ページ/2ページ |次のページ最終ページ

日本での袋綴じ本

勤労感謝の日って、いったい誰が誰の勤労に対してどんな感謝そする日なんだろう……とかなんとか、ちょっと調べればすぐに判りそうなことをウダウダ思いながら、昼過ぎまで惰眠を貪っていた11月23日。
このままじゃイカン、とゴソゴソ起きだして、昼ごはんを食べながらテレビのチャンネルをザッピングしていたんです。

そうしたら、たまたまチャンネルを変えたところが中山秀征司会の「DON!」。
ここで、本の袋綴じについての話題が挙げられていたのですね。
「日本で初めての袋綴じは何でしょう?」との質問に、出演者一同、コンビニでよく見かけるエロ雑誌のことを考えていたようですが、いえいえ。
そこはちゃーんとお昼の番組です。
放送で実物が紹介できるような単行本がえだったのですよ。
アシスタントのお姉さんが「これが日本で初めてと言われる袋綴じ本です」と出してきたのは……ええっ? ウソでしょう?!

なんと、『マイアミ沖殺人事件』だったんですよ!

……ご存知でしょうか、『マイアミ沖殺人事件』。
いわゆる“捜査ファイル・スタイル本”のハシリとなった作品で、内容は5通からなる調書と、「現場で採取された」物証として、電報や手紙、メモ、血痕の付いたカーテンや採取された指紋、髪の毛、マッチの実物が添付されているものです。
で、読者はこれら調書や物証をもとに、犯人を推理する……というものですが、この犯人を述べてある箇所が袋綴じになっているのです。

しかし、『マイアミ沖殺人事件』って、表紙デザインのイメージから考えても、そんな古くはないですよね?
もっと前に出版されたイメージの本だったら、バリンジャーの『歯と爪』があるでしょう(しかも『歯と爪』は、単なるネタバレ防止のためだけじゃなくて、返金保証のためでもあるし)。
そう思ったところで、ああ、そうか。
きっとこのあと、「単行本での初めての袋綴じ本は、この『マイアミ沖殺人事件』ですが、実はもっと古いところでは文庫本で『歯と爪』という作品があるんです」とか言うに違いないのですね!
そういう構成になっているのですよね!

そう思っていたのに、ああ、それなのに……あらら。
袋綴じ本についての話題は、このまま終了してしまいましたよ。

うーん、どうにも納得できない気分なんですよね。
ああ、ぼくが単に思い違いをしていただけなのかしら。
実は、思ったより『マイアミ沖殺人事件』は古いとか。
逆に、思ったより『歯と爪』は新しいとか。

そんな訳で調べてみました。
奥付によると、『マイアミ沖殺人事件』の初版は昭和57年、つまり1982年のことなんですよね。
対する『歯と爪』の初版は、なんと! 昭和52年、つまり1977年なんですよ!
『歯と爪』の方が、『マイアミ沖殺人事件』より5年も先に出版されているんですよ!

どうなっているんだ、こりゃ。

あるいは、番組で紹介したかったのは「単行本としての、日本で初めての袋綴じ本」だったのかもしれません。
ここでフト思い出しましたよ、単行本の袋綴じ。
島田荘司のデビュー作である『占星術殺人事件』も、単行本では後半が袋綴じになっていましたよね。
そこで、念のために調べてみたところ……おい。おい! おーい!!
初版出版年は昭和56年、1981年のことなんですよ!
それって、『マイアミ沖殺人事件』の前年じゃないですか。

ということで、結論。
「DON!」では明らかに誤った情報を、休日の真っ昼間に堂々と流してしまったのでした。
しかし気になるのは、いったいスタッフはどこでどう調べて、「日本で初めての袋綴じ本は『マイアミ沖殺人事件』だ!」として放映してしまったのでしょうか……。

……とまあ、これだけでは単なる文句タレのグチモード全開の不快な日記になってしまいますので、取ってつけたように、その他にも印象的だった袋綴じ本の初版年について調べてみました。

……あれ?
このように書き出してみて、ひとつ気づきましたよ。
これって、ほぼ5年おきぐらいの間隔で出版されていますよね。
ひょっとすると出版業界では、5年間隔ぐらいで袋綴じ本を出したくなるような、そういった雰囲気でもあるのでしょうか……まあ偶然でしょうが。

また、このなかでは飛鳥部勝則『殉教カテリナ車輪』だけが異色な感じがしますが、この作品だけは「なぜ、これを(この部分を)袋綴じにする必要がある?!」という、違う意味での印象に残った本だからだったのでした。

そういう意味から考えると、やっぱり袋綴じ本の最高傑作は「袋綴じであることで成立する」物語を生み出した、泡坂妻夫『生者と死者』で決定ですね!

