ページ/3ページ |次のページ最終ページ

心霊体験はないけれど

ぼくには「霊感力」というものが一切欠如しているからか、これまでまったく心霊体験というものをしたことがないのですね。
ただ、なぜか妹には色々と経験があるようです。

例えば。
彼女は夜中に金縛りになることがしょっちゅうあり、あるときも「金縛り、きたっ!」と目が覚めたそうです。
動かない身体で目だけそっと開けてみると、目の前に老婆の顔がヌッと迫っていたそうです。
妹の動かない身体の上のちょうど胸のあたりに、見知らぬ老婆が正座していて、そこから身を乗り出すようにして顔を覗き込んでいたのだとか。
ちょうどヤル夫の「はいはい、どーもすみませんでした」的な、こんな感じ?
これが胸の上に正座している感じ
もちろんこんな直立ではなくて、正座をして胸の上に乗っているのですが(それも、見知らぬ老婆が)。

普段からよく金縛りにあっている妹とはいえ、見知らぬ老婆からそんな風に覗き込まれているとなると、あまりに怖くて思わず目をそらしたそうです。
すると、そこに見えたのは部屋の反対側で寝ていたぼくの姿とのこと。
妹は、自分がこんなに怖い思いをしているのに、兄であるぼくは妹を守るどころか、あまりに気持よさそうな顔で寝ているその姿に無性に腹が立ち、「こんな怖い思いをしているのに!」と怒ると、金縛りは解けたのだとか。

翌朝、妹からは「わたしがものすごく怖い思いをしてたのに、お兄ちゃんときたらノンキに寝てた」などと、メチャクチャ怒られたのでした。
なんて霊感力とは理不尽なものなんだ。

そんな体験豊富な妹に比べて、兄であるぼくは一切、そんな経験はないのですね。
……いや、一度だけ不思議な体験をしたことがあるんです。
ただ、それが本当にそういった霊的体験なのか、それとも単なる偶然だったのかはよく判りません。

中学生だったときのこと。
保健体育の授業で、先生の話が雑談に脱線したのです。
そのときに

いいか、おまえらがこうして生きていられるのも、ご先祖様がちゃんと見守ってくれているからだぞ。
だから、ちゃんと感謝の気持ちを示すために、毎日コップに水を一杯汲んで、高いところにお供えしながら「どうもありがとうございます」とお礼をするんだ

というような話をしたのですね。

根が単純なぼくとしては、「ああ、そうなのかー。お供えって言っても簡単なことだし、感謝の気持ちを表してみるかな」と、家に帰ると早速コップに水を入れて、部屋の中で一番高い場所であるタンスの上に置いたのです。
そして「ご先祖様、ご先祖様、どうもありがとうございます」とお礼をしてみたんです。

そうしたら、ですよ。
その日の夜になって、いきなり40℃近い熱が出たんです。
頭が痛いとか、寒気がするといった体調の悪さはまったく感じられなくて、いきなり熱だけがスッコーンと出た、という感じなんです。
当然、次の日は学校を休んでずっと寝こんでいました。
40℃近い熱なので、トイレに行くのもフラフラで真っすぐ歩けないほどだったのですけど、それでもご先祖様へのお供えの水だけは次の日も、その次の日もちゃんと替えて、「ありがとうございます」と、お礼を言うことだけは続けていたんですね。

ところが3日目になると、あまりの高熱によるしんどさからか、それとも単に忘れてしまっていただけなのか、水を替えていなかったんです。
夜になって、その日は水を替えていないことを思い出したぼくは、「ヤバイなー」と思い、オカンに頼んで、水を捨ててもらって、コップも片付けてもらったのですね。

