクチャ見えているんですけど。というか、丸見えなんですけど……。
そう話しかけると、キャツもこちらのことがとても気になるのでしょう、耳だけ出して様子を伺っているんですよ。
耳だけを出して、こちらの様子を伺っています

ただ、耳だけではあまりに情報が不足するのでしょう。
時おり、「ン?!」っと顔を覗かせてこちらの様子を見てくるのですが……
我慢できずに顔を覗かせてきました
もっと丸見えです。

結局、隠れることができないと判断したのか、このキジトラ、停められてあるクルマの下に隠れ場所を移動させたのでした。
でも、そんなことではめげないぼく、待ってよーと付いて行くと……
あまりに追い回しすぎて、すっかり不機嫌になってしまったキジトラ
メチャクチャ不機嫌になってしまったご様子。
……スミマセン、スミマセン、めちゃくちゃスミマセン。
とっとと精算して帰らせていただきます。

と、今度こそ精算機に向かうと……キャー! キャー、キャー、キャァァァーッ!
クロネコもこっそりと様子を伺っていたのでした
精算機の裏からは、クロネコなニャンコが、これまた様子をそっと伺っていたのでした。

もう、いったい、このコインパーキングは何なのでしょうか?
帰ろうとする利用客を、こうしてニャンコで足留めさせておいて、少しでも駐車料金を高く払わせようという狙いでしょうか?
だったら……なんて恐るべき戦略なんだ。