長野の駒ヶ岳まで10,665円のソースカツ丼を食べに行く

眠れないんです。眠れない。
布団に入ったのに、全然眠たくないんです。七転八倒してシーツも掛け布団もどこかに飛んでいってしまいました。
寒いんです、寒い。今度は寒くなってしまってますます眠れなくなってしまいました。

そんなときに突然フト、「あー、カツ丼食いてぇ」。
そう思ってしまうと、もうダメなんです。すっかりカツ丼のお口になってしまったぼく、これはもう何が何でもカツ丼を食べなければならないという使命に燃え上がってしまったのでした。

だったら、普段行けないようなところにクルマで行っちゃおうと、「カツ丼 サービスエリア」で検索してみたのです。
すると……おお。
中央高速道路の駒ヶ岳サービスエリアの「ソースカツ丼」がこれ、メチャクチャうまそうなんですよ。
よし、これで決まりです。 今から駒ヶ岳サービスエリアに向かって、カツ丼を食いに行くぜ!とおうちを飛び出したのでした。

……が、今から行ってしまうと、メチャクチャ早く着いてしまいます。
だったら、直接向かわず、まずは下道を走ればいいんじゃないの?と思いつくぼく、なんてあったまいいー!

そんな訳で横浜の自宅を出て、まずは鎌倉経由で一路、江ノ島に向かいました。
江ノ島の海岸で向かえる朝……ああ、なんてステキにロマンティックなんでしょう。
が、しかし。オイ。
なんだか曇ってますよ、空。
あまり気持ちのいい朝を迎えることはできなさそうです。
しかも、中途半端に海が荒れてます。
護岸に波が打ち付けるちょい荒れ模様
護岸に波がザブンサブンと打ち付けていて、砂浜に降りるのが危なそうなんです。
ま、それでも第一目標はカツ丼なんですよ。
こうしているうちに、時間もちょうどいい頃合いになってきたし、これから東名高速に乗って、一路、中央高速は駒ヶ岳サービスエリアに向かうのですよ!

ということで、そのまま海沿いにクルマをトットコ、トットコ進めて、湘南、小田原、真鶴、湯河原、熱海……と来たところで、あれ?
湘南、小田原、真鶴、湯河原、熱海って東名高速にそんな地名は全然出てきませんよ。
地図で検索してみると……オオウ、なんてことでしょう。
ぼくは今、伊豆半島まで来ているのですが、これって、東名高速からはどんどんと離れていっているのですね!
新幹線は通っているのに、高速道路は遙か彼方というこの事実に、ガビーン。
しかも危険なことに、このまま海沿いの国道を走っていくと、あの巨大な伊豆半島を意味なくグルリと一周せざるを得なくなります。

危ないところで気が付きました。
伊豆半島を縦断する山道を通り、何とか東名高速に合流、そのまま名古屋に向かいました。
名古屋からは中央高速道路に乗り、長野方面に走らすこと数時間。
やりました! ようやく駒ヶ岳サービスエリアに到着です!
時間も11時過ぎと、お昼前のために人もそんなに多くなくてラッキー。
早速ソースカツ丼を頼みました。

これが名物ソースカツ丼なんです
カツは注文を受けてから揚げているとのことでアツアツでとってもジューシーなんです。
これはヤバイ、メチャクチャヤバイ。病みつきになってしまいそうな味なんですってば。
ソースだって、普通のとんかつとかウスターじゃないんです。
なんでもこのソースカツ丼用のソースがあるそうなんです(お土産用としても売られてます)。
なのにお値段は700円と、かなりリーズナブルなんですよ。
イヤー大満足、大満足。

さて、あとは帰るだけです。
ルートとしては、中央高速道路でそのまま東京に向かいます。
途中で見える南アルプスや八ヶ岳連峰は、まだまだ峰がきれいに雪化粧中。
まだまだ雪景色をやめない八ヶ岳連峰の山頂たち
かと思うと、高速沿いの里山では桜が満開で美しいのなんの。
山々には、山桜があちこちで咲いているのも見えて、これもまた美しいのです。
そういえば、伊豆半島の下道でも、ホワイトアウトしてしまうぐらいの桜吹雪でとっても楽しいドライビングでしたし。
思えば、道路上でこんなに目を楽しませながら走ることができるのって、今のこの時期だけなのかもしれませんね。

そんなこんなで中央高速からそのまま都内に入り、首都高速で湾岸線から横浜に帰ってきたのでした。
(下道は混んでいるらしいので、カーナビさまが「首都高経由で帰りなさい」とのご神託を告げたためこんなルートに)
総走行距離は730キロって……うははは。
さすがにこの距離は身体に応えてしまって、あちこちで悲鳴をあげてしまっています。
家に帰ったらすぐに寝たいところだったのですが……クルマの前の部分がエライことに。
季節はもう春、ムシの季節なんですね。
クルマの前の部分が一面(フロントガラスを含む)、ムシどもが飛び込んでぶち当たってスプラッターになってしまい、大虐殺状態なんですよ。
これをそのままにしておく訳にもいかないので、きれいに洗車をして差し上げましたよ!
よくやった、ぼく! やったぜ、ぼく!

そんな訳で、きっと今日はよく眠れることでしょう。
……眠れないと困ります。

しかし考えてみたら、カツ丼そのもののお値段は700円でも、

  • 高速代(東名・中央):1400円
  • 高速代(首都高)500円(都内)+400円(神奈川)
  • ガソリン代:7665円(総走行距離730kmを燃費12km/lで割ってガソリン代126円を掛けたもの)

と、経費だけで9,965円も掛かっているのです。
全部足すと……ウヒャー!
10,665円もの代金を払ったことになってるー!

どんな超高級カツ丼なんだ、これは……。