すると。
次の日の朝には、まったく何事もなかったように、熱はすっかり引いていたのです。

見えないところで秋は来ているのかも

何なんですか、毎日、毎日のこの蒸し暑さは。
しかも、この暑さはまだまだあと1ヶ月は続くのだとか……。

そんなウンザリするようなニュースを聞いて、「イヤーン」とか思っていたのですが、しかし、よくよく耳を澄ませてみると……おお。
まだまだ熱帯夜は続いているのですが、それでも日が暮れると、そこかしこから、もう虫の声が聞こえてきているのですね。
なんとなく、秋近し、という気分になって、体感温度も1-2℃は下がったような気が……するような、しないような(どないやねん)。

でも、すっかり日が暮れる時間が早くなってきたここ最近、西の空を眺めてみたら、ここ横浜からでも富士山がハッキリクッキリ見えたりしていて、やっぱりちょっとずつですが、秋の気配が近づいてきているようです。
横浜から、夕暮れ空と宵の明星と、そして富士山

ふたたび、赤い蘇部健一

「ふたたび、赤い蘇部健一」って、まんま法月綸太郎(あるいはキング・クリムゾン)の『ふたたび赤い悪夢』じゃないですか。
あれ……? ということは、蘇部健一は悪夢なの?
いえいえ、そんなバカなことを言ってはいけません。
蘇部健一は、ぼくらのようなコアなおバカファンを希望の光で灯す、カルトな星(スター)なんですよ!

……ということで、前回の『赤い糸』に引き続いて今回も新刊『六とん4』に、サインをいただきました。
垢抜けてきた蘇部健一『六とん4』のサイン本
名前を赤ペンで書くのって、確か禁忌な事項じゃなかったかしらん……と思わず心配してしまうのですが、いえいえ、そんなタブーをおそれる我らがソブケン先生ではありませんとも!
しかも為書きの、ぼくの名前の下が「さま」ではなくて「ナま」に見えてしまうのですが、いえいえ、そんな細かいことなんてどうでもいいのですよ!

サイン自体、『六とん3』に比べてもかなり 垢抜けて グレードアップしてきているんですよ!
前回の『六とん3』では、消しゴムをカッターナイフ(いや、彫刻刀かしら)で削って作ったような“特製六枚のとんかつ”はんこがベッタリ押されてあったんですね。
このはんこがまた、サインと比べてずいぶんと大きいため、完全にサインが食われてしまっていたのでした。
(これ↓)
メガトン級の爆弾にも匹敵する蘇部健一『六とん3』のサイン本
わははは、さすがは我らがソブケン先生だ。

しかし今回のサインはどうでしょう、これ。
とんかつ部分がペン書きなんですよ……なぜか黄色ですが。
そしてこのとんかつには、ちゃんと今回の表題作である「1枚のとんかつ」を忠実に再現したソースまで掛かっているのですから。
はんこと違ってここまで描くのには、かなり時間と手間が掛かっているに違いありません。
すごいのですよ! 我らがソブケン先生は!

そしてさらに今回もおまけ付き!
本の中には、ナゾのポチ袋が挟み込まれてあるのです。
ナゾの特典、ポチ袋
これはいったいなんでしょうか。
時季外れのお年玉のような……と思いながら、なかを覗いてみると「やったぜ、ベイベー!」。
今回またしても手書き原稿、それも毎度おなじみの「ルーズリーフに書かれた直筆原稿」が入っていたのでした。
毎度おなじみの、ルーズリーフに書かれた蘇部健一直筆原稿
今回も、やはり目に優しい緑のインクで書かれたおバカでお下劣な物語。
それがこうして本になって手元にあるというのが、なんだか不思議なんですね。

いやー、すっかり我らがソブケン先生のサインで我を忘れて興奮してしまいました。
サイン本と言えば、なんだかメチャクチャ久しぶりにこれらの本も購入しました。
貴志祐介の最高傑作である『悪の教典』
貴志祐介の最高傑作である『悪の教典』のサイン本
乾くるみの『スリープ』
乾くるみの『スリープ』のサイン本
ホント、一時はサイン本を求めて都内はおろか、首都圏全域を回っていたのに、ここ最近は本屋さん自体に全然行けてないのですから。
もう、世の中にはいったいどんなサイン会があって、どんなサイン本が出回っているのか、よく判らないのですよ。

でも、いいのです!
ぼくにはソブケン先生の直筆原稿があるんですから!
やったね!

