ページ/2ページ |次のページ最終ページ

救急車で運ばれて入院してました。でもフレアスタックは今日も元気です

自宅から見える川崎の東燃化学の今日の様子です。
相変わらずフレアスタックで煙突の先からボーボーと威勢よく炎が吹き上がっているのですが、雨上がりだと、まわりに湯気というしもべもモクモクとはべらせて、何となく得意げに見えてしまいますねー。
雨上がり、湯気をまわりにはべらせて得意げなフレアスタック
(クリックでこころもち拡大します)

日曜日、救急車で運ばれて緊急入院しちゃいました。

いつも通っている接骨院に行こうとしたときのこと。
歩いていると突然に腰が痛くなって、接骨院まであと100m、と言うところで遂に歩けなくなってしまったんです。
こんな時に限って携帯電話を持たずに出ていて、どうしよう……。
とりあえず、倒れたちょうど目の前にあった本屋さんに這うように入り、息も絶え絶えに「すみません、電話、貸して、ください……」。
よっぽど死にそうな顔した野郎が急に店に入ってきて、ビックリしたのでしょうか。
店員さん、訳も訊かずに電話と一緒に「こちらお掛けください」と椅子まで持ってきてくれましたよ。
その優しさが心に沁みます。
(でも痛みのあまり、座れずに椅子のまわりで悶絶していたという気持ちの悪い行為で、恩を仇で返す不埒な野郎)

借りた電話で接骨院の先生に迎えに来てもらい、台車(荷物を運搬する、アレです)でゴロゴロと接骨院に運ばれました。
(今考えると、大人が二人で「ワーイ」と言いながら(言ってませんが)台車でゴロゴロ走り去っていくところは、小学生のようにふざけた野郎たちです)
ところが整骨院に着いても、居ても立ってもいられない痛さで汗がポロポロ吹き出しているぼくの様子に、「これはショック症状が出ている」と判断した先生、救急車の要請をしたのですね。

うーん、接骨院から担架で出てきた患者が救急車で運ばれていくって、これ、接骨院に変なウワサがたたないかしら……と心配する間もなく、救急車で川崎の病院に運ばれ、そのまま絶対安静の緊急入院となったのです。
しかし、入院するときって、着替えや洗面用具といった身の回りのものを自分で揃えないといけないのですね。
あと、入院費用のための保証人も用意しないといけないのですね。
看護師さんから、「どなたか身の回りのものを持ってきてもらえる方はいらっしゃいますか?」と訊かれて、「いや、いないです」と答えたときの看護師さんのアチャー顔は、……なんというか、むなしいものです。

しかも、そんなまさか外泊するなんて夢にも思わなかったので、家には晩ご飯の用意をして、そのまま置いてきてるんですよ。
クルマも、コインパーキングに停めっぱなしなんですよ。
もう気になって気になって入院なんてゆっくりしてられません。
翌日になって、回診に来た先生から「検査しましょうか? それとも問題なさそうでしたら退院して、別の病院で診てもらいますか?」と訊かれて、即、「退院させてください!」。

ということで、次の日の午後には退院の手続きとなったのですが、お会計が……おい。
1万8千円ですよ、1万8千円。そんな大金、手元にないですよ。
というか、1泊が1万8千円ってどんなシティホテルなんだ。食事はゲロマズなんだぜ!……とか文句を言っていても始まりません。
何しろ、目の前には「1万8千円」と記されたレシートがあるんです。

どーしよう……と困った目先に見えたのは、おお! VISAカードのマークが!
「当院では、カードが使えます」としてVISAマークが高々と掲げられてあったのですよ!
やったね!
そういえば、VISAカードのCMでも「病院で使える!」とか言っていましたっけ!
あれはウソじゃなかったんですね!
そんなわけでちゃんとVISAカードが使え、しかしシティホテルもどき(ただし食事はゲロマズ)の料金に泣く泣く、チェックアウトを済ませたのでした。

ということで、コインパーキングや晩ご飯の用意をした家のことが心配で、無理矢理退院してきたのですが、アチャー。
コインパーキングでは、丸々2日分の料金を取られてしまいました。
支度しておいた晩ご飯の用意は、昼間の陽気にさらされて、見るも恐ろしい化学変化を遂げていました。
もうね、「何じゃこれ!?」と悲鳴を上げてしまった物体に変わり果てていたのですから。
とは言っても、ここで無理矢理退院しなかったら、コインパーキングも、不気味な物体に変わり果ててしまった夕飯の材料も、もっともっと悲惨なことになっていたのですが……。

