ページ/2ページ |次のページ最終ページ

楽しい料理本のはずがメチャクチャ恐い、このPOP

ここ最近、本屋さんを回るペースも落ちてきているからか、たまに寄り道なんてしちゃうと、何といえばいいのか、ちょっと敏感になってきているようなんです。
といっても、別に表紙買いした本が大当たりでメチャクチャ面白かった!という訳ではないんです、残念ながら。

今日も、本屋さんのなかをフラフラ彷徨っていると、来た、来た、来ましたよ。
「何かある!」オーラが漂ってくるのです。
何、何、何、いったい何があるの?と、そのオーラが漂ってくる方向を見てみると……オー、マイ、ガッ。
そこは、何やら熱心に立ち読みをしているOLちゃんたちで完璧なガードをされているのです。
しかし「何かある!」オーラは、そんなOLちゃんたちの向こうから、隙間をぬって漂ってきているのですね。

うー、気になります、気になる、メチャクチャ気になる!
これはもう、行くしかありませんね!
ということで、「ごめんやして おくれやして ごめんやっしゃー」と末成由美になりきって、立ち読みOLちゃんたちの中を通り抜けていったんです。
すると、そこに広がるのは……
料理本のコーナー
おおう、料理本のコーナーなのでした。
OLちゃんという花々が咲き誇る花園の、その向こうには、素敵な料理本の数々が、これまた華やかに、賑やかに並べらていたのですね。

が、しかし。
OLちゃんたちという夢のような花園のなかにある賑やかな料理本のコーナーなのに、どうもこのコーナーからはドヨーンとした負のオーラしか感じられないのですね。
この負のオーラ、例えて言うならすべてを吸い込むブラックホールのような暗黒のオーラとでも言うのでしょうか。
これはいったい、どこから放出されているのでしょう。

そんな訳で、中央に屹立しているPOPをよくよく見てみると……
料理本のPOPがメチャクチャコワイんです
ヒー!なんですか、これは!
コワイじゃないですか、コワイ。メチャクチャコワイ! コワ過ぎるんですよ!

いったい何なんですか、このPOPは。
楽しいはずの料理本なのに、このおどろおどろしさ。
「みんな大好き」とウキウキするはずなのに、このおどろおどろしさ。
もうね、「マヨ」「ケチャ」「カレー粉」という調味料も、全然美味しそうに見えず、だからこの料理本自体が全然楽しそうに見えないんです。
「マヨ」「ケチャ」「カレー粉」なんて、未開の地のジャングルで、ひそかに調合されている毒薬みたいな、そんな感じじゃないですか、このおどろおどろしさは。

では、このPOPを書いた店員さんは、何を思ってこのようなおどろおどろしいPOPをつくってしまったのでしょうか。

  • 本人は十分に楽しい
  • 筆ペンで書いたら自動的にこうなっちゃう
  • なんか今日はムシャクシャするから客を怖がらせてやる
  • 「料理する」ということは、すなわち「他の種別を食べる」というカルマなんだ!
  • 「マヨ」「ケチャ」「カレー粉」を混ぜたらクトゥルー神話に出るような得体の知れないものが誕生

正解は、あなたの頭の中に。

COLLOL「このままでそのままであのままでかみさま」(BankART Studio NYK)

田口アヤコさんのことは、これまでにも色々と拝見させていただいているような気がしてきましたが、実はCOLLOL、これが初めて観に行ったのでした。

1年半ぶりの本公演、会場は横浜はBankART Studio NYKという、元は倉庫だった場所です。
運河側から眺めたBankART Studio NYK

いやー、しかしここは家から近い! だから実にいい! 嬉しい!
クルマでも15分ほどで着いてしまいました。
コインパーキングもすぐ傍にあって、ロケーションはばっちりです。

