ページ/3ページ |次のページ最終ページ

COLLOLの「韓国行き直前ワークインプログレス」(BankART Studio NYK)

3月に公演したCOLLOL「このままでそのままであのままでかみさま」が、この8月に韓国で公演するのだそうです。
アンニョンハシムニカー。

そんな訳で、先週末には「韓国行き直前ワークインプログレス(公開通し稽古)」が行われているというのに、うっかりお昼寝ですっかり寝坊野郎になってしまい、結局は行けずじまいなのでした。
しかし「今週も金曜日と土曜日にワークインプログレス、やるよー」とヤッピーさんよりご案内をいただき、これはもう絶対観に行かねば……いうことで、駆け付けたのです。
BankART Studio NYK。
(といっても、ここ、ウチから15分もあれば到着するメチャ近な環境なので、行きやすいのですが……うはははは)

元々はここ、倉庫だったということで、会場ど真ん中にはパルテノン神殿を彷彿させる柱が4本、ドーン、ドーン、ドーン、ドーンと存在しています。
パルテノン神殿のような柱が特徴のBankART Studio NYKホール
(そのうちの1本には、素敵な注意書きが)

そんな会場で行われたワークインプログレス、今回はステージの広さを韓国の会場にあわせたのでしょうか、半分ほどの広さしか使わないのですね。
セリフはほとんど初演時と変わってないはずなのに……どうしてなのでしょうか、メチャクチャ変わって見えるんですよ、内容が。
やっぱり会場が半分の大きさになったことで、印象が変わったということなんでしょうか。

確かに狭くなった分、前回と比べると「登場人物同士の距離感」がかなり近くなっているんですね。
そのためでしょうか、「争い」や「孤独感」といった負の局面が、初演時よりもかなり強調されて見えるのです。
これが初演時の、ホールいっぱいを使った広さだと、登場人物が大きく散らばっていたので、各々の距離感はさほど気にならず、そのため「争い」や「孤独感」といった毒はあまり感じられなかったんだと思うのです。
ところがステージが半分の広さになったことで、その分ステージ上の密度が濃くなり、「毒」が目に見えるまでに濃縮されて噴出してきているような、そんな感じを受けたのです。

そもそもオープニングからして違いました。
初演では、開演前から「神さまが楽しそうに戯れている」感じで、登場人物たちが奔放に遊び回っていたんですね。
(イメージとしては、モンスターエンジンのコント「神々の遊び」ぐらいの奔放さ……かも)

ところが今回は登場人物が仲良く戯れているどころか、客席を挟んで「男子」vs「女子」の対立の構図になってるんですよ。
そういったところからも、今回の作品が「対立」や「抗争」、「孤独」といったものをより重点的に描き出しているんじゃないかなーと思ったのです。
そんなこんなで、今回の作品は、ホント、全体的にかなりヘビーな仕上がりになっていたように感じました。
初演時には「救い」となるべき抱擁シーンも、今回は女子同士という「同性愛」や、客席から相手をナンパして連れ出す「一夜限り」の印象のものなど、あまり救いになってないように思われたのです。

まー、「救いがない」と感じてしまったのも、ひょっとしたら今のぼくがかなりネガティブな精神状態だから、余計にそのように思えたのかもしれませんが……。
いやー、それでも、本当に初演時とは印象がガラリと大きく変わって、びっくりしてしまったというのは事実なんです。

これまで一度観た作品は再演されても観なかったのですが、こんなに異なる印象の物語が生み出されるのでしたら、なんてもったいないことをしてきたのか……。
そんな反省をさせられた、今回のワークインプログレスなのでした。

夜中でも横浜港のキリンたちはお仕事中

今日も熱帯夜とのことですが、窓を開けていると涼しい風が部屋いっぱいに吹き込んでくるのですよ。
気持ちいいったらありゃしません。
そんな気持ちのいい涼しい風が吹き付ける窓の外を、フト見てみたら……ワオ。
もうまもなく日付が変わろうとしているこの時間でも、横浜港のキリンたちは煌々と明かりに照らされて、お仕事の真っ最中のようなのですよ。
煌々と明かりに照らされるキリンたち

ひょっとして、この光景を“経済アナリスト”と呼ばれるエライ先生が見たとしたら……。
きっと、「こんな夜中にガントリークレーンを動かしているということは、貿易が回復してきているということ、つまりは景気が今、回復傾向にあるんだ!」とか言うのでしょうね。

しかし、そんな難しいことは考えられないぼく。
これって単に、仕事を終えた作業員が「今日はノー残業デーだ! 早く帰らないと親方に叱られる!」と慌てて帰り支度をしたために、クレーンの照明を消し忘れただけなのかもしれないのですよ!