「ちょっとそこまでお出かけ」のつもりでも、しばらく家を留守にするつもりの気概で出でよ!ということが判った、今回の騒ぎでした。

そんなぼくのなかでは大騒ぎがあったというのに、自宅から見える川崎の東燃化学のフレアスタックは、そんなことなどつゆ知らず、相変わらず威勢よくボーボーと炎を吹き上げているのを見て、何となく「チェッ」という気持ちになったのですね。
まー、単なるかまってちゃんのひがみなんですが。
雨上がり、湯気をまわりにはべらせて得意げなフレアスタック
(クリックでこころもち拡大します)

フレアスタックで、川崎から木更津市民にアピール中

天気もよく、また暑くもなく、寒くもなく、ほどよくさわやかに過ごせる土曜日の今日。
昨日まで降っていた雨で、空気中のホコリがきれいに洗い流されたからか、またさらにずっと風が強く吹いているからなのか、とっても空気が澄んでいて、メチャクチャ気持ちがいいんですよね。

横浜からでも、東京湾を挟んだ対岸にある木更津の工場地帯がよく見えているほどなんですよ。
今日は、横浜からでも木更津の工場地帯がよく見えています
しかし、こうして写真で見ると、なんだかこの風景、富山の蜃気楼のようなファンタジーな世界ですね。
いえいえ、まごうことなく対岸にある木更津の工場地帯です。

そんな蜃気楼のような木更津に、神奈川側だって負けていられません!
向こうが蜃気楼のように見せてくるのでしたら、こっちはもっと存在感を示してやりましょう!
……ということで、川崎にある東燃化学の工場がメチャクチャ張り切っています。
煙突から吹き出しているフレアスタックがもう絶好調なんですよ!
東燃化学のフレアスタックが、もう、絶好調
対岸にいる木更津市民に向けて、ものごっついアピールを送っていますよねー。
これだけ燃えさかっていたら、きっとよく見えているんじゃないかと思うのですね。
昼間だからさほどインパクトはないのですが、夜になったらスゴイんですから。
何しろ、あたりが明るく見えるぐらいに相当燃えさかっているんです。
この煙突の根元ではおそらく、新聞ぐらいは軽く読めるのではないかと(←危ないです)。

もちろん、木更津が軽く見渡せるくらいに空気が澄んでいるのですから、東京スカイツリーなんて、もう手が届きそうな勢いで見えてます。
だいぶ東京スカイツリーが伸び上がってきました
こうして見てみると、そろそろ展望台もできあがって、次なるステージに突入しているのが、ここからでもよく判りますね。

展望台と言えば、我ら横浜市民が忘れていけないのがマリンタワーなんですよ。
(ここでランドマークタワーなんて、オシャレなものを思い浮かべてはいけません)
そのマリンタワーが夜になって……おお。
なんと血塗られたような紫に近い真っ赤な色に染まっているんですよ。
ピンク色(……?)に染まったマリンタワー
調べてみると、ああ、なるほど。
これは血塗られた赤じゃなくて(当たり前です)、ピンクなんだそうです。
「ピンクリボン運動」に協賛して、今日25日と明日26日の両日、マリンタワーと神奈川県庁舎がピンク色に染め上げられるそうです。
うーん、しかしこれ、どう見てもピンクに見えないぜ。

そんな夜になっても、相変わらず東燃化学の工場煙突から立ち上っているフレアスタックはムダにメチャクチャ元気です。
夜になっても相変わらず絶好調な東燃化学のフレアスタック
こうして写真で見てみると、なんだか爆発事故でも起こっているみたいですが……いえいえ。
煙突の先から吹き出している炎だけでこんなに明るくなっています(ね、新聞でも余裕で読めそうでしょう?)。
しかし、こんなにムダにがんばっているってことは、これもひょっとして一種のピンクリボン運動……ということはありませんよね、やっぱり。

そんなこんなで、もうだいぶ歩けるはずなのに腰痛のためと言い訳をしてお出かけもせず(←自分に甘い)、ヒッチコック監督の映画「裏窓」におけるジェームズ・ステュアートみたいな生活を送ってます。
(殺人事件はまだ目撃してません……わははは)