浮かれポンチで、こんな写真まで撮ってしまいたくなるような場所なんです。
浮き輪越しに眺めたBankART Studio NYK

この会場は、元は倉庫だけに、中には巨大な柱が4本もそびえ立っているんですよね。
ギリシャのパルテノン神殿のような、まさにそんな感じ。
普通に「ステージ」と「客席」とするには、見えにくい席とかができてしまいそうで、かなり難しそうです。
だからでしょうか、今回の公演では「客席」がありません。
入場時に「どうぞご自由に歩き回ってご覧ください」と案内をいただきました。

この試みがまた、メチャクチャ面白いんですね。
お客さんは、三々五々、あちこちに散らばって観ることになるので、まるでお客さん自身も舞台美術のような、そんな印象になってくるのです。
いや、それどころか、ステージの真ん中で観ることもできるのです。
そうなると、まるで観客自身も出演者の一員ですよ。

こうして、日々、ステージの印象が異なるため、毎回毎回、演じられる作品の印象も異なるのですね。
つまり、1回限りの観劇では非常にもったいない作品なのです。
もちろん、自分自身も「どこで観るか」によって、印象がガラリと変わります。
しかも、2回目以降はリピータ割引として、1000円で観られるというから、これはもう最大限に活用させてもらわないともったいないのです。

そんな訳で、まず土曜日は会場の隅で、そして今日、日曜日は敢えて真ん中で観させてもらいました……が、なんということでしょう。
土曜日の公演では、真ん中で観ているお客さんが結構いたのに、今日は真ん中にお客さんが全然いません。
まるでぼくひとりがステージに乱入して邪魔しているような感じになってしまいました。
お目汚し、どうもすみません。

しかし、そんな恥ずかしい思いをしてでも、今日のステージは真ん中で観ることが大正解でしたよ。
なんというか、スピード感、疾走感、緊迫感、圧倒感といった、目に見えない、でもズンズンと迫り来る“何か”が、今日のステージでは尋常なく溢れ出ていたんです。
それを体感できたということだけでも、この位置で観ることがよかったと思うのですね。

今日のステージでの極めつきは、「ヤハウェ」と呼びかけるセリフ。
「ヤハウェ」との呼びかけに、まるでそれに応えるかのように、外から汽笛が鳴り響いてきたのです。
もちろん音響効果ではなく、リアルな横浜港の汽笛なんですね。
そのやりとりが、ちょうどぼくの座っている真横で行われたので、もうその瞬間、サブイボがゾワーと出ちゃいましたよ、ゾワーって。

いや、本当にこの公演、1回ポッキリでは非常にもったいないのです。
何度か観に行って、その都度、違う位置から観ることで、また新たなイメージが喚起されること、間違いありません。
超絶的にお勧めの公演なのでした。
COLLOL「このままでそのままであのままでかみさま」

超絶的にお勧めといえば、個人的には、土曜日の公演終了後に行われた、d'UOMO ex machina + COLLOLのアフターパフォーマンス、これも外せません。
単なるリーディングかと思っていたのですが、パーカッションと役者のセリフや動きが一体となって、きっと間近でフルオーケストラの演奏を聴いていたらこうなるんじゃないかと言うほどに圧倒されっぱなしなんです。
あまりの格好良さに、1時間、悶絶しまくっておりました(1時間という時間も、まったく感じられなかったほどです)。

ところで、今日お散歩をしていると、あちこちで野良ニャンコたちの姿を見掛けました。
寒い時期は冬眠しているのか、まったく姿を見掛けないのですが、啓蟄も迎えてそろそろ地上に出てきたのでしょう。

道の真ん中で通せんぼしてまとわりつくパンダネコ
道の真ん中で通せんぼしてまとわりつくパンダネコ

飼われているのか、忍び込んでいるのか、どこかのお宅の庭先にいた茶トラ兄弟(たぶん)
どこかのお宅の庭先にいた茶トラ兄弟(たぶん)

