懐かしい気分の社会見学で「大山顕の街歩きワークショップ-東急東横線編-(第3回目)」

「工場萌え」「ジャンクション写真」「団地写真」など、ニッチなマニア向けにニッチな写真観賞ジャンルを提供している大山顕さん。

その大山さんが講師を務めるワークショップが全3回の予定で、東急のカルチャーセンター(東急セミナーBE)で開催されるということで、参加しています。
今日はその最終回となる第3回目。
いつもは、渋谷にある教室に集合するのですが、今回は東急田園都市線の長津田駅に集合なんですよ。
この駅近くにある、東急電鉄の検車区のひとつである「長津田検車区」を皆で見学するという、いわば番外編なのです。
東急電鉄の長津田検車区

ポカポカ日和の気持ちいい住宅街を、線路に沿って歩くこと数分、すぐに「検車区」に到着しました。
気持ちのいいお散歩日和

検車区の方のご案内で、電車がズラリと並んでいる場内のアチラコチラを見せてもらってまわらせてもらったのですが……いやー、スバラシイ! ハラショー!(←なぜにロシア語?)
参加者の誰もが、決して鉄道オタクというわけではなかったのですが、電車をあんな間近で見てしまっては、電車がズラリと並ぶ美しくてカッコイイ姿を見せられては、テンションはずっと上がりっぱなしになってしまいますって。
皆でキャーキャー、キャーキャー大騒ぎしながら、検車区のなかをあっちに行ったり、こっちに行ったり、もうお腹いっぱい堪能させていただきました。
やっぱり「大人の社会見学」って必要だと思うのですよねー。
もう単純に楽しいし。

ところで今日のこの見学、車検区内では写真はご自由にお撮りくださって結構です、とのことで、「やったね! これで今日のブログネタは決まりだね!」と思わず喜んでしまったぼくなのでしたが、「ただし!」。
ここで撮影した写真は、「自分ひとりがニヤニヤ楽しむ用」としてのみお使いください、とのこと。
何でもセキュリティの関係上、ブログに載せたらダメなのです……えーん。

そんな訳で、どうもすみません。
バシャバシャと、アホのように、

  • 真正面からのドアップ写真
  • 電車の下、台車の下に潜り込んだ写真
  • 車庫でキレイに並んで美しい姿を見せている写真
  • 皆で線路上で歩き回っている写真
  • 電車を洗っている動画

……などなど、合計で300枚ほど撮ったのですが……うわーん。
その一切を、ここに載せることできないのですよー。
参加者全員がどれほどテンションが上がる場所であったのかは、皆さまのご想像にお任せします。

2時間弱ほど場内を見学したあとは、いよいよワークショップ本番です。
検車区の会議室をお借りしての、宿題発表が行われました。
自分で撮りためてきた写真を発表して行くのですが、全員がもうノリノリで大爆笑につぐ大爆笑。
また進行役の大山顕さんが、うまく発表者の引き出しを開けていってくれるんですよね。
ぼく自身も、前日までの整理がうまくできていず、どうなるかと思っていたのですが、大山さんがドンドンとぼくのなかにある妄想力を引っ張り出していってくれて、もうなんだかスゴイことになってしまいました。

だってこれ、傭兵あがりのクールなマンホールに、
傭兵あがりのクールなマンホール

ウーパールーパーみたいなかわいいマンホールなんですよ。
 ウーパールーパーみたいなかわいいマンホール

こっちは仲のいい2人兄弟と、
仲のいい2人兄弟の側溝のフタ

末っ子だけ仲間はずれにされている4人兄弟なんですよ。
末っ子だけ仲間はずれにされている4人兄弟の側溝のフタ

もうマンホールを見てしまったら、その家族構成が目に浮かぶようになってしまいましたとも。
エッヘン。