だとすると、これは大変なことです。
経済は回復傾向にあるどころか、経費削減のためにノー残業デーまで設定され、しかしウッカリミスで一晩中、照明が煌々と照らされているのです。
すると今月の電気代が余計に掛かってしまい、ますます会社の業績が悪化していくのかもしれないのです。
さらには、経済アナリストが「貿易が復活しています! 経済は回復基調です!」なんて大ウソをつくものだから、もう大変。
日本市場はメチャクチャに混乱してしまうところなんですよ。

……うわ、これは国際的にかなりエラい問題に発展しかねませんねー。
ヤバイのです、ヤバイ……メチャヤバ。
ぼくは、いったいどうして、こんなにエライことに気がついてしまったのだろう……。

今年も恥ずかしがり屋さんだった夜のカミナリ様

天気写真ネタばかりが続いています。
スミマセン。

というわけで、思えば、あれは2年前の夏のこと
外でゴロゴロ、ピカピカ、ドカドンドンとカミナリ様が激しく暴れていらっしゃるので、「よっしゃ、写真に撮ってやるぜ」とスタンバイしていたのです。
なのに、光と音だけは激しいカミナリ様も、その姿はずっと雲のなかに隠したままだったので、まったく写真に撮れなかったことがあったのですね。
それでも、唯一撮れた1枚が、まあカッコイイからよかったんですけど。
2年前の夜のカミナリ様
(2年前の夜のカミナリ様)

そんな訳で今日の会社帰りのこと。
自宅最寄り駅の改札を出た時点から、すでに空のあちこちでカミナリ様がゴロゴロ、ピカピカ、ドカドンドンと激しく活動していらっしゃるのですよ。
これはチャーンス! 2年前のリベーンジ!
ということで、自宅にたどり着くやいなや、着替えもせずそのままカメラを抱えて外に飛び出してスタンバイ、なんですよ。
今日こそはカミナリ様、貴方の姿を捉えさせていただきます、と待っていたのですが……あれ?

撮れないのです、撮れない。まったく撮らせてくれません。
明るくなったと思っても、やっぱり雲のなかでゴロゴロ、ピカピカ、ドンドンといっているだけで、写真に撮っても単に明るい曇り空の風景でしかないんです。
うーん、カミナリ様、貴方はどこまでシャイなのよ。

そう思っていたところで一瞬、その姿を垣間見せてくれたのですよ!
チャーンス! ギャラクティカ・マグナム・パーンチ・チャーンス!(←何ですか、それは)
……で、撮れたのが、これ
今年のカミナリ様はちょっとショボイのです
ショボっ! ショボ過ぎ! ショボ過ぎですって、これは!

何なんですか、このショボショボさは。
ショボショボのヘナヘナのへっぴり腰のカミナリ様、「ちょっとだけよ~」といわんばかりのチラリズムじゃないですか。
いらないんですよ、いりません。こんなチラリズムは、必要ないんです!

おちょくるカミナリ様に、闘志をメラメラ燃やすぼく。
こうなったら、カミナリ様よ、アンタにとことん付き合ってやるぜ……とハードボイルドに思ったのはいいのですが、カユイのです。カユイ。蚊に刺されました。
アカン、あきません……もうこのカユミだけでくじけそうになってきてしまいました。
カユイわ、暑いわ、汗ダクだわ、もうやめようかなーと思った、そのときのことです!