「横浜運河めぐりクルーズ」で、子安漁港や米軍施設を海側から見てきました

横浜港をめぐるクルーズとして、前回の「工場夜景ジャングルクルーズ」と「工場夜景アドベンチャークルーズ」に引き続き、とてもニッチな「運河めぐりクルーズ」に参加してきました。

出航場所である「象の鼻パーク」に行ってみると、おお……。
大桟橋には「飛鳥II」が停泊しているのですよ。
デカイですよねー。
大桟橋に停泊中の「飛鳥II」

そして!
今回、我々が乗船する船がジャ、ジャ、ジャーン、こちらなんです!
「飛鳥II」と比べてはいけません。今回のクルーズ船
ワハハハハ、「飛鳥II」に比べたらなんてカワイイ船なんでしょう。
(比べるなよ)

ただし今回のクルーズは、このカワイイ船であることに意味があるのですね。
何しろ、運河を巡るクルーズなんです。
つまり橋を何度もくぐる必要があるわけで、そのため、屋根が高い船だと橋に引っかかってしまう恐れがあるのです。
そうです、こんな感じで、普通に橋の下をくぐっていくのです。
橋の下をくぐるクルーズ船
大体が普通の橋なので、その上には普通にヒトが歩いています。
その橋の下を流れている運河に、いきなり乗客がたくさん乗っている船が通りかかると、もう注目の的なんですよ。
橋にいる人からは注目度抜群です
面白いのは、橋の上の人たちに向かってこちらから手を振ると、たいていの皆さんが手を振り替えしてくれるところなんですね。
逆に、橋の上から手を振ってきてくれても、こちらから手を振り替えします。
何というか、船に乗っていると、その周りとは暗黙のコミュニケーションがあるかのようなんですねー。
しかも、手を振っているときは必ず、みんな笑顔ですし。
そんなやり取りがあるだけでもう、ほんわかしちゃってます。

みなとみらい近辺では、まだ船の航行が多いことを見越してか、わりと橋は高めに架けられていたのですが、徐々にマニアックな運河に進むにつれて、だんだんと低くなってきました。
鉄橋の下をくぐります
これは現役の貨物線の鉄橋です。
橋の高さは、まだ高い方なんですね。

で、こちらが、その隣に架けられていた廃線となった貨物線の鉄橋跡です。
廃線になった貨物線の鉄橋跡
これが低い。
低いだけでなく、そもそも重厚だからか、その圧迫感はかなり大きいのですね。
使われなくなった年月をあらわすサビも、鉄橋を彩る味わいとして、とても美しいのです。
Google Mapで確認すると、この鉄橋跡だけがポツンと残っているようですね。
できればこのままずっと残しておいてほしいものです。
(保守とか整備とか管理とか、色々と大変でしょうが)
Google Mapで見た鉄橋跡

こうして運河に入ってくると、まず目に付くのが三井倉庫の建物。
三井倉庫の建物。戦前の建築でもまだまだ現役
戦前に建てられたものだそうですが、まだまだ現役で使われているそうです。
戦前からの建物ということで、注意書きの看板も味わいがあります。
「たばこ のむな」という表現が時代を表しています
どうやらガイド役の船長さんは、この看板がお気に入りのご様子でした。

そして船はいよいよ子安の運河へとやってきました。
ここで最大の難関となる低い橋である「村雨橋」を通ります。
このときにハプニングが起こりました。
あまりに橋が低いから、船に立てていた旗が橋の底に当たってしまって緊急停止してしまったのです。
「横浜運河めぐりクルーズ」でハプニング
途中でガリガリと音がして船が緊急停止、旗を回収後、再び船は動き出して乗客の安堵の声が聞こえます。

