テレビ、PCに引き続き、エアコンもぶっ壊れました

あち~。
何なんですか、この蒸し暑さは。
夕方に大雨が降ったから、「あ、夕立か。こりゃ夜には涼しくなるなー」なんて思っていたら……おい。
涼しいどころか、かえって湿気が多くなって蒸し暑くなってるじゃないですか!

そんなわけで家に帰るなり、今年初めてのエアコン、スイッチオン!
普段はエアコンなんてあまりつけないぼくですから、それが帰るなりスイッチを入れたとなると、これはもう、かなりの緊急事態であると言ってもいいのですよ。
エアコンの傍に立って、冷風が吹き付けてくるのを今か今かと待ち構えています……。
……。
……。
……あれ?

つかないのです、エアコン。全然動きません。
しばらく様子を見ていても、ウンともスンとも言わないこのエアコン、ひょっとして故障……なんてことはないよね、これからのこのシーズンに。
そんなわけで、一応、ネットで調べてみました。
すると……おお。
ダイキンのエアコンは、リモコンの「取り消し」ボタンを長押しすることで、故障しているかどうかの診断をしてくれるんだそうですよ。
幸いにして我が家のエアコンはダイキン製。
早速、リモコンの「取り消し」ボタンを長押ししてみました。
すると……キャー! 「U4異常」なんて文字が表示されてしまいましたよ!

ああ、これでこのエアコンは間違いなく故障していますね。決定です。しくしく。

カラーテレビ、クーラー、そしてコンピュータ。
昭和の時代の「三種の神器」(いわゆる3C)じゃないんです。
ここ最近、立て続けにぶっ壊れている我が家の神器なんです。
見事なほどに3Cしてます(Color TV、Cooler、Computer)。
幸いにして本来の3Cの一員であるクルマ(Car)は、今のところすこぶる快調でゴキゲンに走ってくれてます。
不幸中の幸い。
(誰ですか、「これから壊れるから」なんてことを言っているのは)

週末にダイキンのサービスマンが来てくれるまで、押入れから引っ張り出してきた扇風機で急場をしのぐことにしました。
しかしテレビの出張修理費用3万円、コンピュータの部品交換費用3万7千円(そのうえまだ戻ってきていない)に引き続き、エアコンはいったいいくら取られるというのでしょうか……。

【その後の追伸】
調べてもらったところ、室外機の基板がショートしていたということで交換となりました。
テレビも基板交換、PCもマザーボード交換と、なんか、基板をぶっ壊してしまうオーラでも発しているのかしらん。
気になるお値段は、技術料・出張費込みで18,690円でした。
支払いはその場で行うのではなく、後日ダイキンから請求書が送られてきて、銀行振り込みかコンビニ支払い、または携帯サイトでのクレジット決済と、色々と選べますので安心です。