高齢者1点まで無料で運んでくれるお掃除会社

ウチの会社に設置してある社内掲示板なのですが、ここにはなぜか、「不用品回収」「ゴミ屋敷清掃」などの、いわば「便利屋お掃除会社」のチラシが貼り出されているんです。
会社の社内掲示板に、なぜかお掃除の会社のチラシが
なぜにウチの会社の社内掲示板にこのようなチラシが?
ひょっとして、社内がゴミ屋敷並みに汚いと思われているとか……うーん。

いや、まあそれはいいんですが(よくないけど)、このチラシからは何というか、独特のオーラが伝わってくるんですよね。
なんだろう、この違和感は……とチラシをよくよく見てみたら……おおう。
チラシのあちこちに描かれたマスコットキャラクターなんですよ。

お掃除の会社のチラシに描かれたマスコットキャラクター
目つきがエグい

このマスコットキャラクターの目付きが、何というか、尋常じゃないんですよね。
ハッキリ言って、エグい。とにかくエグいんです、エグい。
とてつもなく、尋常にない、エグさを表しているんですよね、この目つきは。

いや、きっとこのマスコットキャラクターを描いた作者としては、そんなエグいつもりは一切なく、「オシゴト、オシゴト、楽しいなー」的なノリを示したかったんだと思うのです。
が……いやいや、これは明らかにイッちゃってますよね。
楽しいのはシゴトではなくて、摂取した薬物なんじゃないかと思えるほどのイッっちゃったぶり。
そう、ヤバイ系なんですよ、ヤバイ系。メチャヤバ。
もし実際にこんな目付きをした人がこっちに近づいてこようものなら、「イヤ! 来ないで! お願い! ママン!」と泣き叫びながら、オシッコを盛大にチビらせてしまうこと、間違いありませんって。

しかしこのチラシの作成を依頼した会社も、このイラストのままでは「あ、ダメだ。このイラストのままじゃ、きっとジャンキーでデインジャラスな作業員がやってくると思われかねないぞ」と気がついたのでしょう。
こんなキャッチコピーが添えられてありました。

どこよりも正社員だから清潔で明るく、サービスも最高です!!
どこよりも正社員だから清潔で明るく、サービスも最高です!!

キラリと輝く「正社員だから」の文字……。うわーん、余計に怪しくなってますよー。
そんなに「正社員だからこそ正義」みたいな理論を振りかざされても……。
「正社員だから清潔」なのか、「正社員だから明るい」のか、「正社員だからサービスが最高」なのか、「正社員だから目がイッちゃう」のか。
そもそも「どこよりも正社員」というのも、判るようで、よく判らないナゾの言葉なんです。

しかしこんなイチャモンに負けるようなヤワな会社ではないんです!
実はこのチラシには、とんでもない爆弾を抱えていたんですよ。

高齢者1点移動無料!!
高齢者1点移動無料!!

ワー! ワーワー!! ワーワーワー!!!
な、な、な、何なんですか、何なんですか、いったい何なんですか、このビックリマーク付きのキャッチコピー!
「高齢者1点移動無料!!」って……1人じゃなくて、1点って……!

この会社にゴミ屋敷の整理の依頼をしたら、作業中に「ハイハイ、おばあちゃん、ちょっとごめんなさいねー」と部屋を移動させられてしまうということなんでしょうか。
いや、そういう意味での“移動”だったら、まだいいのですが、「1点(1人ではなく)」と限定しているところから、ひょっとして……家の外に“移動”させますよ……という意味なのかもしれません。
つまり、「本当は犯罪行為だから、そんな何回もできませんよ」と、お客さんに対して牽制をしているということですよね。
家の外に“移動”って……まさか、姥捨て山に持って行かれるとか……!
嗚呼、それは、なんて楢山節考!

そうなんです、このチラシには現代における姥捨て山、今の時代での楢山節考が描かれてあったのですね。
御山に捨てられる坂本スミ子を背負って歩くのは、決して緒形拳ではなく、目が完全にイッちゃっている「正社員」なんですよ!
なんて恐ろしい世の中になってしまったものでしょうか……。

そういえば、以前にも「便利屋お掃除」のチラシや、Googleの広告でも、“お年寄り”がテーマになっていたんですね。
そうなんです。「便利屋お掃除」と「老人」、これが現代を表すキーワードなのでしょう。
ああ、世知辛いぜ。世知辛い。
いったいなんて世知辛い世の中になってしまったんだ、現代のニッポンってやつは!