恐がりのくせに、こちらのことが興味津々なキジトラ 恐がりのくせに、こちらのことが興味津々なキジトラ

ルデコに、行けない

前々から大好きな女優さんが、今回一人芝居に挑戦するとのご案内をいただき、いそいそとお出かけしてきました。
会場は渋谷のルデコですよ、ルデコ。
ここはもともと展示会などを行うためのギャラリースペースということで、ワンフロアの区画が狭いんですよね、メチャクチャ。
だから客席とステージの距離感が尋常にないくらいに近く、もう演者の存在感がビシバシ感じることができるウハウハ会場なんですよね。ウハウハ。
そんな訳で、もう鼻息荒くフンガーフンガーいわせながら、渋谷駅から歩いて5分のところにあるルデコを目指していたんです。

ところが……Oh, my god !
もうあと少しでルデコのあるビル!という横断歩道まで来たところです。
渡れない横断歩道

この横断歩道の向こう側に……ちょっと、アレはいったい何でしょうか。
渡ろうとしたところで、横断歩道の向こう側、目の前に大きく「歩行者横断禁止」と書かれた看板があるのですよ。
「横断禁止」の看板と、見張りのガードマン

横断歩道があるのに、横断禁止。
歩行者だけが横断できない横断歩道。
……だったら自転車だったらいいのでしょうか?
タラちゃんが三輪車に乗っていたら大丈夫なんでしょうか?
セグウェイだったら乗っていてもいいのでしょうか?(←道交法的にダメです)

……判りません。
しかも、どうもぼくがこの横断歩道を渡ろうとしているのを察したのか、ガードマンのお父さんが睨みをきかしているんです。
キャー、コワイ、キャー!

さあ、ここに来て大ピンチなぼく。いったいどうすればいいのでしょうか。
もうこの横断歩道を渡れば、もう目の前がルデコなんです。大好きな女優さんに会えるのです。
しかしこのままでは会うこともできないのです。
困った……どうしよう……。

そう悩んでいたところ、あれ!? うそ!? どういうこと!?
悠々と横断歩道を渡るオジサン
1人のオジサンが、悠々と横断歩道を渡っていくのですよ。
まるで、そう、そこがただの横断歩道であるかのように。
横断禁止の看板なんてないかのように。

ガードマンのお父さんは、悠々と横断して行くオジサンをじっと見ているんです。
ガードマンも見ているはずなのに、注意しません
でも、何の注意もしないんですね。ただ、見ているだけなんですよ。

えーと、えーと、コレはいったいどういう事なんでしょうか。
ひょっとして、ぼくの目には見えていないだけで、このオジサンは歩行者ではなく、自転車に乗っている……訳はないですよね。
まさか、インラインスケートを履いていて、歩いているように見える滑り方をしているとか?
(マイケル・ジャクソンのムーン・ウォークの逆ですな)
いや、インラインスケートを履いていても、やっぱりジャンルとしては「歩行者」でしょう。
ということは……?

そんな混乱しているぼくの目の前を……ウワー! 何ですか、コレは!
次から次へと横断歩道を渡る人々
もうね、次から次へと歩行者がぼくの目の前を通り過ぎていくんですよ。
クルマが来ていても、そんなの関係ありませんって。
なんだか判らないけど、どうも渡る人が多すぎて、ガードマンも注意をすることができない……とか?

しかし、これはチャンスですよ、チャンス。千載一遇のチャンス。
ぼくは、そんな彼らのなかに混じってコッソリ、ガードマンの目の前を突破することに成功したのです。
いやー、危ないところでした。

こうして、ぼくは無事にルデコに到着し、エムキチビート『Fight Alone 2nd』の青チーム、秋澤弥里さんのステージを堪能することができたのでした。
うっとり。

ホットケーキを焼いてみました……炊飯器で

真夜中にDVDを観ていると、突然、小腹が空いて空いて仕方がなくなってしまいました。
これって1回「お腹空いた」って感じてしまうと、もう、どうしようもないのですよね。
DVDを観よう観ようとしても、どうしてもお腹の存在が(というより、空腹の存在が)気になって仕方ないんです。