この子安の運河は上に首都高速が走っており、この道路の曲線が非常に美しく運河に映えています。
高速道路の曲線が美しく映える運河
首都高速の横羽線は、いつも普通に走っているのですが、その下がこのようになっていたとはまったく想像もつきませんでした。

そうです、上を普通にクルマが走っているということを表すと、ちょうどこんなシュールな光景になるのでしょうか。
軽トラが軽自動車を押しつぶしています

そしてこの橋の向こうは子安漁港です。
橋の向こうに漁港が広がる
昔に比べるとかなり漁師の数は減ったそうですが、今でもアナゴ漁が行われているそうです。
ここに繋留されている漁船をよくよく見てみると、デッキにたくさんの迫撃砲のようなものが積まれているのが判ります。
アナゴ漁で使う仕掛け
これがアナゴ漁で使う仕掛けなんだそうですよ。

こうして子安の運河を通り抜けると、あとは一路、みなとみらいに向けて戻るだけです。
その途中には、海側からしか見ることができない倉庫の数々を楽しむことができます。
日新の倉庫
日新の倉庫。

ピースサインがお調子者な日本製粉横浜工場
日本製粉横浜工場です。
工場夜景ジャングルクルーズ」のときに見た日清製粉と同じくピースサインを出しているお調子者です。
(このピースサインの先からのホースで、貨物船に詰まれた原材料を吸い取るのだそうです)

クルクルまわっている横浜港の発電用風車と横浜倉庫
クルクルまわっている横浜港の発電用風車と、横浜倉庫。

屋上のキリンがメチャクチャ可愛い
これ、屋上にいるのはどうみてもキリンですよね。
あまりの暑さにうなだれているようで……可愛いなあ、もう。

しかし、そんなクルーズでのいちばんの見所は、「陸側からでは決して見ることができない米軍施設がよく見える」ところでしょう。
瑞穂埠頭にある米軍施設なんですが、これ、近くを走る道路からだとチラッとしか見えないのですね。
ところが、海側からだと、これがもう見放題なんです。
行儀よくズラリと並ぶ米軍の船、船、船
行儀よくズラリと並ぶ船、船、船。

3隻の米軍船が接岸中
こちらには3隻の船が接岸していました。

米軍の事務所建物
そして、瑞穂埠頭自体が一般人は立ち入り不可のため、そもそも見ることができなかった事務所建物。
なんというか、こういう「見てはいけないもの」を別の場所から見てしまったよ……という背徳的な喜びも感じられるのですね。

こうしてあっという間に1時間が過ぎて、みなとみらいに戻ってきました。

赤レンガ倉庫前では……ワー、すごい!
「レゲエ祭」なるコンサートイベントが行われていて、海側からだったら丸見えなんですよ!
レゲエ祭りなるイベントが赤レンガ倉庫前で行われていました
こんな大規模なイベントがあったから、今日の横浜は、コインパーキングがどこもかしこも満車ばかりだったのかー!
しかし海側からだと丸見えだなんて、まったく最後の最後まで「背徳的な喜び」を味わせてくれるクルーズなのでした。

大桟橋まで戻ってきたら、ちょうど飛鳥IIのお尻にタグボートがくっついていて、出航の準備をしているところでした。
「飛鳥II」をお尻から押すタグボート

前回の工場夜景シリーズは、「工場の美しさを堪能する」という、誰もが楽しめるクルーズでしたが、今回の運河めぐりは、「知っている横浜の街を別角度から見ると、また全然違って見えるよ」という、横浜をよく知っているヒトであればなおさら楽しめるものだったのじゃないかなーと感じさせられました。
横浜をあまり知らない方だと、どのように見えるのか気になるところです。
(でもやっぱり、低い橋をくぐったり、漁港を見て行ったり、倉庫群を眺めたりと、面白いと思うのですが……)