けのびの等々力と、京浜運河の工場夜景と。

以前から、けのび主宰の羽鳥嘉郎さんに「写真を撮らせてよー」とお願いしていたら、「いいっすよー」と気軽にお返事もらえちゃいました。
女優陣の意向も訊かずにいいのかしらん……とドキドキしながらも、カメラを持って、今日1日1回だけの公演「等々力」が行われている渋谷は百軒店商店街の児童遊園にゴウ。
公演会場となった渋谷・百軒店商店街の児童遊園

ちなみにこの百軒店商店街って、以前にノリピー夫妻がアレされて、自称プロサーファーの旦那がソレされて、ノリピーがナニしたところですな(←地元の方にとっては迷惑なだけの、どうでもいい情報)。

そんな訳で、50分程度の公演の合間に300枚ほど写真を撮らせていただきましたよ。
相変わらず、写真撮り過ぎです。
でも、いいのです。なぜならそれがデジカメライフだから。
ヴィヴァ、デジカメライフ!

到着したときは、開演10分前ということで、メンバーの皆さんは主宰で演出の羽鳥嘉郎さんが見守る前でアップ中でした。
羽鳥嘉郎さんが見守る前でのアップ中

大倉マヤさん(マヤ印)です。
大倉マヤさん(マヤ印)

西田麻耶さん(五反田団)です。
西田麻耶さん(五反田団)

澄井葵さん(青年団演出部、,5(てんご))です。
澄井葵さん(青年団演出部、,5(てんご))

本番中ずっとカメラ片手に落ち着きなくあっちへウロウロ、こっちにコソコソ……と動きまわっていたぼく。
主催元の方が記録用のビデオ撮影をしていたので、結構邪魔になっていたかもしれなかったかも……と終了後に気づいて、「キャー! ヤバイ!」。
そのため、皆さんがお話ししている合間にご挨拶もせず、そそくさと逃げるように帰ってしまいました……スミマセン。

その他の写真は、こちらにアップしています。
お気軽にどうぞ。

けのび「等々力」(渋谷百軒店商店街内児童遊園)
けのび「等々力」(渋谷百軒店商店街内児童遊園)

そのまま横浜に戻ると、今度は大さん橋にゴウ。
以前に参加したときとは別の会社が主催する工場夜景クルーズへの参加です。

ただ残念ながら、この工場夜景クルーズでは昭和電工の「マトリョーシカ型建造物」はスルーしてしまいます。
その代わり、東亜石油扇町工場をバックに船首で記念撮影の時間が設けられたり、横浜港の夜景を堪能する時間が設けられたりと、かなり観光客を狙った一般受けするものでした。
とは言うものの、そういた観光客向けとするには、クルーズのルート図や、見所の案内といった資料が一切渡されないため、終わってみれば何がどれだったのか、よく判らなくなってしまうように思われます。
せっかく対象を観光客向けに絞るのであれば、そういった「判りやすさ」をもっと出した方がいいのではないかと思われます。

そんな訳で、今回のクルーズをおさらいしてみました。

大さん橋には「にっぽん丸」が停泊していて、工場夜景クルーズの出発と合わせるように出航していました。
オシゴト中のタグボートがめちゃくちゃカワイイのです。
タグボートにお尻を一生懸命押されて出航する「にっぽん丸」
このタグボート、まるで休みの日に「疲れたー」と言って動かないパパを必死でどこかに連れて行こうと頑張っている子供みたいなんですね。
だからかわいく感じるのかー。

そして京浜運河の端っこにあるフレアスタック。
以前の「火事でも起こっているんじゃないか」と心配になるほど明るかった頃に比べると、ここ最近はだいぶ落ち着いているようです。
ここ最近は落ち着いているフレアスタック

その立ち姿がいつもメチャクチャかっこいい東亜石油の建造物。
立ち姿がいつもメチャクチャかっこいい東亜石油の建造物

上記の建造物に次ぐ、ナンバーツーの地位を誇る東亜石油の建造物。
ナンバーツーの地位を誇る東亜石油の建造物

スクエアの土台がメチャクチャかっこいい双子の煙突たち。
スクエアの土台がメチャクチャかっこいい双子の煙突たち

日清製粉の万歳クレーン前には、初めて船が着けられているのが見られました。
万歳クレーンと、船の普通のクレーンが共演中でした。
万歳クレーンと、接岸した船の普通のクレーンが共演中

今回は、うまく撮れた写真が少ないためにあまり枚数はありませんが、こちらにもアップしています。
お気軽にどうぞ。

工場夜景クルーズ
工場夜景クルーズ

首都高速の羽田可動橋を見に行った

なんでも、首都高速の羽田線に今はもう使われず、そのまま残されている橋があると聞いたんです。
しかもその橋は、掛かっている川を大型船が通行できるように、動くそうなんです。
といっても、勝鬨橋みたいに跳ね上がるタイプじゃなくて、グルングルン回るタイプなのだとか。

