ホットケーキを焼いてみました……炊飯器で

真夜中にDVDを観ていると、突然、小腹が空いて空いて仕方がなくなってしまいました。
これって1回「お腹空いた」って感じてしまうと、もう、どうしようもないのですよね。
DVDを観よう観ようとしても、どうしてもお腹の存在が(というより、空腹の存在が)気になって仕方ないんです。

ああ、もうガマンできない!
何か小腹を満たすようなもの、ないかなーと戸棚をゴソゴソあさってはみたものの、何もないんですよね。
コレは困った……と、なおも探していると、おお!
ホットケーキミックスの粉なんて出てきたではありませんか。
冷蔵庫には牛乳も卵もあるし、よっしゃ、これでホットケーキを作るぜー。

しかし、これ、フライパンで焼くのもちょっとメンドクセーなーと。
どうせだったら、DVDの続きを観ている間にいつの間にか出来上がっていたよ、おい、ぐらいの勢いでできないかなと考えたところで、目についたのが炊飯器ですよ。
そうそう、最近の炊飯器はメニューに「パン・ケーキ」という項目まであるのですから、ホットケーキのタネをここにぶち込んでおけば、勝手に焼き上がっているに違いないのです。

そんな訳で、ボウルでよくかき混ぜたホットケーキのタネを炊飯器にぶち込んで、メニュー設定を「パン・ケーキ」に合わせると、スイッチオン!
これで安心してDVDに戻れます。

……およそ10分後。
「できましたよー」という炊飯器の合図に、キッチンに一目散。
もうフタが取れてしまうかという勢いで炊飯器のなかを覗いてみたのですが……あれ?
できてないのです。
なんというか、タネのまま。
温かくなって入るんですが、タネのまま。
メニューは確かに「パン・ケーキ」にしているんです。
なのに、タネのまま。
このメニューの「パン・ケーキ」って、ホットケーキは入ってないってことなんでしょうか。
ホットケーキのこと、「パンケーキ」っていうのに……。
仕方ありません。
メニューを普通に炊飯機能に戻して、またスイッチを入れましたよ。

そして、また10数分後。
「できましたよー」の合図に炊飯器の中を覗いてみました。
すると……うーん。
底の方は確かに焼けているようなんです。
が、表面的には、まだ、タネのままなんですね。
これって、フライパンで焼くときみたいに「裏返せっ!」てことなんでしょうか。
そんな訳でひっくり返してみたのですが、ギャー。
底の方がこれ、“こんがりきつね色”を通り越して、“ガッツリたぬき色”になっているではないですか!

ということは。
この状態で裏返して、普通に炊飯にしてしまうと、またこちらの面も“ガッツリたぬき色”になってしまうということなんですな。
そうか! そんなときこそ「パン・ケーキ」メニューですよ!
そんな訳で、また、メニューを「パン・ケーキ」に設定して、スイッチオン!

10分後、3度目の「できましたよー」で様子を見てみると……うん、ちょうどいい焦げ目具合でオッケー!
ようやく焼きあがりましたよ。
炊飯器でようやく焼きあがったホットケーキ
メイプルシロップはありませんでしたが、ハチミツをかけて、「いただきます」。
おおう、ハチミツはもっとキレイに描くようにかけていたのですが、すぐ流れ出してしまって、水たまり状になってしまいました……とほほ。

しかしこれ、確かにふんわりしていて、焦げ目もキレイについて(たぬき色はともかくとして)、失敗じゃないんですが……。
こんなに時間と手間がかかるんだったら、最初からフライパンで焼いていた方がよかったのかも。