利賀村での公演が終了、日常世界に戻ってきました

会社の夏休みを利用して、公演のお手伝いをさせてもらっていた4泊5日の利賀村滞在は、あっという間に終わりました。
まるで夢でも見ていたような気がするほどなのですが、いえいえ。
手足に無惨に残った「吸血アブ」に喰われた痕だけが、ナマナマしく残っているので(しかも痒いわ、痛いわ)、まあ当分は、利賀村での生活が夢でなかったことを証明できるのではないかなーと。

いやホント、利賀村っていうところは、ホント、いいところなんです。
夜なんて、こんなに星がきらめいているんですよ。
利賀村の夜空
コンパクトデジカメなのに、15秒間ほどシャッターを開放していただけでこのとおり。
頭上には、しっかりと天の川も見えて大感激の星空なんですね。
しかもこの満天の星空を、流れ星がヒュンヒュン飛ぶのが見えてるんですよ。
なんて素敵にロマンチックなんでしょう。ウットリ。

こんなに素敵な利賀村なんですが、ただ一点、「オロロ」と呼ばれている吸血アブが多いことに参ってしまいました。
とにかく多いんです、多い。メチャクチャ多いんですって。
ちょっと外に出ようものなら、瞬く間にヤツらは集団で襲ってきて、一気に身体中を刺されまくってしまうのです。
またこの刺された瞬間が痛いの、刺された箇所が腫れ上がってきて痒いの痛いのと、もう大変なんですって。
もう本当のところ、このオロロ(吸血アブ)に刺されることを考えたら、蚊に喰われることのなんと可愛いこと、と思えるんです。

とまあ、色々とありましたが、そんな訳で利賀演劇人コンクール2010出展作品である.5(てんご)「コーラス・ガール」は無事に終了しました。
……あ、無事じゃないか。
客入れの際、開けっ放しになっていたドアから大量のオロロ(吸血アブ)が劇場内に入り込んできて、もう大変。
本番中に出演者が襲われてしまいました。
足にとまって吸血している真っ最中のオロロ(吸血アブ)を追い払うこともできず、そのまま堪え忍んだ結果、足が大流血してしまうという大惨事となってしまったのです。
客席からも、この出演者がオロロ(吸血アブ)に喰われている様が間近でよく見えていたらしく、終演後にいろいろなお客さんから「大丈夫ですか?」と心配されてしまうほどでした。
いや、これはもう名誉の負傷ですよね。

と言うわけで、ゲネプロの様子を写真に撮りましたよ。

オープニング、「ケロミン」を生演奏する中村早香嬢
オープニング

「ケロミン」を演奏していた中村早香嬢は、責任者である澄井葵さんによって片付けられ、舞台中央に運ばれていきます
舞台中央に運ばれる

山森信太郎“ヒゲ”さんと後藤優佳嬢によって物語が動き出すと、片付けられていた中村早香嬢も一緒に動き始めます
動き出した物語

物語が動き続けていく山森信太郎“ヒゲ”さんと後藤優佳嬢
動かし続けられる物語

物語構造が最後に逆転して、そして、冒頭の「物語の一番外側」に向けて収束していきます
構造が逆転

舞台の全景です
舞台全景

利賀村と言えば合掌造り。
山と合掌造りの家からパワーを吸収する中村早香嬢と山森信太郎“ヒゲ”さん
山と合掌造りの家からパワーを吸収

デジカメの“なんちゃって動画”でも撮影してみました。
「ケロミン」を生演奏する中村早香嬢が、澄井葵さんによって片付けられるまでのオープニングのシーンです。
なお、これは言わずもがなの補足ですが、この動画は、ちゃんと冒頭から物語は始まっているんですよ。
.5(てんご)「コーラス・ガール」(利賀演劇人コンクール2010)

その他の写真はこちらからどうぞ。

.5(てんご)「コーラス・ガール」(利賀演劇人コンクール2010)
.5(てんご)「コーラス・ガール」
(利賀演劇人コンクール2010)

ああ、たまってしまった洗濯物を残り1日で片付けたら、もう夏休みは終わりです……。

ページ/3ページ |次のページ最終ページ