場所は羽田空港のすぐそばとのことで、何だ、クルマで行けばすぐそこじゃないですか。
そんな訳で、羽田空港に向かってゴウ! 見に行ってきました。
(今は「羽田空港へ見に行く」といえば、新しくできた国際ターミナルのことなんでしょうが、いえいえ、そこは温故知新、あえて古いものを見に行くのがいいんですよ)

工場街のパーキングにクルマを停めて(都内なのにメチャクチャ安い!)、川沿いの遊歩道をテクテク歩いていくと、おお!
ありました、ありました!
確かに川の上に、不自然に分断されている道路が見えてきたのですよ!
使われていない今でも見ることができる羽田可動橋

もともと渋滞対策として設置されたこの高速道路は、湾岸線の開通で渋滞が減り、使う必要がなくなったために閉鎖されたのだそうです。
同時に橋としての機能も終了したために、こうして「開きっぱなし」の状態で放置されているそうです。
「閉じるとき」は、手前の橋と奥の橋がクリンクリン回転して結合し、ひとつの橋になるのだそうですよ。
手前の可動部と、奥の可動部が回転して橋を形成

実はこの橋、Googleマップの航空写真でも見事に「開いている」状況がよく判るのですね。
Googleマップで見ると、この橋の状況がよく判ります

しかしこの「橋が開いた状態」だと、道路の断面が丸見えなんですよね。
普段はこんな道路の断面なんて見ることがないので、なんというか、まるで「人体の不思議展」で人間の身体の輪切りスライスを見たときのような、不思議な気持ちになってしまいます。

道路の断面といえば、橋の手前側となる道路もバッサリと断面をさらけ出されています。
普段はなかなか見ることができない道路の断面

この橋がまだ機能していた頃は、断面と断面はピッタリくっつき合っていたはずなんですよね。
もはや2人は寄り添うことはできないのでしょうか……
それが、今ではこうして2人の仲を引き裂かれてしまい、離れ離れになってしまったところなんて、まるで道路版「織姫と彦星」ではないですか。
いや、織姫と彦星の方がまだ1年に1度会えるだけでも幸せなのかもしれません……。

この橋も、船が通るときには「橋を開く」ことで、高さを考える必要はないのですが、やはり橋の操作をする人もサラリーマン、24時間営業というわけにもいかないようです。
橋脚には、このような注意書きが残されています。
橋を動かす時間について

また、橋の下にも高さが4.5mまでしかないということが表示されています。
橋が開きっぱなしの今となっては桁下高も意味ないのですが

もう使われなくなったこの橋の向こうはすぐに羽田空港です。
新しくできた管制塔も見えています。
羽田可動橋の可動部と、羽田空港の新管制塔

……とまあ、1時間以上はこんな写真やあんな写真を撮りまくっていたのです。
羽田可動橋が川上を見ている

すると、自転車に乗ったお巡りさんから声を掛けられてしまいました。
そういえば、今日と明日はAPEC開催期間中で首脳クラスのVIPが来日する日じゃないですか!
きっといつも以上に気合を入れることを求められているお巡りさん、写真を撮りまくっているぼくの姿が、さぞかし不審に見えたに違いありません。
ということは、これ、生まれて初めての職務質問でしょうか……ドキドキ。

きっとあまりのワクワクドキドキ感に、ぼくの顔はメチャクチャいい笑顔だったに違いありません。
「はい、何でしょう?」と振り返ったぼくに、お巡りさん、「足場が悪いですよ、気をつけてくださいね」。
あれ? 職務質問じゃなかった。
しかもぼく以上にワクワク顔しながら、「あれ、スゴイですよね」。
ぼくが写真を撮りまくっていたからでしょうか、橋を指さして話し掛けてくるんですよ。
あれあれ? 職務質問どころか、世間話になってきましたよ。

まあそんな訳で、さっき家を出る前にWikipediaで調べてきたことを、さぞかし自分の知識であるかのような顔で、橋の由来や、たった8年しか使われなかったことなどを説明する、イヤラシイぼく。
2人で「ねー、あの橋ってスゴイですよねー」と盛り上がってしまっていたのでした。

うーん、お巡りさんとの世間話も楽しかったのですが、でも、やっぱり一度は検問で車検証を確認されたり、職務質問で何をしているのか訊かれてみたい……。

スカイツリーと東京タワーがライトアップでツーショット

今日は気温もグッと下がって、しかも風が強くビュービュー吹いているから、もう景色の何もかもがステキにクッキリハッキリ見えて、とっても気持ちのいい夜なんですよね。
工場地帯の灯りも、今日はキレイによく見えてます