あたりに響く雷鳴とともに稲光が、ギザギザの稲光が、確かに地面に向かって、グサァァァッッッ!と刺さる様が見えたのですよ!
確かに今、この瞬間、ぼく、シャッターボタン押してましたよね!
撮れたよね! 撮れたよね! 撮れていてください……と祈りながら撮影データを表示させてみると……
キィィィタァァァァァー!
ようやくカミナリ様がその雄姿を見せてくれました

やったね、やったね、やりました。
だったら、もうちょっと待ってみようとさらに挑戦すること、しばし……あれ?
最悪です、雨が降ってきちゃいましたよ。
カメラ濡れちゃいますよ。

カユイわ、暑いわ、汗ダクだわ、さらにそのうえ雨まで降ってくるという四重苦のぼく。
ヘタレなハートを持つぼくは、「よし、もう写真撮影はやめて、家に入ろう……」と諦めたそのときのことです!
またしても雷鳴が!
そして、さっきよりも大きくて太い稲光が、ギザギザッと、確かに地面に向かって、グサ、グサ、グサリィィィッッッ!と刺さるのがまた見えたのですよ!
そして、また今回も、ぼく、この瞬間、シャッターボタン押してましたよね!
撮れたよね! 撮れたよね! 撮れていてください……と、ふたたび祈りながら撮影データを表示させてみると……
キィィィタァァァァァー!
今日最高の姿を見せてくれたカミナリ様

この写真が最後の最後に撮れたところで、ウン、世は満足じゃ……と思ったのですが、あれ?
改めて、よくよく見てみたら、これ、やっぱり2年前のカミナリ様の方がカッコよく写っているかも。
ということで、結局は蚊に刺された頬っぺたがプクプクにふくらんでとてもとてもカユかっただけの、今日の夜のカミナリ様なのでした。
ああ、カユイ、カユイ。

パノラマ写真ってネットでは意味がないんです

もうこれまでに、何十回、何百回、いや何千回チャレンジしたことか判りません。
しかし、そのことごとくが失敗してしまっているんです。パノラマ写真。

ぼくの身体が曲がってしまっているからなのか、単に根性がひん曲がっているからなのか、それとも、脳ミソの平行感覚が傾いてしまっているのか……うーん。
何度試してみても、まっすぐ撮れた試しがないんです。
いつも傾いてしまって、継ぎ足すとなにやらグニャグニャににひん曲がった写真にしかならないんです。
あるいは、途中で勝手に露出の条件が変わってしまうからなのか、色味が変わってしまって「いかにも継ぎ足して撮影しました」っていう写真になってしまっているとか。

とにかく、そんな風にぼくにとって「パノラマ写真」とは、まったくの鬼門だったんです。

ところが。
ああ、なんて時代の進歩は素晴らしいのでしょう。
カメラの簡単撮影術は、日に日にアップしていってたんですね。
なんと、カメラを構えて撮りたい景色に向かって180度振るだけで(例えて言うなら、ビデオカメラをパンさせるようなもの)、勝手にパノラマ写真になってくれるデジカメがあるんです。

そんな訳で、この素晴らしき朝焼けを早速撮ってみましたよ!
ビバ、パノラマ!
20100725-001.jpg

……あれ?
確かにパノラマで撮ったのはいいんです。
確かに撮れているのです。ピントは甘々なんですけど。
(まあ、コンパクトデジカメだから仕方がないっちゃあ、仕方がない)
なのに……小っちゃ! メチャクチャ小っちゃ!
日記にアップしてみたら、幅が日記のスペースに合わせて縮小してしまって、ただの小っこい写真にしかなってないじゃないですか!
パノラマ写真にした意味がないんです。
それどころか、通常の写真よりも小さくなってしまっているじゃないですか!
これじゃ「見せてやらないよ」とでも言っているような、そんなイジワル写真にしか見えませんって。
一応、写真をクリックすると原寸サイズの写真が飛び出るようにはしてみましたが……。
うーん、でもやっぱり思っていたのとは違うよなー。

ということで、やっぱりネットなどでアップするんだったら、こんな感じで、1枚モノにした方が断然にいいことに、やっと気がつかされたのでした。
2年前の燃える朝焼け
(2年前の8月の朝焼け写真)

そうか!
ひょっとしたら、ぼくは無意識のうちに「パノラマ写真を撮っても、ネットでは意味がない」ということに気がついていて、だからパノラマ写真をうまく撮ることはできなかったのか……。
無駄なことに時間を掛けるなよ、という意味で。
さすがは、オレ(の無意識)。

ああ、でもぼくの無意識さま。
お願いですから、「無駄なこと」と判っているんだったら、何百回、何千回と撮影に時間を掛けさせたり、カメラを買わせたりする前、もっと早くにそのことを教えてくださいよ……トホホ。