ああ、もうガマンできない!
何か小腹を満たすようなもの、ないかなーと戸棚をゴソゴソあさってはみたものの、何もないんですよね。
コレは困った……と、なおも探していると、おお!
ホットケーキミックスの粉なんて出てきたではありませんか。
冷蔵庫には牛乳も卵もあるし、よっしゃ、これでホットケーキを作るぜー。

しかし、これ、フライパンで焼くのもちょっとメンドクセーなーと。
どうせだったら、DVDの続きを観ている間にいつの間にか出来上がっていたよ、おい、ぐらいの勢いでできないかなと考えたところで、目についたのが炊飯器ですよ。
そうそう、最近の炊飯器はメニューに「パン・ケーキ」という項目まであるのですから、ホットケーキのタネをここにぶち込んでおけば、勝手に焼き上がっているに違いないのです。

そんな訳で、ボウルでよくかき混ぜたホットケーキのタネを炊飯器にぶち込んで、メニュー設定を「パン・ケーキ」に合わせると、スイッチオン!
これで安心してDVDに戻れます。

……およそ10分後。
「できましたよー」という炊飯器の合図に、キッチンに一目散。
もうフタが取れてしまうかという勢いで炊飯器のなかを覗いてみたのですが……あれ?
できてないのです。
なんというか、タネのまま。
温かくなって入るんですが、タネのまま。
メニューは確かに「パン・ケーキ」にしているんです。
なのに、タネのまま。
このメニューの「パン・ケーキ」って、ホットケーキは入ってないってことなんでしょうか。
ホットケーキのこと、「パンケーキ」っていうのに……。
仕方ありません。
メニューを普通に炊飯機能に戻して、またスイッチを入れましたよ。

そして、また10数分後。
「できましたよー」の合図に炊飯器の中を覗いてみました。
すると……うーん。
底の方は確かに焼けているようなんです。
が、表面的には、まだ、タネのままなんですね。
これって、フライパンで焼くときみたいに「裏返せっ!」てことなんでしょうか。
そんな訳でひっくり返してみたのですが、ギャー。
底の方がこれ、“こんがりきつね色”を通り越して、“ガッツリたぬき色”になっているではないですか!

ということは。
この状態で裏返して、普通に炊飯にしてしまうと、またこちらの面も“ガッツリたぬき色”になってしまうということなんですな。
そうか! そんなときこそ「パン・ケーキ」メニューですよ!
そんな訳で、また、メニューを「パン・ケーキ」に設定して、スイッチオン!

10分後、3度目の「できましたよー」で様子を見てみると……うん、ちょうどいい焦げ目具合でオッケー!
ようやく焼きあがりましたよ。
炊飯器でようやく焼きあがったホットケーキ
メイプルシロップはありませんでしたが、ハチミツをかけて、「いただきます」。
おおう、ハチミツはもっとキレイに描くようにかけていたのですが、すぐ流れ出してしまって、水たまり状になってしまいました……とほほ。

しかしこれ、確かにふんわりしていて、焦げ目もキレイについて(たぬき色はともかくとして)、失敗じゃないんですが……。
こんなに時間と手間がかかるんだったら、最初からフライパンで焼いていた方がよかったのかも。

家の外でも内でも、裸にひん剥かれてしまいました

ここ最近、すっかり春めいてきたこともあって(つい先日雪が降ったばかりですが)、クルマの冬用タイヤを夏用に替えてあげることにしました。
そんな訳で、今日は珍しく朝からちゃんと起きて、お出かけなんですよ。

