コンビニの待ちイヌ、自由への疾走

いつも休日はおうちに引き篭っているぼくですが、今日はあまりの天気のよさと日なたのポッカポカ陽気に気持ちが高ぶってしまい、ついお散歩なんて洒落こんで近所を徘徊して回っていたのでした。
いや、散歩という名目での近所の徘徊なんて、いったい何年ぶりのことでしょうか。
それぐらいにまったく出歩かなくなってしまっているのですよね。いけないことです。

そんな訳で、ご近所の普段は通らないようなところをテクテク、トコトコ歩いていると……おお。
こんな知らないところにコンビニがあるなんて、世の中はなんて便利なのでしょうか。
(しかし残念なことに、ぼくの家からは中途半端に遠いのです……)
このコンビニの入口前には……おおう、ミニチュアダックスが待ちイヌしているのですよ。
ミニチュアダックスがコンビニ前で待ちイヌしています

しかしこのミニチュアダックスの待ちイヌ、どうもおかしいのです。
どこかが、おかしい。
よくよく見てみると……うひゃあ。
このミニチュアダックス、入口前に繋がれて、大人しく飼い主が戻るのを待っているように見えたのですが、いえいえ。
メチャクチャ軽そうなキックボードにリードがくくられてあるだけなんですよ!
リードはキックボードにくくられてあるだけ……
いくらミニチュアダックスとはいえ、こんなキックボードぐらい引きずって、逃げ出そうと思ったらいつでも逃げられるのに……。

そんな訳で教えてあげることにしました。
ねえ、キミ、リードはどこにも繋がれていないから、逃げようと思ったらいつでも逃げ出せるんだよ。

驚くミニチュアダックス
「え? ホントに?」
ほんとほんと、キミぐらいのワンコだったらこんなキックボードなんて簡単に引きずって行けるよ。

悩むミニチュアダックス
「うーん、そうかあ、逃げ出せるのかあ。どうしようかな……」
逃げちゃえ逃げちゃえ!
で、ひととおり遊びまわって自由を満喫してもう飽きちゃったり、お腹が空いたりしたら、そのときにおうちに帰ったらいいんじゃないの?

ミニチュアダックス、自由への疾走
「そうか、そうだね! じゃ、ぼく行ってくるよ!」
クルマと悪いヒトには気をつけて! じゃあ、達者でね!

こうしてミニチュアダックスは自由を求めて旅に出たのでありました。
しかしそんな彼でもきっと、晩ご飯の時間までにはおうちに帰っていることでしょう。
彼に与えられたのは、空腹を感じるまでの一時の自由だったのです……。

そんな今日のBGM:Are You Gonna Go My Way by Lenny Kravitz