ネコだまりでは、久々に集会が行われていました

ここ最近、とんとご無沙汰状態だったネコの集会。
しかし今日の会社帰り、いつもは通らない道を何気なく散歩がてら歩いていると……おお。
久しぶりにネコだまりでニャンコたちが集会しているところに出くわしたのですよ。
ネコだまりでの集会(クロだけ離れたところに)
……っていうか、この写真、ナニ、これ。
ニャンコたちが幽体離脱してますよっ!
(ストロボを焚いたのに、スローシャッターになってしまっていただけ)

集会には、写真に写っているキジトラとミケの他に、クロの合計3匹が集まっていました。
うーん、ネコの集会というよりも、単に彼らは兄弟だけなのかも。

この3匹のなかでは、キジトラがもっとも愛想よし。
といっても、最初は逃げ回るばかりだったのですが、手に持っていたスーパーのレジ袋をガサガサいわせてみると、「なに、それ?」。
興味津々の様子で恐る恐る近寄ってきたのです。
こうなったらもうこっちのものですよ。
得意のゴールドフィンガーテクを思いっきり駆使してゴロゴロいわせてやると、もう、あっという間に骨抜きのメロンメロン状態で、すっかりお友だちになってしまいました。
ちょっとでも手を休めると、「え? 終わり? 違うよね? ねえ、ねえ、もっとやってよ、やってよ」とおねだりしに来て、ぼくの足にスリスリ。
って、お前さん、本当に野良なのか……?
ぼくのゴールドフィンがテクにすっかり昇天したキジトラ

すっかり馴染みすぎて、「レジ袋と会社カバンと私(ネコ)」という構図になってしまってます(←“部屋とYシャツと私”のつもり)。
♪レジ袋と会社カバンと私(語呂が悪い)

ミケは、ずっとキジトラがゴロゴロされているのが羨ましいのか、「いいなあ、いいなあ」と気になる様子で遠巻きにウロウロ。
「お前さんもやってあげるよ」とこちらから誘いかけても、微妙な距離を保ったまま近づけません。
最期まで微妙な距離を崩せなかったミケ
ギリギリ触れる範囲まで来ても、すぐに逃げて行っちゃう。
触れなかったらゴールドフィンガーテクを披露することもできないので、いつまで経ってもお友だちに離れないのです。
うう、残念。きっと恥ずかしがりやさんなのでしょう。

とか言いながらもこの2匹、「じゃあね、バイバイ」と立ち去ろうとしても、足元をずっとスリスリ、ゾロゾロ。
果ては「こっちだよ、夜道は危ないから、夜目の効くぼくたちに道案内は任してね」と言わんばかりに、トコトコ先導してくれる始末。
どこまで愛想がいいんだ、キミたちは。

そして、最後まで孤高の姿勢を貫いたクロ。
いくらキジトラが気持ちよさそうにノドをゴロゴロされていても、いくらミケが「いいなあ、いいなあ」と遠巻きにぼくの周りをウロウロしていても、我関せずといった表情で、飄々と一匹、離れたところで思いを馳せていたのでした。
カッコイイぞ、クロ。

このネコだまりのスポットでは、この冬空のしたでも冬眠せず集会しているということで、しばらく“ニャンコロード”としてのお楽しみが期待できそうですね。