茶遊び・ポタライブ横浜編 『さすらい姫』

ポタライブが、横浜は黄金町で開催されるとのことで行ってきました。

東南アジアのモン族の花嫁衣装を着て、黄金町界隈を案内してくれる青山るりこさん。
彼女の着ている花嫁衣装は、本当に結婚式で着たもので、ご主人のご家族がプレゼントしてくれたそうです。
モン族の花嫁衣装を着て案内する青山るりこさん

黄金町のなかにある素敵な民族雑貨のお店では、店主のお兄さんが、もう出演者かと思うくらいにノリノリ。
あれやこれやと素敵な民族衣装を持ってきては、お客さんに「試着」として着せてくれ、「後で返してくれるのだったら、そのまま着て行ってもらっていいよ」。
トータルで10万円以上もする衣装を何人もいる見ず知らずに人に着せて、そのまま「歩いて行ってもらってもいいよ」って……。
民族雑貨のお店でモン族の衣装を着る

モン族の花嫁衣装に興味津々な澄井葵さん。
花嫁衣装に興味津々の澄井葵さん

彼女からは結婚に憧れていると思われるようなガールズトークが展開されていきます。
ただ、その目につけている眼帯や、また纏足のように足首やふくらはぎを締め上げるブーツの存在が、ドメスティック・バイオレンス(DV)を暗示しているように思えてならないのですが……。
花嫁衣装に憧れていても、何かしらDVの影が

祖母から娘、そして孫へと受け継がれていくひな人形を連れて、古くからの賑わいのある伊勢佐木町界隈を案内する小手川望さん。
受け継がれるものとともに、受け継がれる街を案内する小手川望さん

彼女に寄り添うように歩く木室陽一さん。
乳母車を押す彼女と夫婦なのかと思ったのですが、どうも彼女には彼の存在が見えていないようなのです。
しかし、どこかで彼の存在感は感じているに違いないでしょう。
ずっと彼女に連れ添っている木室陽一さん

ゴールでは、荒井尚史さんよりお茶が振る舞われます。
プアール茶なんてぼくがいつも飲むような“なんちゃって茶葉”ではなく、本物ですよ、本物。モノホン。
プアール茶独特のクセなんてまったく感じさせられず、滋味溢れていてメッチャ美味しいんです。
お腹がタブタブになるまでいただいてしまいました。
荒井尚史によるお茶の振る舞い

花粉症が発症してしまっていて、鼻水が止まらないわ、頭もボーとしているわでどうも調子悪いなーと思っていたら、風邪まで引いてしまっているのかもしれません。
咳が止まらなくなってしまっていました。