mixiのゲームではなく、リアルに牧場

とぉぉぉってもドライブ日和に恵まれた今日。
履いたばかりのスタッドレスタイヤの慣らし運転も兼ねて、中央高速道から富士山目指してドライブに、レェェェッツ、ゴォォォウ。
♪ハッキリクッキリ東芝さん……もとい、富士さん

その富士山から真正面に見下ろされるように、麓に広がる「まかいの牧場」へやってきましたよ。
「まかいの牧場」……ブルブル、なんという、恐ろしい名前の牧場なんでしょうか。
きっと、魔界の王様(つまり、魔王様)に生贄として差し出すヤギやヒツジを育てている牧場に違いないのです。
そう思わせておいて……いえいえ、そんなことあるわけありませんって。

この「まかいの牧場」とは、もともと「馬飼野牧場」という名前なのですが、それをなぜか、わざわざ、ひらがな表記しているだけのことなんですね。
うーん、きっと、これは、わざと「魔界の牧場」とよませて、子どもたちを恐怖のどん底に叩き落としている戦略なのかもしれませんねえ……(そんな訳ありません)。
ということで、丸一日ビッシリと遊び呆けてしまったのでした。

魔王様の生贄にはならないと聞いて、思わず安堵の笑みを浮かべるヒツジさん。
素敵な笑顔で客を迎えるヒツジ

プロレスラー並みに激しく相手に頭突きを食らわすヤギさん。
プロレスラー並みに激しく頭突きを食らわしているヤギさん

あまりに無防備にお昼寝中で、触りたいだけ触らせてくれている日向ぼっこワラビーくん。
そんな無防備でいいのか、ワラビー

その他にもウシ、ウマ、ウサギ、モルモット……などなど、牧場内のあちこちで動物がゴロゴロいて、もうどこでも触りたい放題なんですよ。

ちなみにヤギの毛が意外に撫でやすいのです。
とても心地よくて、触り甲斐がありますよ。ヤギさんを触る機会があれば、ぜひ、お試しください。

逆にヒツジの毛は、さすがにウール100%ですな。
撫でようと指を差し出すと、ものすごい勢いで毛の中に指が埋まっていくのです。
ハート様に捕まったケンシロウ状態のぼく。
百烈拳をお見舞いして、メロンメロンにして差し上げましたとも。

そんなこんなで動物たちとゆっくり遊べてご機嫌な帰り道。
中央高速が事故渋滞でまったく動かないでやんの……とほほほ……。
事故による渋滞で、すっかり動かなくなっている中央高速上り線