工場夜景アドベンチャークルーズで「ちきゅう」を見て、根岸の製油所に

前回参加した「工場夜景ジャングルクルーズ」、横浜港を出発して鶴見・川崎方面の工場夜景を海側から楽しむ旅がメチャクチャ楽しかったので、今度は、根岸方面を楽しめる「工場夜景アドベンチャークルーズ」に参加してきました。

ちなみに、前回の「ジャングルクルーズ」では、ひとりで参加していたお客さんも何人か見掛けたのですが、今回はなぜか、カップルや女の子同士でのグループばかりで、1人で参加している人は見かけませんでした。
しかしこれは、オシャレなムードあるディナークルーズとは違い、工場夜景を見まくるクルーズなんです!
ガイドのお兄さんの説明に合わせて、皆が船のなかを右に行ったり、左に行ったりと忙しく動き回るので、一人でいてもまったく気後れすることがありません!
そんなわけで、レッツ・クルーズ!

今回お世話になるのはこのクルーズ船です。
この船で根岸の製油所を目指します
乗ったらすぐに2階席に行きましょう。
後部にもデッキはあるのですが、水飛沫がかかりやすく、またエンジン音がうるさいため、スピーカーから流れてくるガイドのお兄さんの声が聞こえにくいのですね。

出港する時間は、ちょうど夕陽が沈むところでした。
横浜の街の向こうにきれいに夕陽
なんて美しい瞬間を狙った出港なんでしょう……やっぱりカップル向けのサービスなのでしょうか。
いえいえ、そんなムードもへったくれもありません。何しろ海面を突き進む船は波しぶきを立てまくっているのです。
デッキでうっとりしていると、飛んできた細かい波しぶきでビシャビシャになっちゃいますって。

そんなこんなで、横浜港内の真ん中に出てくると、すぐにあちこちに屹立しているキリンさん(ガントリークレーン)の姿が目に付きます。
姿勢のいいキリンが屹立する姿に興奮
ああ、なんてお行儀のいい立ち姿なんでしょうか(その向こうには、ランドマークタワー)。

ガントリークレーンは背の高いキリンさんだけではありません。
重量級のガントリークレーンなんて、どうですか、この存在感。
重量級のガントリークレーン、かっこよすぎ
もうあまりのかっこよさに、オシッコちびりそうです。
(でも暗いし、波しぶきで結構濡れていたりするから、オシッコちびってもバレません ←おい)

そして第1の見所はすぐにやってきます。
三菱重工業の本牧工場です。
第1の見所、三菱重工業 本牧工場

今回、この「アドベンチャークルーズ」でいちばん楽しみにしていたのは、実はこの三菱重工なんですよねー。
なぜなら……おお、あった、あった、ありました。
現在ドック入りしている真っ最中の、地球深部探査船「ちきゅう」。
三菱重工のドックに入っている地球深部探査船「ちきゅう」

うちの家からも、真ん中のやぐら部分が見えていて、ずっと気になっていたこの船。
やっぱり間近で見ると迫力が違いますよね……スゲエ。
この「ちきゅう」はどうやら5月末まで、この三菱重工の本牧工場にドック入りしているそうです。
ですから、次回5月に行われるアドベンチャークルーズでも見られるはずです。

船はあっという間に本牧埠頭を回り込みました。
途中では運河を通ってショートカットしています。
この運河では海面が穏やかですので、波しぶきを被ることはありません。安息のひとときです。 そして運河を抜けると、ホラ、そこはもう根岸なんです。

まずこれがJ-POWER(電源開発)の磯子発電所です。
J-POWER 磯子発電所

このお隣には、東京電力の南横浜火力発電所もあります。なかよしなんだなー。
東京電力 南横浜火力発電所

このあたりまで来ると、高い建物がなくなりますので、富士山がよく見えてきますよ。
富士山(の先)が見えていました
今日のような暖かい日だから、こんな薄ぼんやりしか見えないのでしょうが、これが冬の寒い時期だったら、もっとハッキリクッキリときれいに見えているんでしょうね。

そしていよいよ本日のメインイベント、根岸の代表的な工場夜景である新日本石油精製の根岸製油所です。
新日本石油精製 根岸製油所

「光の城」とも言われるこの場所は、敷地面積が東京ディズニーランドの約5倍だそうです。
なるほど、そう言われてみれば、確かに海から見ても岸壁にはずーっと根岸製油所が続いているんですよね。 船はそのうちの1箇所、波間に映えるフレアスタックがとってもきれいな場所に停泊して、しばしの写真撮影タイム。
波間に映えるフレアスタック
そして残念なことに、船はここでUターンして、横浜港を目指して帰ります。

あたりはもうすっかり真っ暗になっているため、行きとはまた違った印象で楽しめます。
三菱重工の「ちきゅう」も見事にライトアップ(←違います)。
ドック入り中の「ちきゅう」、ふたたび

残念ながらベイブリッジの下をくぐると、夢の時間はもう終了です。
ベイブリッジをくぐれば、この旅も終わりが近い

横浜の街並みが見えてきました。
横浜の街が見えてきました

ここでガイドのお兄さん、「操舵室もご覧いただけますよ。ご希望の方はご自由にどうぞ」。
もう皆が操舵室に詰めかける、詰めかける。
しかし船長さんはまったく動ずることなく、無線で何やら連絡を取りながらの安全運行。
操舵室から見た横浜の風景

こうして終わってみると、あっという間だった1時間半。
下船時にはもれなく全員に、新日本石油から「エネゴリくん」のハンドタオルのお土産までいただけたのでした。

参加してみた印象ですが、前回の「ジャングルクルーズ」と今回の「アドベンチャークルーズ」とでは、やっぱり全然違いますね。
「ジャングルクルーズ」が工業地帯の中に設置された運河沿いに進むので、色々な工場を見ることができるという点が大きな特長でしょうか。
対して「アドベンチャークルーズ」は、航行する場所が運河ではなく、モロに「海」ですので、波が大きかったり風が吹いたりして、クルーズそのものを楽しめます。
今日のような日差しが暖かかった日でも、沖合では風がまともに吹き付けるし、何度も波しぶきが掛かったりするので、暖かい格好をする方がよいでしょう。

この日に撮影した写真は、こちらにアップしています。
お気軽にご覧ください。

工場夜景アドベンチャークルーズ
工場夜景アドベンチャークルーズ

しかし、やっぱり大人の社会科見学って楽しいんですねー。
さて次回はどこに行こうか……。