横浜から、東京タワーとレインボーブリッジを見るお正月

というわけで、お正月休みは実家でウダウダ。

しかしニュースで「高速道路がメチャ混みですよ」なんて言われてしまっては、重い腰を上げざるを得ません。
ネットで、渋滞情報を調べてみると……うわーお。
もう名神高速から東名高速にかけて、断続的に渋滞マークが真っ赤っ赤なんですよ。
いけません、いけません。これは全然いけません。
これだと家に帰りつくのは、いったいいつになってしまうことなのやら……とほほ。
何か裏道がないものかどうか、色々と調べていると、おお! 大発見なんですよ、大発見!
なんと、中央高速にはまったく渋滞マークがついていないのですよ!
やったね!

そんな訳で、名神高速から中央高速に出てみたのですがと……おお。
さすがは山麓地帯になると、雪が舞っているのですよ。
除雪作業をこまめにしているからか、道路には積もっていませんでしたが、路肩やサービスエリアには、ドカンと雪が積み上げられています。
閉店したサービスエリアの売店前には雪が積もりっぱなし
道路上だって、場所によっては吹雪いて前がホワイトアウトになったりすることもあったりして、デインジャラス。
なるほど、これを皆は避けて東名高速に流れているのかもしれません。
いやー、「今年は暖冬だから必要ないよ」と言われたり、「スキーに行く用事もないくせに」といわれながらも、スタッドレスタイヤを新調しておいてよかったー。
ゆったり運転で、渋滞知らず、無事に帰ってくることができました。

確かに渋滞知らずでスイスイ帰れたのですが、さすがに中央高速から横浜方面だと遠回りになるようで、580キロ、9時間の旅になってしまいました。うははは。 (通常だと450キロほどで7時間ぐらい)

ただ、道路上に散布された融雪剤が舞い上がってクルマに漂着して真っ白くザラザラになってしまったのには参りました。
フロントガラスなんて、こびりついた融雪剤のおかげで前が見えません……。
運転中、何度もウォッシャー液をジュウジュウ出しまくりですよ。
ただ、これも気温が零下になっちゃうと凍結するおそれもあるし、どうしたものなんでしょうねえ。
いったい皆はどうしているのでしょうか。

帰ってきてテレビを点けてみると、ちょうど箱根駅伝がスタートした直後のようです。
なるほどー、昼前になると、この家の近くを選手が走り抜けて行くのですね。
年に1度のこの機会、野次馬野郎としては見逃すわけにもいきません。
せっかくだから走る選手と中継風景をナマで見たい。うまくすればテレビに映っちゃうかもねー……ゲシシシシ。
などとイヤらしいことを考え、ちょっとひと眠り。昼前には起きるつもりだったのです。
ところが! 目が覚めると!
ワー、もう夕方の5時じゃないですか!
何をやってるんだか……。

そんな真っ暗になった窓の外では、おお。
お正月休みということで、さすが都心の空気が澄んでいるのか、東京タワーがハッキリクッキリ見えています。
いつもより輝き度が増しているように感じる東京タワー

いつもであれば、低くて見えづらいレインボーブリッジも、肉眼でハッキリ見えています。
肉眼でも見えたよ! レインボーブリッジ

会社は、明日もう一日お休みなのです。
なんとか明日中に、朝、起きられる身体に戻しておかなければ……。
(とか言いながら、このブログを更新している時間はもうすでに起きる時間だ。朝ご飯食べて、寝よ)