今のうちにお月見しておきます

家に帰ってくると、空にはきれいにぴかぴか光る月がぽっかりと浮かんでいますよ。
ああ、そうか、今日は中秋の名月なんだとか。
しかし、こんなにきれいに見えている名月なんですが、なんですか、今夜はこれから天気が悪くなってくるそうなんです。
月を見るなら今のうちとのことで……それっ!
中秋の名月

酷道472号線(利賀村から富山方面へ)

車載カメラによるドライブ動画シリーズ、第3弾です。

今回は、今年だけで3回も行ってすっかり道を覚えてしまった富山県の利賀村から、富山市方面に抜ける国道472号線を走っています。
酷道472号線(利賀村から富山方面へ)

これ、れっきとした国道なんですよ。
ただクルマ1台がやっと通れるほどの道幅しかない山道なので、国道は国道でも、「酷道」なんですね。
しかしいくら「酷道」といっても、利賀村へ行くにはこの472号線か、同じような状況の471号線しかありませんから、村の方にとってはメインストリートなんです。
だからこの道路も道幅が狭いだけで、ちゃんときれいに舗装されているし、穴ぼこもなく落石もなく、走りやすいのは走りやすかったのですが……。

でも、やっぱり、道幅が狭いとドキドキしちゃいます。
しかも、谷側にはガードレールがない箇所も多いため、そんな状況で対向車とすれ違わなければならないときには、ドキドキ度はもうMAXレベルですよ。
この動画の途中でも、対向してきたクルマとすれ違うことができず、道幅がやや広い箇所までバックするというハプニングがありました。

残念だったのは、利賀村から帰る途中で「この道はスゴイ! 撮らなくては!」と気付いたので、半分ぐらいの行程しか撮れていないことですねー。
本当は、クルマ一台でもはみ出しちゃいそうなもっと狭い道があったりと、もっと楽しい箇所もあったりしたのですが……ホント、残念。

お巡りさんがいっぱい

なんなんでしょうねー。
今日なんですが、買い物がてらちょこっと横浜市内をドライビングしようとしたんです。
すると、何かあったのかな?それとも密かにVIPが横浜訪問中?と思ってしまう位に、お巡りさんの数が多いのです。
尋常な数じゃないんですよ。
道のあちこちに立つお巡りさんの方が、観光客より目につくのですね。

たとえば。 これはちょっと判りにくいですが、こんな場所で立ち番しています。
立ち番中のお巡りさん

見回りをしているお巡りさんも多かったですね。
前を行くお巡りさん、なぜか時間を気にしていますよね。パトロールの予定が狂ってしまったのでしょうか。
(慌ててカメラを構えたためにピントが合ってませんです……)
パトロール中のお巡りさん

そんな多くのお巡りさんたちを現場に連れてくる警察用バスも、これまた一生分見ることができたような気がします。
こんな風に空き地にひっそりと停められているようですね。
空き地に停められた警察車両

これから配置につくのでしょうか、それとも見回りなのでしょうか。
信号をちゃんと守って渡るお巡りさんと、その後ろには交差点を曲がる警察車両(西部警察のように、このあと数台連なってます)。
お巡りさんと警察車両

しかしやっぱりメインイベントは、これ、検問でしょう。
コットンハーバーから臨港パーク方面に向かう道路と、非常に地味なところでの検問でした。
ザ・検問

そういえば、国道1号線でも同様に検問を実施していましたが、これも国道1号線と15号線が合流する前の、非常に地味な場所で行っていました。
……うーん、なぜにこんな地味な場所で検問を行うのでしょう。
だいたい怪しいクルマを走らせるとしたら、やっぱり交通量の多い道路を堂々と行きそうですよね。
なぜこんな地味な場所で検問しているのかがナゾなんです。

これはやっぱり、アレですかねー。APEC対策。
あれ? でもAPECの開催って11月のアタマですよね。
なのに、今から目を光らせているって……これって「今は警備に人員を割いているから、他が手薄になってますよ」って熱烈にアピールしていることになっていそうなんですが。
APEC対策の警備強化のためにできてしまった手薄になってしまった現場部署では、他の犯罪が増加しちゃっているかもしれませんって……。

【その後の追伸】
最後の写真にある検問所で、遂に人生初の検問を受けてきました。 その時の様子がこちらです。 横浜で初めての検問(APEC開催に備えての警備)
そんな簡単なチェックでいいのかしら。
でも、それに答えるぼくの対応もこんなにもしどろもどろなんですよ。
もしぼくが不審者だったら大変なことになっていたかもしれません……。

ページ/2ページ |次のページ最終ページ