タイヤ交換といっても、実は我が家には、使っていないタイヤを置く場所がないのです。
(トランクスペースに置いておくつもりだったのですが、測ってみると全然大きさが足りなかったという大誤算)
で、タイヤお預りサービスを行っているお店にお願いしているのです。
しかし、この「タイヤお預りサービス」というのも、結構トラブルのもとになるそうで(ホイールに傷付いたとかなんとか)、やっているところはなかなか少ないようなんですね。
ようやく探し出したのが東京にあるお店。
横浜からクルマで行くだけで、1時間は掛かってしまうところにあるので、お昼に予約していても、そこに向かうには朝から起きなければなりません。

しかし、どうも出発時間の計算がちょっと狂ってしまっていたようで、お店に着いたのは予約した時間よりちょっと遅れてしまって……すんません、すんません。
業務用ジャッキで車体をわしわし持ち上げて、冬用タイヤがスッポリと外されて、なんだか恥ずかしい状態にされてしまっています。
冬用タイヤを外されて、恥ずかしい姿にされたクルマ
クルマのこの姿を見るのって……、何というか、見てはいけない状態をみてしまったような、そんな気がしますよね。
ぼくの頭のなかでは、しずかちゃんの「キャー、のび太さんのエッチーッ!」状態なんです。
うひひひひ。(←変に興奮)

タイヤの交換作業はわずか10分程度で終わりました。
冬用タイヤをお店に預けて帰宅します。

続いては、テレビ修理のサービスマンが来てくれるのを待ちます。
先日、DVDを観ていると突然に画面がブラックアウトしてしまい、それ以来電源が入らなくなってしまったテレビです。
おかげで2週間、テレビなしの生活を強いられています。
そんなテレビ修理のサービスマン、朝イチに掛かってきた確認電話では、「お伺いは、夕方頃になる予定です」とのことでしたが、フト気がつくと、もう17時半、外は暗くなってきています。

どうなっているんだろうなーなどと思っていると……オオウ、来た来た、来ましたよ。
18時前、「遅くなりました」とサービスマン、登場です。
いよー、待ってました! こっちですよ、こっち、このテレビ。
早速見てもらうことにしたのですが、なにしろこのテレビ、台から降ろすだけでも一苦労なんです。
サービスマンとぼくとの二人がかりで、息をあわせてヤッコラセ。
床に下ろすと、電動ドライバーを小気味よくウィーンウィーンウィーンと唸らせながら数十本あるネジをあっという間に外し、裏カバーをオープンしました。

……おお、なんと美しいのでしょうか。
初めて見るテレビの内部は、基板が整然と並んでいて、美しいのです。
サービスマンが「この基板かな」と交換作業しているその横から、隣から、写真をバシャバシャ撮らせていただきました。
誰も見ることができないテレビ内部は美しい箱庭が隠されていました

いや、本当にもうこの基板に取り付けられたパーツの配列が美しくて、カッコイイんですって。
まるで箱庭なんですよ、箱庭。それも工場街の箱庭。
なんというか、パーツを見ていると、まるで工場街を見ているようなのですよね。
コンビナートがあって、プラントがあって、社屋もあって、その間を道路が縦横無尽に通っているような、そんな感じです。
このパーツに並びがまるで箱庭なんですね
こんなに美しい箱庭が、身近なテレビ内部にあるというのに、普通はまず見ることができないんですよね。
なんともったいない……。

工場街に見えるといえば、ここに使われているパーツに、もし真空管があったら、その真空管が灯す明かりがまた、工場夜景に通じるものがあったのかもしれませんねー。

そんなこんなで故障したテレビは、基板を1つ交換するだけで無事に直りました。
これで2週間も続いたテレビなし生活にもサヨウナラです。
ちなみに修理費用は以下のとおりでした。

  • 部品代:11,000円
  • 技術料:15,000円
  • 出張料: 2,100円
  • 消費税: 1,405円

合計で29,505円ですよ……うーん。
メッチャ高っ!とは思うのですが、しかし、だからと言って最新のフルハイビジョン対応の液晶テレビに買い換えるのと比べると、全然安いという、かなり中途半端な金額なのでした。

ページ/2ページ |次のページ最終ページ