部屋から見えている東京タワーだって、煌々とした明かりがすぐそこで点いているみたいに見えるほどなんですよ。
すると……あれ? あれは、何でしょう。
おなじみの東京タワーのその隣の方に、何やら巨大な塔のようなものが建っているのが見えるのです。
東京タワーとツーショットのナゾの建物
いつも見ている東京タワーなのですが、あんな目立つところにあんな目立つ建物なんてなかったはずなんですよ。
ついこの間までなかったはずなのに、フト気がつくと、堂々とそびえ立っているその姿、ちょっと怖すぎます。

いったい何だろうと、よくよく見てみたら……あー!
これって、ひょっとして、ひょっとしたら、いや、ひょっとしなくても(←どないやねん)、スカイツリーじゃないですかっ!
(そして、さらに右下にはレインボーブリッジも)
工事用のライトアップがなされたスカイツリーでした

スカイツリーのライトアップといえばこの間、「おそらく当分先まで行わないライトアップの試験点灯を行いますよ」というアナウンスがあったから、その日は家に早く帰って、「夜でも横浜からスカイツリーは見えるのかなー」とドッキドキしながら点灯を待っていたんですね。
しかし待てど暮らせど、全然その姿は見えてこないのです。
あれ? 中止かしら?と生中継されているUStreamを見てみると、なんと。
この日のライトアップは、決まった方向からしか見えない設定になっていたようなのですね。
だから横浜どころか、都内からでも見えている人と見えていない人がいたようなんです。

そんな“騙され感”満載だった試験点灯だったので、果たしてスカイツリーは東京タワーのように、横浜から夜のライトアップされた姿が見えるかどうか、ずっと気になっていたのですが……。
まさかこんな意外な形で解決してしまうとは……。
試験点灯っていったいなんだったんでしょう……。

こうなったら早く正式開業して、一日でも早く、正式にライトアップした姿を見せつけてもらいたいものですね。
さあ、スカイツリー、早くその姿をドンと見せに来いや!……いや、早く見せてください。

お母ちゃんと子ネコ5匹で、ここはニャンコ天国やー!

道路脇にある空き地の草むらで、何やらガサゴソと音がしているのです。
「ん、何だ、何だ?」と見てみると……キャー! ニャンコが!
目が合うと、そのニャンコ、ノラなのに物怖じしない性格なのか、「ニャーニャー」言いながら出てきましたよ。
すると! オオウ、何ということでしょう。
その後を追うように、「待って、待ってー」とチッコイ子供がワラワラと出てくるわ、出てくるわ……。
その数、全部で5匹です。
お母ちゃんと5匹の子ネコたち
どうやら最初に「ニャーニャー」言いながら出てきたのはお母ちゃんだったようです。

このお母ちゃんネコ、人間に物怖じしないばかりか、とてもアピール好きなんです。
子ネコの写真を撮ろうとすると、「あら、子供たちよりワタシを撮りなさいよ」
お母ちゃんネコが「ワタシを撮りなさい」

「いや、あの、お子さんの写真もぜひ……」と子猫の写真を撮ろうとしても、「ワタシの写真を撮りなさいって言ってるでしょ!」
どこまでも写真に収まろうと追ってくるお母ちゃんネコ

……うーん、仕方ありません。
こうなったら例の手を使って懐柔するしかないのです。
必殺、ゴールドフィンガーでメロンメロンにして差し上げましたとも。
ゴールドフィンガーテクでメロンメロンにして差し上げました
どうですか、このウットリ具合。
お母ちゃんを骨抜きにしたところですかさずカメラを用意し、ようやく子ネコの写真を撮ることができたのでした。
唯一撮れた小ネコの写真

この子ネコは、お母ちゃんに似たのか、人間に対しても興味津々なんです。
他の子ネコはちょっとでも近づくと、「イヤー、オッチャン、コワーイ!」と逃げていってしまうのですが、この子だけはすごい眼ヂカラでこっちの様子を伺ってくるのです。
(でも、触らせてもらえませんでしたが)

とりあえずペンペン草を引きぬいて目の前で「ホレ、ホレ」としてやると、一番食らいついてきたのもこの子なのでした。
子ネコにネコジャラシ
デジカメで動画撮影した途端に飽きられてしまい­ましたが……。

しかしこの子、どうしてこんなに眼ヂカラあるのかなーとよくよく見てみたら……わお。
目の周りにシャドウを入れてるんじゃないですか?
よく見ると、まだ子ネコなのにもうメイクなんてしてるんですよ、目の周り
恐るべし、アイメイクのチカラ。
(後ろにいるのは、ゴールドフィンガーテクでメロンメロンにされて、すっかり満足したお母ちゃん)

ページ/2ページ |次のページ最終ページ