読書ライフに役立つ(かもしれない)情報 Part II

前回、4月に一度発表してから以降、同じくひそかにコツコツ調べてきた読書関連ネタが、またしてもたまってきました。
いつもふざけたことばかり書いていて、情報度がまったく0%のこのブログですが、今日だけはまた前回同様、マジメにWikipedia風にまとめて書いてみます。
これら情報が、皆さまの読書ライフの一助となれば幸いです。

ディクスン・カー
もしディクスン・カー作品のなかに『マネジメント』なるバカミスがあったら、誕生したかもしれないミステリ入門書、それが『もし高校野球の女子マネージャーがカーの『マネジメント』を読んだら』。
内容は、間違えてカーの本を買ってしまった女子マネージャーが、「これなら私にもできそう」と完全犯罪のトリックに目覚め、夏の合宿先(行き先はもちろん孤島)でチーム全員皆殺しにするアホバカトリックを考える、というもの。
内容のおどろおどろしさに関わらず、ライトノベルを思わせるさわやかなイラストの表紙に、100万部突破……かな?

ネオ本格ミステリ時代の歴史
『星占い殺人事件』でX文庫から颯爽とデビューが決定した島田荘司。
しかしX文庫編集部の戦略により、ペンネームは女性名がいいと「島田荘子」とさせられた。
やがて島田荘子に見出された京大ミス研メンバーが次々とデビューをしていく。
彼らのペンネームは、荘子によって、それぞれ島田孔子、島田老子、島田孟子と名付けられた。
ネオ本格時代の幕開けである。

社会 科 ミステリ
工場見学に行った先で起こる密室殺人、見たことない地図記号のダイイングメッセージ、帰りの電車で仕掛けられたアリバイトリック、バナナはおやつと思わせて実はデザートという高度な叙述トリック。
これが松本清張や森村誠一の社会派ミステリを凌ぐ、幻の「社会ミステリ」なのである

火野七瀬
言わずと知れた筒井康隆の名作『家族八景』のヒロイン。
その続篇では、テレパスで人間関係に疲れた七瀬が、ネコと戯れるためにある薬物に手を出す様が描かれています。
タイトルは『七瀬またたび』。
さらにその続篇となり「七瀬シリーズ」3部作のラストを飾るのは、衝撃的な問題作となります。
彼女が苦んでいる理由はテレパスだけではなく、実は彼女の身体が両性具有であったという事実が判明するのでした。
タイトルは『七瀬ふたなり』。

法月綸太郎
マタタビが混入してるエサを図らずしも食べてしまった法月綸太郎が、バッドトリップしてしまって苦悩している様を描いた『またたび赤い悪夢』。 また、真っ赤なドレスを着たセクシー美女をナンパした法月綸太郎が、ホテルでコトに及ぼうとしたときに、実は彼女がニューハーフであることに気がつき、苦悩する様を描いた『ふたなり赤い悪夢』。

稲見一良『花見川のハック』
稲見一良の名作『花見川のハック』を読みながら、フト「HACドラッグが千葉市花見川区にあったら、これがホントの“花見川のHAC”だ!」と気付いたぼく。
できることならそのお店に行って写真も撮ってこようと、早速、誰にも気づかれないようにこっそりとHACドラッグの公式Webサイトで店舗検索をしてみた。
そしてわかった驚きの事実。
千葉市の花見川区どころか、そもそも千葉県内にHACドラッグは、柏市内に1店舗あるだけだったのだ!

映画化された伊坂幸太郎作品
「ホラ、今度映画化された……」
「ああ、堺雅人主演の……」
「そう、アレ、なんて題名だっけ」
「ゴール……」
「ゴールデン……」
「ゴールデンレトリバー!」
「そうそう、ゴールデンレトリバー!」。
ものすごく一件落着な気分になってしまっていたけど、ホントは「ゴールデンスランバー」。

孫正義
本屋さんにどーんと積み上げられているビジネス書『これからの「正義」の話をしよう』。
いまや飛ぶ鳥を落とす勢いのソフトバンクにおける今後を語る社長の自伝ではありません。

米澤穂信
作家の米澤穂信と役者の穂積隆信は、単に「字の感じがよく似ている」という、ただそれだけの理由で、まさかまさかのコラボレーション企画が実現。
米澤穂信の代表作である「古典部」シリーズの登場人物である彼らが、ある日突然不良になってしまい、壮絶な「積木くずし」が始まります。

