RAW画像でのデジカメ撮影が、スゲーッって話

今日の更新は、デジタルカメラに興味のない人にはまったく面白くも何ともない内容となってしまいました……。
どうもスミマセン。

デジカメで写真撮影したら、その記録方式は一般的に「JPEG形式」(データの拡張子は「.jpg」)で保存されます。
しかし、一眼レフや高級コンデジになると、この「JPEG形式」の他に「RAW形式」という方法でデータを保存することもできるのですね。 この「RAW形式」がいいということを、前々から聞いていたのですが、よく判らなかったので気になりながらも試してきませんでした。
しかし、いつまでもそうやって逃げているわけにもいかないのです。
ということで、撮り比べをしたうえで確認してみました。

まずはこちら、自宅から見えた夕陽の富士山です。
自宅から見える夕方の富士山を撮影してみました
こちらはデジカメのデータ記録形式としては一般的な「JPEG形式」で撮ったものです。
夕方のイメージが出ている、よくある写真ですよね。
ただ、どこか全体的にのっぺりとした印象で、直接、この光景を目にしたときに感じられた感動はあまり味わえません。

では、これと同じ光景を「RAW形式」で撮影してみましょう。
何も加工しなければ、ほぼ、JPEG形式と同じ写真になります。
……が、しかし。RAW形式で撮影した写真のスゴイところは、ここからなんですよ。
この形式で撮影した写真データは、自分の好みや狙いにあわせて色々と弄ることができるのですね。
例えば、より夕陽の赤を強調したいと思ったら、ちょっとホワイトバランスを触るだけで、こんな風になります。
自宅から見える夕方の富士山を撮影して、赤みを強調してみました

また、上空に残っている空の青を強調したいと思ったら、ホワイトバランスを触るとともに、明るさをちょっと落とすことで、このような形になります。
自宅から見える夕方の富士山を撮影して、空の青を強調してみました

ワオ、もう最初の写真とは感じが全然違ってきますよねー。
とは言うものの、適当な数値で変えただけなので、これだとちょっと不自然に見えてしまうかもしれません。
なので、ここから微調整をして、もっと狙いどおりの印象に変えていくこともできます。

写真の調子を変えるって、別にJPEG形式でもPhotoShopなどのソフトを使ったら、簡単にできそうですが……いえいえ。
通常、JPEG形式で撮影してしまうと、「基本的な写真の写り」を変えることはできないのですね。
だから撮影するときにカメラの設定でホワイトバランスや露出が誤ったままだと、失敗写真になってしまうのです。
PhotoSHOPでの修正って、あくまで写真の見た目を変えているだけなんですね。 また変更をして保存すると、「JPEG」というデータの特性上、画質が悪くなっていきます。 何度も何度も変更をしていくと、どんどんと画質が悪くなって、とても汚らしいことになってしまうのですね。

ところが、RAW形式の撮影データだと、あとからホワイトバランスや露出、その他のカメラの設定を変えて撮影したようにできるんです。 なので、撮影時にカメラの設定が少々正しくなくても、修正したり、印象を変えたりすることができるのですね。
(もちろん、極端に暗くて真っ暗になっていたり、明るすぎて白く飛んでいては修正しようがないので無理ですが) また、JPEGと違ってデータの劣化が起こりませんから、修正データを保存していっても、画質が汚くなることもないんです。

ただ、これだけ「いいことづくめ」のように思えるRAW形式での撮影も、欠点はあるんですよね。
何しろ、撮影後は「現像」という作業をしなければならなくなるんです。 JPEG形式での撮影データだと、特に何もしなくてもパソコンやテレビなどですぐに見ることができるのですが、RAW形式のデータだと、専用のソフトを使って「自分で記録データを補正しながら、静止画像データに変換する」作業が必要なんですね。
これが「現像」という作業。
これがまた手間が掛かるわ、時間が掛かるわで、たくさんの枚数がある場合は結構面倒なんです。

あとはデータサイズ。
先の撮影画像の場合、JPEG形式だと1枚が1.5MBから2MBぐらいの大きさなんですね。
ところがRAW形式になると、1枚が10MBから12MBとメチャクチャ大きくなっちゃうのです。
当然、メモリーカードの消費も早いし、パソコンのHDDに保管していても、どんどんと場所がなくなっていくし……。

とまあ、そんな訳で、表があれば裏がある、光があれば陰もある、それでもRAW形式でのデジカメ撮影はスゲーッという話なのでした。