豪華な出演陣の「地獄温泉」、チラシを頂きました

オノ・ヨーコとケンカした男、ワクサカソウヘイさんから「サラリーマン中橋、来てー」と声を掛けてもらったのが、もう去年の暮れのこと(といっても、まだついこの間なのですが)。
何も考えず、気楽に“ええでぇ~(桂三枝風)”と返事をしていたのです。
まったく気楽にノホホンとしてしまっていたのでしたが、……嗚呼、ぼくはすっかりと彼の恐ろしさを忘れていたのでした。

そんな今日のこと、気楽に“ええでぇ~(桂三枝風)”と返事をした、その公演のチラシが送られてきたのです。
「ふむふむ、どれどれ」と見てみて……キャー!
エライコッチャ、エライコッチャ、エライコッチャ、なのです。
もうね、何なんですか、この出演メンバーは。
ミラクル☆パッションズ「地獄温泉」(アサヒアートスクエア)
【大きな画像で見る】

これだけ列記されていて、“さらに豪華キャストを予定”って……。
すでに発表されているメンバーだけでも豪華なのに……。

これはいったい、どのようなイベントになるというのでしょうか……。
そういえば、前回の初演時も、内容については徹底した秘密主義を貫き通していたので、いったい何が行われているのか、当日会場に行くまでまったく判らなかったのでした。
再演となる今回も、このチラシだけでは、いったい何が行われるのか、皆目見当がつきません。
唯一内容が推測できるのが、真ん中に小さく書かれた

地獄温泉とは……温泉巡りのように、会場内をお客様が歩くことで様々なパフォーマンスに出会える新感覚のテーマパーク式公演です。

との説明ですが……うははは、かえって判りません。

とりあえず、判ることはただひとつ。
それは、アサヒアートスクエア(通称:うんこビル)を真下から見上げると、うんこの端がビルからはみ出しているので、いつ垂れてくるかもやしれない危機的状況だってことなんです!
実はうんこはビルからはみ出していて、いつ垂れてくるか判りません
(全然関係ありません)

そして、今回のチラシの表面は、実はコレなんです。
ミラクル☆パッションズ「地獄温泉」チラシのオモテ面
うはははは、これじゃ、まるでポツドールじゃないですか!
しかし女子の皆さま(および一部の男性諸君)、「地獄温泉」では残念ながら、ポツドールのようなポロリはありません……たぶん。