ミステリマニアの節分の過ごし方(恵方巻き篇)
その年の恵方に向かって、京極夏彦や清涼院流水などの“太巻き本”を一気に丸読みする。
読んでいる最中は一切、口をきいてはならない。

京極夏彦の手袋
五本指ソックスのつま先が破れてしまった!
でも大丈夫。そんなときは慌てず、騒がず、落ち着いて、「いいでしょ、これ。京極夏彦モデルのソックスなんだぜ」と言い切ると乗り切れます。

ジェイムズ・ジョイス
ジェイムズ・ジョイスがこっそりと書いていたレズビアンもののエロ小説が発見されたとのニュースが昨年、報じられたとのことです。
どうやら、そのレズビアンエロ小説はシリーズ化されているとのことから、当時としてはかなり需要が高かったことが推測されている模様。
タイトルは、ジェームズ・ジョイスの『ユリシリーズ(百合シリーズ)』

『ミザリー』
熱狂的なファンに拉致監禁されて、彼女自身のためだけに小説の執筆を要求されるロマンス作家の恐怖を描いたスティーヴン・キングの名作。
この本の出版後、キングが来日をして日光東照宮を訪れたことはあまり知られていない。
なぜなら、マスコミのインタビューで日光東照宮での感想を聞かれて彼が放ったひとことが
「ミザリー、イワザリー、キカザリー」
だったからである。

マイコー・ジャクソン
マイケルとは、欧米人は「マイコー」と発音するんだから、きっと欧米人には「舞妓はん」って「マイケルはん」みたいに聞こえはるんや。

一休さん
バカ売れの村上春樹『1Q84』に便乗して、『1Q874』という本を企画した。 内容は単なる一休さんのとんち話(=一休話し)なので経費は一切掛からず、売り上げはすべて儲けに……なるわけありません。

カッコいい作家名
作家のJ.G.バラードという名前がめちゃくちゃカッコいい。
これはきっと「J.G.」と略称しているからカッコいいに違いない。
そこで略称部分だけでもマネしてカッコいい名前になろうと、「中橋一弥」から「中橋K」に変えてみた。
……けど、ダサい。めちゃくちゃダサい。
これはきっと、日本人なのにアルファベットで略称するから、無理があるかと「中橋か」に変えてみた。
するとダサい以前に、単に名前を訊いているだけみたいになってしまって、結局はカッコいい名前にすることを断念。

現代の『黒死館殺人事件』
ケータイ小説界の大賞受賞作がWebで全文読めるということで見てみたら……最初の数行で挫折してしまった。
これは現代における『黒死館殺人事件』に違いない

自動的に移動するレーベル
大昔に買った井上ほのか『アイドルは名探偵』を、久々に本棚から引っ張り出してみた。
そしたら確かピンクの背表紙の講談社X文庫だったはずなのに、真っ白に色褪せていて、いつの間にかホワイトハート文庫になっていたのですよ!

ネクロノミコン
新婚ホヤホヤのクトルゥー好きの自慢話。
「いやー、やっぱり結婚できる男はこう明るくなくっちゃ! ネクラだったら結婚なんてできないっすよね! だってほら、“ネクラの未婚”……ネクロノミコンってね! うわっはっはっは」。
クソッ!(いろんな意味で)

童話のコラボレーション
「ヘンゼルとグレーテル」と「チルチル・ミチル」がよくゴッチャになるという声が多数寄せられたため、お互いの敵を一緒にやっつけようとコラボレーション。
余計に訳が判らなくなってしまう事態に。

大戸屋
“大戸屋”は「おおとや」であって、決して「おうとや」ではありません。 試しに「おうとや」で入力して変換したら……食べ物屋さんにはあるまじき店名になってしまいます。 威力業務妨害で訴えられないよう、気をつけましょう。

デビルマン
デビルマンの主題歌で必殺技のくだり。
「デビルアローは超音波、デビルイヤーは地獄耳、デビルウィングは空を飛び、デビルビームは熱光線……」。
デビルイヤーだけちょっと違うことに誰も文句は言いません……。

いかがでしたでしょうか。
溜め込みすぎていた情報を、また一挙に公開することができて、スッキリしています。
これで再び、皆さまの豊かな読書ライフがますます充実することは約束されたも同然です!
また調べ物が溜まりましたら、第3弾、第4弾とお伝えすることをお約束します。
それまで、しばしのごきげんよう!

ページ/3ページ |次のページ最終ページ